ビットコインのアービトラージ(裁定取引)のやり方は?

2017年末から2018年始めにかけて、ジェットスター級の「大暴騰→大暴落」を演じて話題になったビットコイン。

多くのメディアに取り上げられ、これまで仮想通貨にはまったく興味のなかった人たちからも大きな注目を集めることになりましたが、実はこういった価格変動だけが仮想通貨トレードの醍醐味ではありません。

もう一つ、仮想通貨の世界ではかなり有効とされているアービトラージというトレード手法も存在します。

本記事ではその仕組みと実践方法について、初心者でもよく分かるように詳しく解説していきたいと思います。

アービトラージとは?

概要

アービトラージは複数の仮想通貨取引所での「価格差」を利用した取引のことで、日本語では「裁定取引」と呼ばれています。

現在、仮想通貨取引所は世界に20拠点以上も存在していますが、同一通貨でも取引所ごとに価格が異なるケースがほとんどです。

その状況を利用し、相場が安い取引所で「買い」、相場が高い取引所で「売り」を行うことで差益を獲得する方法です。

以下の例をご覧ください。

 取引所X:900,000円/1BTC
 取引所Y:890,000円/1BTC

この場合、取引所Yで1BTCを購入し、それを取引所Xに送金して売却すれば、手数料を差し引いても1万円近くの利益を獲得することができるというわけです。

特徴

アービトラージのメリット・デメリットをまとめましたので、ご覧ください。

✓メリット
・定められた手順に従った売買するだけで、ほぼ確実に利益を出せる
・相場に関係なく、取引所間の価格差さえあれば取引できる
・価格差情報をチェックするためのサイトやツールを利用し、誰でも簡単に始められる

✓デメリット
・一度の取引で大きく儲けることが難しい
・常に取引所の価格差をチェックしていなければならない
・手数料負けしないだけの資金が必要

アービトラージは、株などの分野では昔から投資家が利ざや確保のために使っているので、取引手法としては目新しいものではありません。

しかし、仮想通貨の世界はまだ歴史が浅く相場も安定していないことから、世界各地の取引所間の価格差も大きくなっています。

そのため、ローリスクでありながらもハイリターンを期待できるという、非常に有効な手段として注目を集めているのです。

仮想通貨取引所でのアカウント開設

登録必須の取引所

アービトラージを行うためには、当然ながら複数の取引所でアカウントを開設する必要があります。

取引所の数はチャンスの数ともいえるので、できるだけ多くの取引所で登録するのが望ましいのですが、ここでは最低限必要と思われる取引所を5ヶ所に絞りました。

<国内>
bitFlyer(ビットフライヤー)
coinCheck(コインチェック)
Zaif(ザイフ)
BitTrade(ビットトレード)

<海外>
BINANCE(バイナンス)

ここでは海外の取引所としてBINANCEのみを掲載しましたが、海外は国内よりも値動きが激しい場合が多く、思わぬ安値で購入したり、予想以上の高値で売却できるチャンスも転がっています。

アービトラージに慣れてきたら、ぜひその他の海外取引所にも登録してみて下さい。

アービトラージ用資金の入金

取引所にアカウントを開設したら、アービトラージの資金となる日本円を入金します。

アービトラージは少ない利益をコツコツと積み上げていく手法なので、手数料のことを考えて、ある程度まとまった資金を入金することをオススメします。

入金方法については銀行振込やペイジー、コンビニ決済、クレジットカードなど様々な方法があり、それほど難しいものではないので、各取引所の公式サイトよりご確認下さい。

MEMO
ちなみに、仮想通貨の入金には住信SBIネット銀行がとてもお得です。

なぜなら、国内の取引所の多くは住信SBIネット銀行に口座を持っているため、同行に口座を持っているユーザーは入金手数料がいつでも無料になるからです。

以下、住信SBIネット銀行を利用している国内取引所の一覧です。

国内仮想通貨取引所一覧
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Coincheck(コインチェック)
  • Zaif(ザイフ)
  • bitobank(ビットバンク)
  • GMOコイン
  • QUOINEx(コインエクスチェンジ)
  • BITPOINT(ビットポイント)

この他にも24時間365日の入金対応や入金スピードも早いなどメリットが多いので、仮想通貨の取引をするなら、住信SBIネット銀行に口座を開設することを強くオススメします。[/memo]

価格差情報の入手方法

入金が済んだら、次は取引所間の価格差を調べます。

アービトラージでは「価格差=利益」となるため、この情報をどうやって入手するのかが一番重要なのですが、実は簡単に調べる方法が存在します。

無料価格比較サイト「Coin Choice」

Coin Choice(https://coinchoice.net/btc_rate/)というサイトでは、国内外の主な取引所における仮想通貨の購入価格と売却価格がリアルタイムに確認することができます。

また、最下部の「優位なアービトラージ」のところには、購入すべき取引所と売却すべき取引所、売買差額が一目で分かるようになっているのでとても便利です。

またビットコイン以外にもイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTE)、ネム(XEM)の価格差情報も確認できます。

アービトラージに初めて取り組むのであれば、まずはこういった無料比較サイトを利用してスタートすると良いでしょう。

有料価格比較ツール「ArbMatrix」

こちらは海外の有料ツール(15ドル/月~)ですが、有料なだけあってアービトラージ情報をとても分かりやすく表示してくれます。

ビットコイン以外にイーサリアム、リップル、ライトコインなどメジャーな通貨には全て対応しており、世界中の取引所20ヶ所以上の価格差情報を知ることができます。

全て英語であることと、日本の取引所には対応していないことは残念ですが、仮想通貨取引に慣れた中級者~上級者の方が本気でアービトラージに取り組むのであれば必須のツールでしょう。

登録方法や使い方の詳細については、以下の記事を参照下さい。

COINIGYとは?登録方法と使い方|複数取引所を一元管理・取引

アービトラージの具体的な実践手順

基本手順

アービトラージは「100%に近い確率で利益を獲得できる」とも言われていますが、あくまでも「やり方さえ間違わなければ…」という前提条件があります。

ここではビットコインを例として、最も基本的な実践手順を説明します。

購入相場が最安値の取引所をX、売却相場が最高値の取引所をYとすると…

①Xでビットコインを購入
②XからYへビットコインを送金
③Yでビットコインを売却

たったのこれだけ、3ステップです。

あまりにも単純過ぎてビックリですが、基本的にはこの流れがアービトラージで必要となる最低限の手順です。

ただし、注意しなければいけないことが一点。

それは、購入~送金~売却までに早くても30分~1時間は掛かるため、その間に大きな価格変動があると場合によっては利益が全て吹っ飛んでしまう可能性があるのです。

そのため、価格が横ばいで推移しているタイミングを狙っていく必要性があります。

価格変動リスクを克服する方法

大きな価格下落が起きそうもないタイミングを狙うとはいっても、実際には経験と勘が必要になりますし、どんな上級者でも失敗することはあるでしょう。

しかし、実際にはこのリスクを限りなくゼロにする方法があります。

それは「購入と売却を同時に行う」というものです。

さきほどご紹介した価格比較表を見てみると、「優位なアービトラージ」の欄が購入:BINANCE、売却:ビットトレードという結果になっているので、この指示通りにアービトラージを行います。(以下、簡略化のために手数料は考慮しません)

実施前の資産状況は以下の通り。

日本円 BTC
BINANCE ¥1,000,000 3.00
ビットトレード ¥1,000,000 3.00
日本円 BTC
総資産 ¥2,000,000 6.00

この状態からBINANCEとビットトレードの管理画面にログインし、BINANCEで1BTC購入すると同時にビットトレードで1BTC売却します。

すると、以下のように総資産ではビットコインは6BTCのまま変わらず、日本円が両取引所での売買価格差分だけ増える(+10,515円)わけです。

日本円 BTC
BINANCE ¥164,062 2.0
ビットトレード ¥1,846,453 4.0
日本円 BTC
総資産 ¥2,010,515 6.00

このように同時売買を行うことによって、送金している間に価格変動が起こるリスクを考える必要がなくなります。

また、この方法では保有する仮想通貨の総量に変化がないため、長期保有の仮想通貨を使って短期的に利益を上げられるというのも大きな利点です。

つまり、長期売買をしながら短期売買でも利益を得られるわけで、将来的な値上がりが実現すれば一挙両得というわけです。

アービトラージで成功するポイント

可能な限り多くの取引所に登録する

これまでの例で見てきて分かる通り、アービトラージのチャンスはいつどこに転がっているか分かりませんので、できるだけ多くの取引所に登録することが大切です。

特に海外の取引所は国内の取引所とは相場の動き方が異なるため、両者を組み合わせることで「安く買い、高く売る」チャンスが増えるでしょう。

できるだけ多くの資産を運用する。

先ほどの例では簡略化のために手数料を考慮しませんでしたが、実際には取引手数料や入出金手数料などが掛かってくるため、数百円から場合によっては1,000円以上も利益が削られることになります。

例えば、2つの取引所間で1BTCあたり10,000円の価格差があると仮定します。

現在(3/26)は1BTCが90万円前後の相場になっていますので、アービトラージによって得られる最終的な収益は手数料分(1,000円と仮定)を引いて9,000円になります。

しかし、もし手持ち資金が少なくて0.5BTCの取引となれば、利益は「4,500円-1,000円=3,500円」、0.1BTCの取引となれば「1,000円-1,000円=0円」となり、収益は全て手数料で消えてしまいます。

アービトラージは確実に利益を得られる一方で、少ない利益をコツコツと積み重ねていくトレード手法です。

手数料負けしないためにも、できるだけ多くの資金を投入する必要があります。

アルトコインを狙ってみる

ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれますが、それらの中には数円~数百円単位で購入できる通貨もあります。

あまり多くの資金を用意できない場合は、ビットコインほど価格が高騰していない通貨でアービトラージを行うことも検討してみて下さい。

また、いわゆる草コインと呼ばれるマイナー通貨はメジャー通貨と比べて価格が不安定なため、リスクが大きくなる反面、思わぬビッグチャンスが転がっていることも。

国内の取引所で扱っている仮想通貨はせいぜい10数種類のみですが、海外では100種類以上の通貨を取り扱っている取引所もあるので、少ない資金でハイリスク・ハイリターンを狙える草コインを探してみるのも面白いかもしれません。

ビットコインのアービトラージ(裁定取引)のまとめ

以上、「極めて勝率が高い」と言われるアービトラージについて説明してきました。

ウェブボットの予測によると、近い将来に全世界の仮想通貨人口は1%から13%まで急増するとも言われています。

しかし、ライバルが増えても次々に新しい通貨が誕生する仮想通貨の世界は「尽きることのない泉」ともいえ、今後もますますチャンスは広がっていくと思います。

トレードの手法としては決して難しいものではありませんし、ぜひ今のうちからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?