ビットコインとは?必ず分かる超解説!

SHARE

ビットコインとは?必ず分かる超解説!

世界で初めて開発された仮想通貨であるビットコイン。

ニュースや新聞で取り上げられることも多くなってきましたよね。

でも「そもそもビットコインってなんなの?」「普通のお金とどう違うの?」と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。

今回はそんなビットコインについて、その誕生の背景や特長を詳しく解説していきます。

1.そもそもビットコインとはどんなもの?

そもそもビットコインとは、いったいどんなものなのでしょうか。

その成り立ちについて簡単に確認していきましょう。

1-1.世界で初めて開発された仮想通貨

ビットコインは、「サトシ・ナカモト」という人物が2008年に公開した論文をもとに、世界中のエンジニアたちが開発した仮想通貨です。

その名前の響きから日本人ではないかと噂されており、またこれまで自らを「サトシ・ナカモト」であると証言する人物が何人か現れましたが、本当かどうかはまだ定かではありません。

「サトシ・ナカモト」が発表した論文には、ビットコインをはじめとした仮想通貨を支える技術について書かれていました。

例えば、

  • ブロックチェーンの仕組み
  • マイニング
  • 仮想通貨のセキュリティ

といった技術が記述されています。

これらの技術については以下で詳しく解説していきます。

ポイント
ビットコインは「サトシ・ナカモト」の論文をもとに開発された世界初の仮想通貨

1-2.「ビットコイン」と「お金」はどう違う?

ビットコインは「インターネット上で利用できるお金」というイメージが強いため、「電子マネーと同じようなもの?」と思われる方が多いようです。

しかしこれは大きな間違いで、ビットコインと電子マネーは大きく異なります。

電子マネーを利用するときには、何かの端末に日本円をチャージしますよね。

つまり電子マネーは、「日本円が形を変えたもの」であり、日本円で取引していることは変わらないのです。

その点ビットコインは「日本円」を「ビットコイン」に両替することではじめて使えるようになります。

アメリカに旅行に行けば「日本円から米ドル」、イギリスに旅行に行けば「日本円からポンド」に両替しますよね。

それと同じことをビットコインではするため、電子マネーとは全く異なるのです。

ポイント
ビットコインは電子マネーとは異なり、両替してはじめて使える通貨

2.ビットコインはどんな仕組み?

データとしては存在しているものの実態を持たない「仮想通貨」のひとつであるビットコイン。

そんなビットコインは、いったいどんな仕組みになっているのでしょうか。

2-1.ビットコインの基本「ブロックチェーン」

ビットコインを支える技術の内、基本中の基本になっているのが「ブロックチェーン」です。

仮想通貨の取引データは特定の機関に保存されているのではなく、その仮想通貨のネットワークに参加している世界中のコンピュータに保存されています。

この取引データを「ブロック」にまとめ、次々につなげ併せていくことから「ブロックチェーン」と呼ばれています。

取引データは確かに正しいと確かめてから「チェーン」として繋げられていくので、過去のデータを書き換えたり変更したりすることはできません。

仮想通貨のセキュリティは、このブロックチェーン技術にあるといっても過言ではないのです。

ポイント
ビットコインは、ブロックチェーン技術によって支えられている

2-2.取引の正しさを確かめる「マイニング」

ではその取引データを確かめる仕組みは、どのようになっているのでしょうか。

取引データが正しいと確かめることは「マイニング」と呼ばれており、マイニングをする人のことを「マイナー」といいます。

マイニングには膨大な電力と計算が必要になりますが、成功するとマイナーにビットコインが支払われます。

ビットコインは国や企業といった特定の機関が管理しているわけではありません。

しかし世界中のマイナーたちが取引データを確かめる仕組みをもっているため、システムを維持することができているのです。

ポイント
ビットコインの取引はマイニングによって確かめられている

3. ビットコインのメリット

ビットコインの成り立ちと仕組みについて確認してきましたが、身近に利用できる通貨ではないため、実際に使用する際のイメージはわきにくいかもしれません。

まずはビットコインを利用する際のメリットについて確認していきましょう。

3-1.いつでもどこでも簡単に低コストで送金ができる

お金を送金する場合、国内であっても海外であっても銀行を通して送金を行いますよね。

その際にはどうしても銀行に支払う手数料が発生してしまします。

しかしビットコインの場合は銀行を経由せずに送金できるため、非常に低コストで送金ができるのです。

しかもインターネット環境があればどこの国に送金する場合でも、簡単に送金することができます。

日本では銀行口座をもっているのは当たり前のことかもしれませんが、世界規模で見てみると銀行口座をもっている人は約50%といわれています。

そうした人たちにも簡単に、しかも安く送金ができるというのは今後のビジネス拡大にもつながっていく可能性もあるのです。

ポイント
ビットコインは世界中に低コストで送金ができる

3-2.個人同士で取引ができる

送金は銀行を通すのが一般的ですが、ビットコインの場合個人同士で直接やり取りをすることができます。

例えば海外に頻繁に送金する場合、どうしてもかなりの手数料がかかってきてしまいます。

しかしビットコインでのやりとりにすれば、手数料をかなり抑える形で取引することができるのです。

ポイント
ビットコイン個人同士で直接やり取りができるので、手数料が抑えられる

3-3.長期投資・短期投資ができる

ビットコインというと「投資」のイメージが強いかもしれません。

株や為替と同じように、ビットコインも長期投資や短期投資を行うことができます。

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、日々大きな値動きを見せており相場の状況によっては大きな利益を得ることも可能です。

仮想通貨は長期的にみて値上がりを見せるものが多いので長期投資にも向いていますし、日々の値動きの大きさを利用して短期投資で利益を得るのもよいでしょう。

当初は海外で盛んだった仮想通貨投資ですが、最近は国内の仮想取引所も充実してきています。

仮想通貨の取引に興味がある方は、ぜひ資産運用の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

ポイント
ビットコインはその値動きを利用した投資に向いている

4.ビットコインのデメリット

ビットコインにはさまざまなメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

しっかり確認しておきましょう。

4-1.値動きが激しい

ビットコインの価格はまだ安定しているという段階ではなく、1日に5%以上の値動きを見せることもあります。

投資の対象としてビットコインを考える場合、その差額が利益になるわけですからとても魅力的にも思えます。

しかし逆に言えばビットコインの相場が大きく値下がりした場合には、大きな損失を抱える可能性もあるということでもあります。

また日常的な買い物で利用する場合でも「昨日は0.1BTCで買えたのに、今日は0.15BTCになってしまった」ということも十分あり得ます。

これは日本円で買い物する場合「1000円で買えたものが次の日には1500円になっていた」というようなことになります。

あまりに乱高下が頻発すると日常的に使うのは、どうしても不安になってしまいますよね。

ポイント
ビットコインは値動きが激しいので、思わぬ損失を抱える可能性もある

4-2.使えるところが少ない

DMM.COMやビックカメラ、ソフマップなど日本でもビットコインを利用できるお店が増えてきています。

しかし日常的に使用するとなると、まだまだビットコインでの決済ができる実店舗は少ないのが現状です。

ビットコインを持っていても使えないという状況であれば、どうしても不便を感じてしまいますよね。

しかし世界に目を向けてみるとアメリカやヨーロッパを中心にビットコイン決済ができるお店はどんどん増えてきています。

以下のサイトでは世界中のビットコインが利用できるお店を調べることができるので、ぜひチェックしてみてください。

coinmap

ポイント
ビットコインを使おうとしても、まだ使えるところが少ない

4-3.保証がない

ビットコインはブロックチェーン技術によって支えられているため、国や企業が関与することはありません。

しかしそれはもしビットコインで損失が生じた場合、誰かが保証してくれることはない、ということでもあります。

例えば2014年2月国内大手の仮想通貨取引所であったマウントゴックスでは、「取引所で管理していた仮想通貨が、ハッカーの攻撃を受け、盗まれてしまった」という事件が起きました。

記憶に新しいのは2018年1月に起きたコインチェックで仮想通貨NEMが流出した事件で、これも同じくハッカーの攻撃によるものでした。

仮想通貨は管理者がいないことに加え、法整備もまだ完全とは言えません。

そのためこうした問題が起きた際には、「所有していた仮想通貨が盗まれ、帰ってこない」ということも十分にあり得るのです。

ポイント
法整備が完全でないため、トラブルに巻き込まれたときはビットコインが失われることもある

4-4.管理に一定の知識が必要になることもある

ビットコインは実態を持たず、データとして利用する通貨です。

そのため使わない時にはデータを保存し、利用するときにはデータを呼び出す必要があります。

そのデータを保存する仕組みのことを「ウォレット」といいますが、ほとんどの方が取引所や販売所が提供するウォレットを利用しています。

しかし先ほども述べた通り、取引所や販売所はハッカーの攻撃を受ける可能性があります。

その対策として所有しているパソコンやスマートフォン、あるいはインターネット上などに保存する方も増えてきました。

こうした場合、取引所や販売所に任せることなく自分で管理することになるので、一定の知識が必要になってきます。

ポイント
ビットコインを自己管理する場合、ウォレットに関する一定の知識が必要になる

まとめ

ビットコインはブロックチェーン技術のもと開発され、送金の際の手数料の安さや取引の簡単さから大きな注目を集めています。

またその大きな値動きから投資や投機の対象としても、とても魅力的ですよね。

しかしこうしたメリットの反面、「普及しきれていないため使いにくい」、「もしも何か問題が起きた時には、保証はない」といったデメリットもあります。

今後もビットコインは日常的な通貨としても、投資の対象としても発展していくと考えられますが、こうしたメリットとデメリットをしっかり押さえたうえで、うまく利用していきたいですね。