ビットコインFXのテクニカル分析の用語5選!初心者向けに見方の基本を解説

分析

ビットコインFXのテクニカル分析を利用するためには、まずは用語の意味と見方を理解しておく必要があります。

そこで今回は、初心者でも使いやすいビットコインFX業者の「GMOコイン」のスマホアプリ(ビットレ君)を用いて、代表的なテクニカル分析の用語とその見方をご紹介します。

ビットコインFXのテクニカル分析の基本用語5選


まず、GMOコインに口座開設をすると、スマホアプリ「ビットレ君」のテクニカルエリア設定から、下記5種類の指標を表示をしてトレードが可能になります。

  1. MACD
  2. RSI
  3. DMI/ADX
  4. ストキャスティクス
  5. RCI

これらはどれも一般的な指標になりますので、基本的な見方を知っておくと便利です。

なお、GMOコインは初心者にも使いやすいビットコインFX業者ですので、ビットコインFXの利用を検討されている方は、まずはGMOコインに口座を開設しておくのがおすすめです。

GMOコインの公式サイトへ

GMOコインの口コミへ

テクニカル指標①:MACDとは?


MACDは「Moving Average Convergence Divergence」の略で、通称「マックディ」と呼ばれており、日本語では「移動平均収束拡散法」と言います。

MACDは、①「MACD」と呼ばれる黄緑色の線と、②「シグナル(MACDの移動平均線)」と呼ばれるオレンジ色の線の2つの線の推移でトレンドを判断します。

具体的には、下記のようなタイミングでトレンドの判断が可能です。

MACDとシグナルの見方

  1. 「MACD」が下降していて「シグナル」が「MACD」より上にある時、下降トレンドです
  2. 「MACD」が上昇して「シグナル」を上抜けた時(ゴールデンクロス)、買いタイミングです
  3. 「MACD」が上昇していて「シグナル」が「MACD」より下にある時、上昇トレンドです
  4. 「MACD」が下降して「シグナル」を下抜けた時(デッドクロス)、売りタイミングです

MACDは簡単に言うと「短期移動平均線と長期移動平均線の差」を表しているため、短期移動平均線が長期移動平均線を上回っている場合、MACDは「プラス」となります。

つまり、MACDがプラスであれば「上昇トレンド」と判断でき、逆にMACDがマイナスの時は「下降トレンド」と判断できます。

テクニカル指標②:RSIとは?


続いて、RSIとは「Relative Strength Index」を略したもので、「アールエスアイ」と呼ばれ、日本語では「相対力指数」と言います。

RSIは、一定期間(通常は14日間)の中で、どれぐらいビットコインが上昇したかや下落したかをパーセンテージで算出したものです。

上記の図では右側の数字がパーセンテージを表していますが、RSIの具体的な計算式は「RSI=値上がり幅÷(値上がり幅の合計+値下がり幅の合計)×100」となっています。

RSIはパーセンテージで買われすぎや売られすぎを判断できる

例えば、ビットコインの14日間の値上がり幅が40万円で、値下がり幅が10万円の場合、「40万円÷(40万円+10万円)×100=80%」になります。

  1. RSIが70%以上なら買われすぎ
  2. RSIが30%以下なら売られすぎ
  3. RSIが50%より上で動いていれば上昇の勢いが強い
  4. RSIが50%より下で動いていれば下降の勢いが強い

具体的には、上記のような基準でビットコインが買われすぎなのか、売られすぎなのかを判断することができます。

テクニカル指標③:DMI/ADXとは?


続いて、DMIは「Directional Movement Index」の略で、「現在のトレンドの方向性(一定期間内のチャートの値動きの方向性)」を、数値として表している指標です。

DMIには、①上昇トレンドを示す赤色の+DIの線と、②下降トレンドを示す緑色の-DIの線の二つの線があります。

  1. +DI(赤色)が-DI(緑色)の線を下抜けた時(デッドクロス)が売りサイン
  2. +DI(赤色)が-DI(緑色)の線を上抜けた時(ゴールデンクロス)が買いサイン

具体的には、上記のように買いシグナルと売りシグナルを判断できるようになっています。

ADXはトレンドの強さを表す指標

そしてDMIには、もう一つADX(Average Directional Index)という「今のトレンドの強さ」を表す指標も載っています。但し、ADX単体では上昇トレンドなのか下降トレンドなのかは分かりません。

例えば、RSIの場合は50%を超えて上げてきたら短期的には上昇トレンドだと分かりましたが、ADXの場合はADXの数値が上げてきたからといって、必ずしもチャートの価格が上げている訳ではありません。単に「トレンドの強さ」を表しています。

そのためADXは、今の相場がレンジ相場(一定の変動幅の範囲内で価格(値段、レート)が上がったり下がったりを何回となく繰り返えす相場)なのか?、上昇トレンドなのか?を見分けるためだけに使います。

テクニカル指標④:ストキャスティクスとは?


続いて、ストキャスティクスも、上記でご紹介したRSIと同様に「買われすぎ」や「売られすぎ」を判断するための、オシレーター系と呼ばれる指標の一つです。

ストキャスティクスの線には、紫色の「%K(パーセントK)」と緑色の「%D(パーセントD)」、黄色の「Slow%D(スローパーセントD)」の3つの線があります。

そして、上記図の右側の数字はパーセンテージを表しています。

  1. %K(パーセントK):一定期間における最高値から最安値までの範囲の中で、直近の終値がどの位置にあるかを見る指標
  2. %D(パーセントD):%Kを移動平均化し動きを平滑化した指標
  3. Slow%D(スローパーセントD):%Dを一定期間平均化した指標

ストキャスティクスは、現在のレートを過去の一定期間の値動きとを比較したものですので、100%に近ければ近いほど「買われすぎ」となり、0%に近ければ近いほど「売られすぎ」と判断することができます。

テクニカル指標⑤:RCIとは?


最後に、RCIは「Rank Correlation Index」の略で、統計学上では「スピアマンの順位相関係数」と呼ばれています。

上記の図では、青色の「短期(5日)」、緑色の「中期(9日)」、赤色の「長期(22日)」の3本のRCIの線が表示されています。

RCIは、相場の過熱感を測り、現在の価格が高いか安いかを判断する時に使われます。

例えば、移動平均線と同じように「短期線」が「中期線」を下から上へと突き抜けると「ゴールデンクロス」となり、「買いシグナル」と判断することができます。

以上になりますが、テクニカル分析に興味のある人は、GMOコインのアプリを利用して、実際に実践しながら色々と確認してみると、さらに理解が深まるかと思います。

GMOコインの公式サイトへ

GMOコインの口コミへ