【最新版】ビットコインFXの取引所の手数料を比較!一番安く仮想通貨FXするには?

SHARE

【最新版】ビットコインFXの取引所の手数料を比較!一番安く仮想通貨FXするには?

ビットコインFXを利用する際に必要な手数料を検討し、一番お得な取引所をご紹介します。

ビットコインFXにかかる5種類の手数料

まず、ビットコインFXを始める際には下記のプロセスが必要で、それぞれに手数料がかかります。

  1. 日本円をビットコインFXの取引所に入金する(=入金時に手数料がかかる)
  2. ビットコインFXで新規注文を出す(=取引時に手数料がかかる)
  3. ビットコインFXでポジションを維持する(=日をまたぐと手数料がかかる場合がある)
  4. ビットコインFXで決済する(=利益が出た時に手数料がかかる場合がある)
  5. 日本円をビットコインFXの取引所から出金する(=出金時に手数料がかかる)

それでは具体的にビットコインFXの取引所の手数料を比較して確認します。

ビットコインFXの取引所の手数料を比較

業者名 入金時 取引時* 利益が出た時* 日を跨いだ時* 出金時
1位 GMOコイン 無料
(Pay-easy)
無料 無料 0.05% 無料
2位 ビットバンクトレード BTC送金手数料 ・0.01%(新規建)
・無料(決済)
0.20% 無料 BTC送金手数料
3位 ビットフライヤー 振込手数料 無料 無料 0.04% 216円~756円
4位 Zaif 振込手数料 証拠金の0.039% 0.70% 0.04%  350円~756円
5位 みんなのBitcoin 振込手数料 ・無料(BTC/JPY)
・約定金額の0.25%(BTC/JPY以外)
無料 0.05% 500円
6位 コインチェック 振込手数料 ・0.04%(ロング)
・0.05%(ショート)
無料 0.05% 400円

*取引時の手数料は、「レバレッジ取引手数料」と表現されていることが多いです。
*利益が出た時の手数料は、「キャピタルゲインフィー」と表現されていることが多いです。
*日またぎの手数料は、「借入手数料」「ポジション手数料」「レバレッジ手数料」などと表現されていることが多いです。

ポイント①:入出金手数料が無料なのはGMOコインのみ


上記の表からわかるように、入出金手数料が無料なのは「GMOコイン」のみです。また、GMOコインでは「Pay-easy入金」を利用できます。

Pay-easy入金とは、365日24時間いつでもどこでも、自分の銀行口座のインターネットバンキングから直接お金を引き落として、ビットコインの取引所の残高にお金を入金できるサービスです。

実際に筆者も利用しましたが、Pay-easy入金を利用すれば、数分もあれば入金は完了します。日本のビットコインの取引所で、この「Pay-easy入金」に対応しているのは「GMOコイン」と「Zaif」のみです。

しかし「Zaif」の場合は「3万円未満の入金で486円、3万円以上の入金で594円」の手数料がかかりますので注意が必要です。かつ、Zaifではインターネットバンキングで入金できませんので、あまり意味がありません。

GMOコインの詳細はこちら

銀行振込の場合は振込手数料がかかるので注意

その他の取引所を利用する場合は「銀行振込」を利用して入金しますので、振込をした場合は銀行の営業日に残高が反映されます。

当然ですが、こちらの銀行振込の場合は、振込手数料がかかります。また、日本円を取引所から出金する際にも、取引所の負担分の銀行振込の手数料がかかります。

なお、「ビットバンクトレード」は日本円からの入金はなく、ビットコインを送付して入金する形になります。

ですので、ビットコインを「ビットバンク」などで購入し、そちらのビットコインをビットバンクトレードに送金する形となります。

ポイント②:借入手数料が無料なのはビットバンクトレードのみ

続いてのポイントは、借入手数料(日をまたいでトレードをした時にかかる、ビットコインの借入手数料)が無料なのは「ビットバンクトレード」のみという点です。

ですので、仮にあなたが1週間ポジションを持ち続けてトレードをしたい場合は、ビットバンクトレードの方が、結果として手数料が少なくなる可能性は高いでしょう。

仮に毎日0.04%や0.05%かかる取引所を利用して数週間ポジションを持ってトレードした場合、日に日にコストは積み上がっていきます。

ですので、「GMOコイン」もデイトレードをする場合は一番手数料が安いですが、数週間のトレードをされる場合は「ビットバンクトレード」の利用を検討された方が良いでしょう。

なお、今なら当サイトからの登録で半年間ほど取引手数料が20%OFFになるキャンペーンも実施中です。

ビットバンクトレードの公式サイトへ

ビットバンクトレードの詳細はこちら

入出金手数料を抑えて、ビットコインFXに取り組む方法

以上になりますが、最後に「数日や数週間ポジションを持ったままビットコインFXの取引をする」場合に、一番お得な方法をお伝えします。

それはまず「GMOコイン」で入金してビットコインを購入し、そのビットコインを「ビットバンクトレード」に送金して、ビットコインFXの取引をすることです。

そうすれば、日本円を入金する際の振込手数料(入金手数料)がかかりません。

続いて、ビットバンクトレードでビットコインFXに取り組んで決済した後に、また「ビットバンクトレード」からビットコインを「GMOコイン」に送金します。

そうしてGMOコインでビットコインを日本円に換金し、「GMOコイン」から出金します。そすうれば、日本円を自分の銀行口座に振り込む際の出金手数料もかかりません。

ただし、ビットコインと日本円との交換レートが、いつも「GMOコイン」がベストとは限りません。

そのため「ビットバンクトレード」を利用される際は、一番ビットコインと日本円のレートが良い仮想通貨の取引所で、ビットコインと日本円を両替し、そちらの取引所からビットコインを送金する形でも良いでしょう。

GMOコインの公式サイトへ

GMOコインの口コミへ