ビットコインを現金化する方法はとっても簡単!徹底解説

最近は街中でも『ビットコイン』という言葉を目にする機会が増えてきています。

2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、ビットコインの価格が大高騰した1年でした。

1月には10万円前後をウロウロしていたビットコインですが、徐々に上昇し11月には1BTCあたり100万円を突破します。

なんと1年で10倍以上!株や不動産とは比べられないほどの利益率の高さです!

この波に上手く乗り、総資産額が1億円を超える『億り人』と呼ばれる人々も誕生しました。

億までとはいかずとも、資産を大幅に増やした人も多いでしょう。

そこで疑問に思うのが、ビットコインの現金化の方法です。

徐々にビットコイン対応の店舗が増えてきていますが、まだまだ少ないのが現状です。

せっかく資金が増えても使い道がないし、ビットコインを換金しよう!と思っても、どのように現金化すればいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はビットコインを簡単に現金化する方法を3つ紹介していきます。

この記事を読めばビットコインを現金化する手順を理解することができます。

ビットコインを現金化する3つの方法を徹底解説!

実は、ビットコインを現金化する方法はいくつもあります。

今回はその中でも、ビットコイン初心者の方でも安心して簡単に現金化できる方法を3つ紹介します。

方法1:一番オーソドックス!仮想通貨取引所を使って現金化する方法とは?

まず紹介するのは、仮想通貨取引所を使用しての現金化です。

この方法は、ビットコインを現金化するのに一番オーソドックスです。

日本国内には『bitFlyer』『Coincheck』『GMOコイン』『Zaif』など、いくつもの仮想通貨取引所があります。

ビットコインを購入する際に利用したことがある人も多いのではないでしょうか。

ちなみに仮想通貨取引所には『販売所』と『取引所』の二種類があります。

『販売所』の特徴
国内における大手の販売所は『bitFlyer』『Coincheck』です。
販売所を利用すると、企業と直接売買のやり取りができます。

簡単に売買ができるメリットがある一方で、手数料が高いというデメリットもあります。

『取引所』の特徴
国内では『zaif』、海外では『binance』などが取引所にあたります。
取引所では企業と直接売買はしません。
買いたい人と売りたい人のマッチングをするのが取引所です。

販売所よりは手数料が安いというメリットがありますが、
初心者にはわかりにくく、すぐに売買できるかわからないというデメリットもあります。

『取引所』は『販売所』に比べて少し複雑なので、多少手数料が高くてもまずは『販売所』での取引をオススメします。慣れてきたら『取引所』も利用してみましょう!

 

今回はシンプルで使いやすいと評判の販売所『Coincheck』を例に、ビットコイン現金化の手順を解説していきます。

①ビットコインを取引所で売却

まずは保有しているビットコインを売却します。

スマホでCoincheckのアプリを開き、『コイン売却』を押します。

すると下の画像のような画面に切り替わります。

 

『数量』の欄で自分が売りたいビットコインの数を入力すると、『合計』に手数料を引かれた金額が表示されます。

『売却する』を押したらビットコインの売却は完了です。

②日本円を銀行口座に出金

ビットコインの売却が完了したら、次は銀行口座へ日本円を出金します。

Coincheckのアプリで『日本円の出金』を押します。

登録している銀行口座が表示されるので『この口座に振り込む』をタップします。
※まだ銀行口座の登録をしていない方は事前にしておきましょう。

取引所にある日本円のうち、出金する額を『出金額』の欄に入力します。

 

金額を確認して『出金申請をする』を押したら終了です。

大体2営業日以内に振り込みされるので、ATMから引き出したら現金化が完了です。

コインチェックでビットコインを現金化する手順

①ビットコインを売却
②銀行口座へ出金
③ATMで引き出したら完了!

方法2:便利だけどまだまだ少ない!ビットコインATMを使って現金化する方法とは?

続いて紹介するのは『ビットコインATM』を使って現金化する方法です。

ビットコインATMという単語を始めて聞いた方も多いかもしれません。

ビットコインATMはまだ日本に十数箇所しか設置されていませんが、その中でも特に六本木や渋谷など外国人が多く集まる場所に集中しています。

また、最近では岡山や三重、鹿児島などの地方でも徐々に増えてきており、ビットコインが普及するにつれ今後ますます増えていくことが予想されます。

そもそもビットコインATMとは何かというと、普通のATMのビットコインバージョンです。ビットコインATMに表示されるQRコードを読み取ることにより、ウォレット内のビットコインを送金し現金化することができます。

ビットコインATMを使用するために準備するものが2つあります。

ビットコインATMを使用するために必要なもの

①スマートフォン
②ウォレット

ビットコインATMを利用するには、事前にスマートフォンにウォレットをインストールする必要があります。

ウォレットとは、簡単にいえばオンライン上のお財布です。

モバイルウォレットにはたくさんの種類がありますが、その中でもBread WalletやBlockchainが人気です。

『bitFlyer』や『Coincheck』で購入したビットコインは簡単にウォレットに送金できるので、事前に移しておきましょう。

ビットコインATMを使用する手順を解説していきます。

まず、SMS(電話番号を利用してのショートメール)やメール、指紋認証などを利用して本人確認を行います。

認証できたらビットコインATMの画面で『売却』をタッチし、売りたい金額を入力します。

画面上にQRコードが出るのでウォレットで読みとり、表示されたビットコインを送金します。

普通のATM同様、現金が出てきますので受け取ったら完了です。

ビットコインATMの利用手順
①本人認証をする
②ATM画面上の売却をタッチ
③売却したい金額を入力
④ウォレットでQRコードを読み取る
⑤ATMから現金を受け取る

ちなみに、ビットコインATMにはビットコインの購入だけしかできないもの、購入と換金両方できるタイプのものがあります。

また、手数料も5%〜10%とATMの機械によって異なります。

自分が利用するビットコインATMの詳細を調べてから行きましょう!

現時点ではビットコインATMの数が少ないですが、慣れてしまえば操作が簡単にでき、即座に現金化できるためオススメです!

ビットコインATMのメリット・デメリット

メリット
☑操作方法が簡単
☑即座に現金化できる

デメリット
☑数が少ない
☑手数料がバラバラ

方法3:メリットがあるけどリスクも高い!人に直接売って現金化する方法とは?

最後に紹介するのが、人に直接ビットコインを売って現金化する方法です。

これはすごく単純です。

ビットコインを欲しがっている人に売却するだけです。

やり取りの方法はお互いのスマートフォンでビットコインを送金し、代金は直接手渡しでもらいます。

金額はその時のレートを参考にすることが多く、ビットコインのミートアップなどで行われることが多いようです。

直接売るメリット・デメリット
メリット
☑本人確認などの手続きがいらない
☑すぐに取引ができる
☑手数料がかからない

デメリット
☑法律の問題
☑トラブルのもととなる可能性がある

たくさんのメリットがありますが、お金のやり取りはトラブルに発展する可能性が高いためなるべく控えた方がいいです。

どうしても直接取引をする場合は、第三者に間に入ってもらうなど、リスクヘッジをしましょう。

またビットコインに関しての法律はまだ曖昧ですので、今後どのように変わっていくかわかりません。

直接の売買が法に触れるようになる可能性もあるため、仮想通貨の法改正の動向は常にチェックしておくべきです。

税金がかかる!?ビットコインを現金化するときの注意点とは?

今までビットコインを現金化する方法を解説してきましたが、一つ注意すべきことがあります。

そう、『税金』です。

ビットコインで利益を得た方は、税金を納める必要があります。

仮想通貨に関する税法は今後改正される可能性もありますが、現時点での課税方法を説明していきます。

ビットコインへの課税方法は、総合課税です。

総合課税とは、簡単に説明すると1年を通して得た所得に対して税金を払うシステムです。

つまり、サラリーマンの方は給料+雑所得(ビットコインの売買で得た利益)に対して税金がかかってきます。

具体的な税率は、以下の表を参考にしましょう。

表を見て分かる通り、利益が多ければ多いほど税金が高くなってしまいます

自分が仮想通貨でどれだけ利益を上げているか、しっかりと把握しておくことが大切です。

ちなみにビットコインに税金がかかるタイミングは“利益が確定した時”です。
そのため、税金がかかるのが嫌な方はビットコインの現金化はせず、ビットコインのまま保有していた方がいいでしょう。

『ビットコインを現金化するには税金がかかる』ということを念頭に置いておきましょう。

ビットコイン現金化のまとめ

ビットコイン現金化の3つの方法
①仮想通貨取引所を利用
②ビットコインATMを利用
③人に直接売る

今回はビットコインを現金化する3つの方法を紹介してきました。

一見難しそうに感じるかもしれませんが、慣れれば誰でも簡単にすることができます。

それぞれメリット・デメリットがありますが、慣れていない方はまずは仮想通貨取引所を利用して現金化するのをオススメします。

都内に住んでいる方や近くにあるという方は、ビットコインATMを利用してみてもいいですね。

人に直接ビットコインを売る方法は、簡単ですがトラブルになるリスクもあるのでなるべくやめましょう。

また、ビットコインを現金化する際には税金がかかってきますので事前にしっかりと理解をした上でするようにしましょう。

ぜひ今回紹介した方法でビットコインを現金化してみてください!