ビットバンクトレードの手数料が高い?半年間20%安くする裏技!

SHARE

ビットバンクトレードの手数料が高い?半年間20%安くする裏技!

ビットバンクトレードの手数料は、実は安くすることが可能です。

結論からお伝えすると、今なら当サイトのリンクから登録して頂けますと「紹介者割引」ということで、半年間ほど取引手数料が20%割引になります。

(追記)ビットバンクトレードは11/2から「BTCFXの決済手数料が無料」となりました。また、最低証拠BTCも0.002から0.0015へと変更となりました。

ビットバンクトレードの公式サイトへ

ビットバンクトレードの各種手数料の詳細

インターネット
ビットバンクトレードを利用する際にかかる主な手数料は以下になっています。

  1. 借入手数料:無料
  2. 取引手数料:0.01%(新規)・無料(決済)
  3. キャピタルゲインフィー:0.20%

これ以外にはBTC送金手数料が「0.0005BTC」かかります。要は、他のビットコインのウォレットに送金する際にかかる手数料です。

ビットバンクトレード の借入手数料について

まず、①「借入手数料」というのは、日またぎのトレードをするとかかる手数料です。

これは例えば、Zaifでは0.039%/日、ビットフライヤーでは0.04%/日、GMOコインやDMM Bitcoinでは0.05%/日の借入手数料がかかってしまいます。

一方、ビットバンクトレードは、日本で唯一この借入手数料が無料です。

つまり、何日かポジションを持ったまま取引する場合は、ビットバンクトレードを利用した方が、結果的に手数料面ではお得になる可能性が高いということです。

ビットバンクトレード の取引手数料について

続いて、②「取引手数料」というのは、その名の通り「取引」をする時にかかる手数料です。

こちらの取引手数料が「高い」のか?というと、確かに「GMOコイン」や「Zaif」は取引手数料が無料ですので、それと比べると新規取引の手数料0.01%は高いとは言えるでしょう。

ですが、上述したように、他のビットコインFX業者ですと借入手数料(スワップポイント)が毎日0.039%〜0.05%かかってしまいます。

そのため、日またぎのトレードを1日でもした時点で、ビットバンクトレードの方が手数料面ではお得になります。

ビットバンクトレード のキャピタルゲインフィーについて

最後に、③「キャピタルゲインフィー」とは、ビットコインFXで「利益」が出た場合、その利益に対して0.2%が徴収されるものです。

平たくお伝えすると、もうかったらビットバンクトレードに多少手数料をください、ということになります。もちろん、ビットコインFXで損失が出た場合は徴収されません。

「このキャピタルゲインフィーが高いのでは?」と考える人が多いかと思いますが、こちらはポジションを保有する期間によるでしょう。

ですが、Zaifの信用取引のキャピタルゲインフィーは0.7%ですので、それと比べると安いです。これまでの3つの手数料の比較を表にまとめると、下記になります。

ビットバンクトレードの手数料を主要なビットコインFX業者と比較

業者名 取引手数料 キャピタルゲインフィー 借入手数料
ビットバンクトレード 0.01%(新規)
無料(決済)
0.20% 無料
GMOコイン 無料 無料 0.05%
bitFlyer 無料 無料 0.04%
Zaif(信用取引) 無料 0.70% 0.039%
Zaif(先物取引) 無料 無料 0.039%
Zaif(AirFx)* 無料 無料 0.039%
Coincheck 0.04%(ロング)
0.05%(ショート)
無料 0.05%

*Zaif(AirFX)は、別途2時間おきに最大±0.375%のスワップ手数料が発生します。

上記の図を踏まえて、例えば10日程度連続でポジションを保有する場合を考えて見ますと、ビットフライヤーでビットコインFXを利用した場合、10日×0.04%の手数料がかかってきてしまいます。

そのため、ポジションを保有しているだけで、おそらくビットバンクトレードのキャピタルゲインフィーよりも結果的に大きな手数料を払うことになるでしょう。

また、日次の手数料は、儲かっても損してもかかってしまう手数料です。その点ビットバンクトレードであれば、損失が出た際には手数料はかかりません。

ビットバンクトレードの手数料に関するまとめ

手数料割引
以上になりますが、デイトレードをする方には取引手数料が安い「GMOコインがおすすめですが、日またぎのトレードをされる方には「ビットバンクトレード」が適しています。

また、ビットバンクトレードはレバレッジが最大20倍のことに加えて、追証がなく(=投資元本以上の損失がなく)、証拠金維持率が20%を切るまではロスカットされません。

証拠金維持率20%が切るまでロスカットされず、価格変動に耐えられる


実は20%までロスカットされないという仕組みも国内唯一なのですが、この特徴の利点は、ビットコインの急激な価格変動にもある程度耐えられるという点です。

ビットコインのボラティリティ(価格変動)は非常に高いことから、長期間ポジションを保有するためには、そのような変動にも耐えられる仕組みであることが必要です。

また、ビットバンクトレードの画面も、他の取引業者と比べてシンプルで見やすいので、ビットコインFXのトレードを始めた方にもおすすめできます。

ビットバンクトレードは当サイトのリンクから登録すると、今なら半年間手数料が20%割引になるキャンペーンも実施中ですので、宜しければこの機会にご利用ください。

ビットバンクトレードの公式サイトへ