ビットコインキャッシュの教科書。知識ゼロからその特徴、将来性、購入手順を覚えられます!

2017年の8月にビットコインは新たな展開を迎え、ビットコインキャッシュという仮想通貨が生まれました。このビットコインキャッシュはどのようなものなのか?その特徴から誕生の背景、今後の展望や取引所での購入手順まで詳細に解説いたします。

ビットコインキャッシュとは?ビットコインとの4つの違い

まずは、ビットコインキャッシュとはそもそもどういったものなのかについてです。2017年末に爆発的な値上がりを見せ、今やアルトコインの中でもトップクラスの価格となり注目されましたが、その実態については未だ認知されているとは言えないのが現状です。

ビットコインキャッシュを誕生させた「ハードフォーク」という技術についてと、その誕生理由とオリジナルのビットコインとの違いをわかりやすくご説明します。

ビットコイン最初の分裂で誕生した仮想通貨

ビットコインを2017年8月にハードフォークという技術により分裂させ、新しく生まれたコインがビットコインキャッシュです。このハードフォークというのは仮想通貨特有の概念で、ブロックチェーンの一定のチェーン以降のブロックを変更、バージョンアップさせることを指します。

このような手を加えると、仮想通貨は分裂し全く新しいコインが生まれます。イメージとしては車やオートバイで既存のモデルを開発・改良して新しい車種を生み出すマイナーチェンジと似たようなものです。

ビットコインコミュニティ内部でビットコインが分裂

ではそもそもなぜ、ビットコインキャッシュが誕生したのかというと、ビットコインの爆発的なブームにより膨大に膨れ上がった取引数によって生じた「スケーラビリティ問題」が発端です。

ス通常の仮想通貨の取引はブロックチェーンのブロック内に売買の情報を記録することで成立し一つのブロックが一杯になったら次のブロックに移るという行為を繰り返しますが、その記録する量が増えすぎて新しいブロック生成のスピードが追いつかなくなってしまったことです。

これにより、取引の約定に10分異常かかったり、送金手数料が跳ね上がってしまうという問題が生じたことが「スケーラビリティ問題」と称されました。そこで、問題解決のために提唱されたのがUASF(ソフトフォーク)とUAHF(ハードフォーク)の2つの手法です。

ビットコインの開発を担うBitcoin CoreというグループはSegwitという機能を実装させ、送られる情報を圧縮することで問題を解決するUASFを推しました。つまり既存のコインにそのまま新機能を追加するという案です。

そしてビットコインのマイナーグループであるBitcoin Unlimitedの提唱する、UAHFによるブロックサイズの拡大によって問題を解決する手法が対立し、Bitcoin Unlimitedの案が実行されて誕生したのがビットコインキャッシュです。

 

ビットコインとビットコインキャッシュの4つの違い

具体的にビットコインとビットコインキャッシュの違いについてご説明します。その違いは、大きく分けて4つです。

可変ブロックの採用

オリジナルのビットコインの一つのブロックサイズは1MBなのに対し、ビットコインキャッシュは8倍の8MBまでブロックサイズを拡大させました。車の渋滞に対し、道路そのものを大きくして流通のスピードを上げるという発想です。

Segwit非実装

道路を大きくするのが可変ブロックなら、Segwitは車を小さくする手法です。前述の通り、これは対立側の案なのでビットコインキャッシュには実装されていません。

EDAの実装

新たなブロック生成にはマイナーによる計算が必要不可欠です。新気鋭コインであるビットコインキャッシュのマイナーを増やすため、ブロック生成スピードが低い場合に計算の難易度を自動的に下げマイニング確率を上げる機能がEDAです。

新しい署名形式

ハードフォーク前後のコインはオリジナルコインとフォークコインの判別が曖昧となり、オリジナルとフォーク両方を送金してしまうという不具合が生じます。そして、その不具合を狙ってコインを掠め取るリプレイアタックという犯罪の対象となり得ます。

その問題を解決すべく、SIGHASH_FORKIDフラグという署名形式のプログラムを実装することで二重送金を防ぎ、セキュリティを向上させました。

ビットコインキャッシュの今後の値動きはどうなる?

2017年8月にハードフォークされたビットコインキャッシュは、当時はおよそ80000円前後で取引されていました。しかし、わずか3ヶ月後の11月にその価格は270000円にまで到達しました。

その理由は、オリジナルのビットコインに施される予定だったSegwitの実装が延期になったことが要因となっています。つまり、スケーラビリティ問題を解決するもう一つの施策であったSegwitの実装が無くなったことにより、ビットコインユーザーがオリジナルの将来性を不安視した結果、資金をビットコインキャッシュに逃したということです。

ビットコインキャッシュは現在においても送金スピード、送金手数料の安さではビットコインよりも優れています。ビットコインのスケーラビリティ問題の解決がなされなければ、ビットコインキャッシュの需要は高まると予想され、ビットコインに成り代わる可能性すらあります。

ビットコインキャッシュのチャートを確認

ビットコインキャッシュの時価総額をチャートで確認するのに、便利なサイトを2つご紹介します。

Cryptocurrencies

現在、流通している全ての仮想通貨の価格を確認できるサイトです。一覧で現在価格がわかり、クリックひとつでチャートでの価格推移がわかる便利なツールです。価格はドル表記ですが、円表記にも設定できます。

coingeckob

上記のサイトと同じく全ての仮想通貨の時価総額を確認できるサイトですが、こちらは日本語に対応しているのUIは使いやすいです。さらにお気に入り登録すると、自分のチェックしたい複数のコインの額を一覧表記にしてくれる便利な機能付きです。

ビットコインキャッシュは誰でも簡単に購入できる!取引所での購入方法

ここからは、ビットコインキャッシュ購入の仕方を順を追ってご紹介します。ビットコインキャッシュはzaifやbitflyerなど大手取引所で購入できます。ここからは、まだ口座を開設したことも無い初心者でもわかりやすいようにご説明しますので参考にしてみてください。

まずは取引所でアカウント作成!

まずは各取引所のHPから、アカウントを作成します。ほとんどの取引所がメールアドレスでの登録のみで、SNSのアカウントでの登録も可能なところも多いです。

これだけでも仮想通貨の預入や送付は可能となりますが、実際に購入したりするにはもう一手間必要なので、以降の章でご説明します。

本人確認書類をアップロード

本人確認書類、いわば身分証明書の送付で仮想通貨法では仮想通貨の売買に必須となっています。運転免許証や住基カードなどの顔写真付きのものがあればベストです。わざわざコピーして封筒に入れてといったような手間は必要なく、携帯のカメラで撮った書類をHPのフォーマットから送るだけで大丈夫です。

本人確認通知のハガキが自宅に届くまでは購入できない

書類を送ったら、すぐにでも取引してみたくなりますが、残念ながらそれはできません。取引所から本人確認通知の書類が来て初めて購入可能となります。さらに、近年は仮想通貨ブームなためか人気の取引所は本人確認に時間がかかる場合が多く、時期によっては1ヶ月以上かかることもあるようです。

二段階認証は必須!!

仮想通貨の管理に置いて、二段階認証の設定は必須項目といっても良いほど重要です。二段階認証とは読んで字のごとく、本人確認を二段階で認証する設定のことあり、一段階がパスワード、二段階がスマートフォンアプリの「google Authenticator」で読み込むシークレットキーのことです。

まずはgoogle Authenticatorのダウンロード

ダウンロードしたらアプリを開き「アカウントの追加」をクリックするとQRコードリーダーが立ち上がります。

取引所のHPで二段階認証を設定

取引所のHPでセキュリティ関連の設定項目で二段階認証(2FA)を設定する項目があるかと思いますので、そこで表示されたQRコードを先ほど開いたアプリで読み込むと、アプリ上に6桁の数字が表示されます。その数字をサイト上に入力する箇所があるので、入力しシークレットキーを手に入れます。

取引所へ振込で購入可能!

最後に現金を取引所の口座に振り込んで、初めて仮想通貨の売買が可能となります。振込方法は基本的には取引所に「入金リクエスト」を送ると「口座番号」と「識別ID」が送られて来ますので、銀行やATMで指定の口座番号に氏名と識別IDを正確に打ち込み、振り込めば完了です。

振り込んだ当日に、取引所の口座に反映されるには銀行の営業時間内(平日9〜17時)に振り込んだ場合のみです。また、場合によっては反映まで30分以上かかる時もありますのでご注意ください。

取引所は手数料で選ぼう!ビットコインキャシュの手数料比較

BCH(ビットコインキャッシュ)が購入できる取引所一覧

取引所 BCHの取引手数料
bitFlyer 0.2%
Zaif (M)0 %(T)0.3%
bitbank.cc 0%
QUOINEX 0.25%
BTCBOX 0.2%
みんなのビットコイン  0.25%

仮想通貨の取引には取引手数料が発生します。決して大きな金額ではありませんが、ビットコインキャッシュのような値動きが激しいコインは売ったり買ったりを繰り返すことになるかもしれません、なるだけ安い取引所をオススメします。

上記の表を見ると取引手数料が安いのは、Zaifbitbank.ccのようです。ただしzaifの場合は手数料0%は事前に指定した価格で購入する指値注文(M)だけで、ワンクリックで購入する成り行き注文(T)は0.3%手数料が発生するのでご注意ください。

ビットコインキャッシュを安全に管理する方法

仮想通貨の保管方法は大きく分けて2種類です。一つは「取引所の口座に預けておく」もう一つが「自前のウォレットに入れて管理する」です。手に入れたビットコインキャッシュを管理するには間違いなく後者がより安全です。

取引所に入れっぱなしは危険

2017年末に起ったコインチェックのNEM流出事件、国内では初の取引所からの仮想通貨盗難事件でしたが、実は世界的には決して珍しい犯罪ではありません。

2014年ではアメリカのマウントゴックスで480億円相当のビットコインの盗難、2016年では香港のビットフィネックスで66億円相当のビットコインの盗難事件がありました。

つまり「どの国のどの取引所でも起こりうること」であると考えるべきで、手間がかからないからといって取引所に預けっぱなしは危険であると言えます。

ビットコインキャッシュを安全に管理できるハードウェアウォレット2選

ビットコインキャッシュをより安全に保管するためにはまずPCやスマートフォンに仮想通貨用のウォレットを作成、ダウンロードしそれに入れておきます。そして「ハードウェアウォレット」を購入してより強固なセキュリティを築くことを推奨します。

ハードウェアウォレットとは、前述した二段階認証の際に設定した「シークレットキー」を保存するための専用デバイスです。こちらの意図でPCやスマホに繋げなければ、常にオフライン状態で持ち運べるので、ハッキング対策としてとて有力なものです。そして、とりわけオススメな2つのハードウェアウォレットをご紹介します。

Trezor

非常に小型で、スタイリッシュなデザインが魅力のハードウェアウォレットです。自身でカスタマイズできるホーム画面、そしてシークレットキーだけでなく複数のパスワードを管理することもできます。

Ledger Nano S

同じく、小型のハードウェアウォレットで形状はUSBメモリと似ています。特徴は対応する仮想通貨の多様さです。ビットコインやビットコインキャッシュだけでなくその他アルトコイン20種類以上を管理することが可能です。

ここで重要なのはハードウェアウォレットは「正規店で直接購入すべき」という点です。メルカリやAmazonのような中古、販売代理店などでも購入できますが、出品者の身元がきちんと保証されていない場所で買えば悪意のある細工が施されている可能性があります。

もしそうなら、セキュリティにおいてむしろ逆効果となってしましいます。少々割高であってもハードウェアウォレットは正規店で購入することを強く推奨します。