ビットコインデビットカードを徹底比較!メリット・デメリットとは

ビットコインは目に見えないため、「どう使ったらいいの?」と思っている人も多いはず。

そこで最近注目を集めているのがビットコインデビットカードです。

クレジットカードブランドと提携しているのでその加盟店でサービスを受けたり、ショッピングをすることが可能です。

でも「どんな仕組みなの?」「どんなカードがあるの?」「カードの使い勝手は?」「日本でも使えるの?」など不安や疑問を抱く人も多いでしょう。

そこで今回は日本で使えるビットコインデビットカードを紹介し、メリットとデメリットについても解説します。

1.ビットコインデビットカードでビットコインの利用価値が向上

ビットコインは仮想通貨の中でも代表的な通貨です。

ビットコインのまま支払いに使えるケースも増えてきていますが、まだまだ気軽に使えるほど普及していません。

しかしビットコインデビットカードを使えば支払いに使える場面が大幅に増えます。

カードを提示することで仮想通貨が円に変換されて決済する仕組みだからです。

その具体的な仕組みはプリペイド型とウォレット型の2つのタイプがありますので、次の項目で見てみましょう。

2.プリペイド型とウォレット型のそれぞれの特徴


では、ビットコインデビットカードについて、プリペイド型とウォレット型の特徴をそれぞれ見てみましょう。

プリペイド型の特徴は、仮想通貨を事前に円に換えてチャージしておくことで、チャージした金額分が利用できる仕組みです。

国内で使えるのはこのプリペイド型のビットコインデビットカードが多く、発行会社によってはビットコインプリペイドカードという名称にしている場合もあります。

一方のウォレット型は、仮想通貨のウォレットに紐付けされているビットコインデビットカードです。

銀行口座に紐付けされている金融機関のデビットカードと同じ仕組みです。

利用した時のレートで円に換金されて支払われるようになっています。

どちらが使いやすいかはその人それぞれですが、あらかじめチャージするのは面倒だという方はウォレット型がオススメ。

「使いすぎないようにしたい」というのであれば、プリペイド型が最適でしょう。

ポイント
・プリペイド型はあらかじめチャージした分が利用できる

・ウォレット型は仮想通貨のウォレットに紐付けされている

3.ビットコインデビットカードの活用法

ビットコインデビットカードはどのように使うのかというと、VISAやMasterカードなどの加盟店での支払いに使います。

それはそれぞれのビットコインデビットカードが各クレジットカードブランドと提携しているからです。

プリペイド型であればチャージしている金額分、ウォレット型であればウォレットに保有されている分を支払いに利用することができます。

ビットコインを持っているだけでは実店舗で使えないことがほとんどですが、ビットコインデビットカードがあれば幅広い店舗で使えるというのが分かったでしょうか。

ポイント
・ビットコインが実店舗で使える

 

・VISAやMasterCard加盟店で利用できる

それでは、ビットコインデビットカードの特徴や仕組みを理解したところで、日本国内で使えるビットコインデビットカードを紹介しましょう。

4.バンドルカード

バンドルカードは日本国内で発行されているプリペイド型のビットコインデビットカードです。

仮想通貨取引所国内大手の「CoinCheck(コインチェック)」と提携しており、コインチェックにビットコインを入れておくとすぐにチャージすることができます。

4-1.バンドルカードの特徴とは?

 

バンドルhttps://vandle.jp/

バンドルカードは使い方が簡単で、ネット決済として使うだけならスマホにアプリをダウンロードすればOKです。

電話番号と生年月日を入力するだけなので、入力が遅い人でも約3分で簡単に登録が完了します。

一方、実店舗で使うにはリアルカードが必要になります。この場合、発行手数料が300円必要となります。

使える店舗はVISA加盟店です。

4-2.バンドルカードのメリットとデメリットを解説


バンドルカードのメリットは簡単で分かりやすい点です。

日本円表記でチャージされるなど、初めてビットコインデビットカードを使う初心者にも簡単に使えます。

一方、デメリットはチャージ金額に上限が設けられていることです。1回あたり30,000円となっており、月間のチャージ上限は120,000円です。

カード残高の上限も100,000円と決められているので、100,000円以上の買い物には使えません。

また国内では使いやすいのですが、海外では使い勝手が落ちてしまうのもネックでしょう。

特に海外のVISA加盟店で使う場合は1回につき約500円の手数料がかかってしまうので、クレジットカードの方がいいかもしれませんね。

年間維持費が毎月100円(利用開始から4カ月間は無料)かかるのも注意点です。

メリット デメリット
・簡単に登録できる

・日本円表記で利用できる

・チャージ金額に上限がある

・カード残高に上限がある

5.マネパカード

マネパカードは、FXで知名度の高い株式会社マネーパートナーズが発行するプリペイドカードです。

2017年に国内最大級の仮想通貨取引所である「Zaif(ザイフ)」と連携したことで、ビットコインデビットカードとして利用することもできるようになりました。

5-1.マネパカードの特徴とは?

マネパカードhttps://card.manepa.jp/

マネパカードはZaifに連携させると登録ができ、Zaifの画面上で「マネパカード出金&チャージ」をクリックすればチャージすることができます。

Zaifでビットコインを円に交換してからチャージする仕組みになっているため、Zaifに口座がなければビットコインは使えません

Zalfに口座があればすぐにカード発行して使えますが、Zalfに口座がない場合は口座を作ってからマネパカードと連携させましょう。

ビットコインだけではなくその他の仮想通貨も利用できるのも特徴です。

5-2.マネパカードのメリットとデメリットを解説

マネパカードはビットコインの利用はもちろん、日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの6つの通貨に交換が可能です。日本をはじめ、ほとんどの海外で利用できると考えていいでしょう。

MasterCardと提携をしているのでMasterCard加盟店で利用ができます。

この際、利用額の最大5%がキャッシュバックされるので現金で払うよりもおトクですね。

発行手数料や年間維持費がかからないのは他のビットコインデビットカードにはないメリットと言えるでしょう。

出金やチャージ依頼はインターネット上で24時間365日手続きができます。

しかし、平日の午前中の手続きで当日の16時にチャージが反映される仕組みです。

タイムラグがあるため、欲しいときにすぐに出金できないと考えていいでしょう。

この点がデメリットとなります。

もし土日祝日などの休日を挟んでしまうと、マネパカードのへのチャージは休日の翌日の16時となります。

つまり金曜日の午後にチャージ依頼をすると月曜日の16時に入金されるということです。

銀行のATMよりも使い勝手が悪く、慣れるまで時間がかかるかも知れませんね。

また1日のチャージは10万円が上限となっていますので注意しましょう。

メリット デメリット
・発行手数料や年間維持費が無料

・ビットコイン以外の利用も可能

・Zalfの口座開設が必要

・チャージの反映は平日16時だけ

6.Wirex(ワイレックス)カード

Wirex(ワイレックス)カードは世界各国で人気の一枚です。発行枚数は3,000万枚を超えているとされ、利用者が世界最大級のビットコインデビットカードです。

運営しているのがイギリスの「ワイレックス」という会社です。

6-1.ワイレックスカードの特徴とは?

Wirex日本語ガイドhttps://wirex.jpn.com/

ワイレックスカードはウォレット型のデビットカードとなっているのが特徴で、ワイレックスのウォレットにビットコインを保有していれば、その分を自由に使うことができます。

使えるのはMasterCard加盟店です。

円建てには対応していませんが、米ドル、ユーロ、英ポンド建てでの利用が可能です。

また対応言語も幅広く、ホームページでは日本語にも対応しているので簡単にカードを作成することができます。

6-2.ワイレックスカードのメリットとデメリットを解説

ワイレックスカードの一番のメリットは残高限度額も利用限度額もどちらもないことでしょう。

つまりビットコインを持っているだけ使えるということです。大きな買い物もできますね。

また他の仮想通貨も利用できますので、ビットコインに交換してからチャージするといった手間もありません。

リップルイーサリアムなども使えるのは、複数の仮想通貨を持っている方には便利ですね。

こうした使いやすさに加え、「海外での利用は手数料が無料」というのも魅力です。

つまり海外旅行の際には非常に使い勝手がいい一枚となります。

わざわざ日本円に交換する必要もなく、手数料もかからないので海外でそのまま使えるのです。

反対にデメリットは手続きに時間がかかる点です。

運営会社がイギリスにあるため、カード発行には2週間もかかってしまいます。

また発行手数料が17ドル(約2,000円)、年間維持費が12ドル(約1,300円)など様々な手数料が必要です。

しかも日本円で利用する際も1回ごとに3%の手数料を取られてしまいます。

ただし運営するワイレックスと国内大手の金融グループであるSBIホールディングスが、日本国内に合弁会社を設立することを2017年10月に発表しています。

今後、日本国内でワイレックスカードがより使いやすくなるのでは、と期待されています。

メリット デメリット
・海外手数料が無料

・残高限度額、利用限度額がない

・発行手続きに時間がかかる

・国内利用では手数料がかかる

7.まとめ

ビットコインを持っている人はもちろん、これからビットコインを持ちたいと考えている人にとって便利なのがビットコインデビットカードです。

仮想通貨はまだ投資目的という側面が強いですが、このビットコインデビットカードがあればビットコインの利用価値がさらに広がりますね

今回は国内での利用に適したビットコインデビットカードを3種類紹介しました。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、使いやすいビットコインデビットカードを選んで下さい。