ビットコイン投資を始めよう!知識ゼロからでもわかるよう丁寧に解説

SHARE

ビットコイン投資を始めよう!知識ゼロからでもわかるよう丁寧に解説

ビットコインとは?本当に儲かるのか?危険はないのか?

2017年で大注目を浴びたビットコイン、これまで投資に縁がなかった方も興味をもち、このような疑問を抱いている方も多いと思います。

この記事ではビットコインの投資に関するノウハウをわかりやすく解説いたします。

ビットコイン投資について知りたい

「投資」と聞くと難しそうなイメージ、あるいは破産につながる危険なイメージが付きまといますが、これからご紹介する「ビットコイン投資」は簡単に始めることができます。

もちろんリスクはありますが、きちんと管理して適切な金額を投資すれば決して破産してしまうほど追い込まれてしまうこともありません。

そもそもビットコインとは?

ビットコインは元祖仮想通貨(暗号通貨、デジタル通貨とも呼ばれます)ともいうべきもので、文字通りデジタル上にのみ存在する実態のない「お金」です。

基本的にはお金なので、モノやサービスの購入に使えるもので、既にビットコインで購入できる店舗も多数存在します。

しかし、近年では「投資対象」として注目を集めています。

投資向けの商品としては株や外貨と似た所はありますが、ビットコインはブロックチェーンシステムという技術により、株にとっての企業、外貨にとっての中央銀行のような「発行主体」が存在せず、完全に市場参加者の動きのみで価格が変動する今までにない投資対象です。

 

ビットコインはいくらから購入できるの?

ビットコインの価格は1BTC(ビットコインの単位)が2018年の4月時点で74万円程度です。

とても、一般家庭のユーザーに手が出せる金額じゃありません。

しかし、ビットコインの最小単位は0.00000001BTCです。現在価格の円換算では0.074円程度です。

そして、0.00000001BTCのことを開発の礎を作った人物サトシ・ナカモトからあやかって1satoshiと呼称することもあります。

当然ながら1satoshiからの購入は不可能ですが、しかしそれでもビットコインは0.0001〜0.005BTC(取引所により異なる)から購入することができ、日本円では現在価格で740〜3700円程度から購入可能なのです。

ただし、取引には取引手数料というものがあるので、それを考慮すると1万〜10万円程度の金額から始めるのが望ましいでしょう。

 

ビットコイン投資のリスク

投資というのはどんなものでも大なり小なり損益を被るリスクが存在します。ビットコインも例外ではありません。

たまに「必ず儲かる」とか「元金保証」といったような宣伝文句でビットコインを売ろうとする業者がいますが、それは絶対にありえないことです。

リスク①価格変動が激しい

上記の表はビットコインの価格推移のチャート(米ドル)です。ご覧になっていただければわかるように、2017年から上昇し始め年末には200万円近くまで上昇しています。

しかし前述の通り現在は74万円程度で、2018年から価格は急降下してしまったのです。

つまり年末の上昇で慌てて購入したユーザーはかなりの損益を被ってしまっているということです。

ここまで急激な価格変動は株やFXではなかなかお目にかかれません。それほど、リスクの高いものであることをご理解ください。

リスク②取引所の閉鎖やハッキングリスク

日本でも大手取引所がハッキングされネムという仮想通貨を大量に盗まれるという事件があり、話題となりました。

また、中国では仮想通貨の取引を全面禁止する規制を実行し、多くの取引所が閉鎖となりました。

仮想通貨自体が新しいモノであるため、まだその管理体制や国の規制方針などが整っていない部分があります。

そのため、閉鎖や盗難などのリスクは比較的高いと言えます。

このような事態に巻き込まれないようにするために、walletという「仮想通貨を管理するデータ上の財布」を作成することにより、自分のPCやスマートフォンなどで管理することを推奨します。

リスク➂税金が高額になる可能性

ビットコインはコインそのものには税金がかかりませんが、ビットコインを売って現金化した時に得た利益は「雑所得」となり課税対象となります。

どの程度の税金が課せられるのかは以下の表を参考にしてください。

収益金額 税額計算
195万円以下 所得金額x5%
195万円超330万円以下 所得金額x10% – 97,500円
330万円超695万円以下 所得金額x20%- 427,500円
695万円超900万円以下 所得金額x23% – 636,000円
900万円を超1,800万円以下 所得金額x33% – 1,536,000円
1,800万円超4,000万円以下 所得金額x40% – 2,796,000円
4,000万円超 所得金額x45% – 4,796,000円

例えば、ビットコインの取引で1,000万円の利益がでた場合、10,000,000x33% – 1,536,000円=1,764,000となり次年度に170万以上の税金の支払い義務が生じます。

大金を得たらといって散財してしまうと次の年が苦しくなるということです。

ビットコイン投資へのリスクまとめ

  • 激しい価格変動による損益
  • 盗難や閉鎖による資金紛失
  • 高額な課税

上記のようなリスクがビットコイン投資にはあります。

特に見落としがちなのが税金に関することで、ビットコイン投資により億単位の利益を得た通称「億り人」は、次年度には数千万単位の税金が課されます。

そして課税を嫌がって保有を続けた人は現在はかなり資産が減っていることでしょう。

このように、ビットコイン投資のリスク管理をきちんとしないと返って首が回らなくなってしまうことになります。

ビットコイン投資は厳正なリスク管理の下、「余剰資金」を投資して適切な金額の購入及び利益確定を心がけるようにしましょう。

そうすれば仮に価格が下がっても慌てることなく、冷静な判断が下せます。

ビットコイン投資のはじめ方

リスクを踏まえ、余剰資金を確保したらいよいよビットコイン投資デビューです。

ここからはビットコインの購入の仕方を一から丁寧に解説いたします。

基本的にはインターネット環境さえあれば、PCでもスマートフォンでも購入は可能です。

Step1.取引所を選択する

ビットコインは現在のところ銀行や投資信託会社では取り扱ってないので、「仮想通貨取引所」で購入することが最も一般的です。

様々な取引所がありますが、今回は積立投資(後述します)もできる国内大手取引所の「zaif」を例に解説いたします。

Step2.Zaifに登録する

登録手順はいたってシンプルです。

  1. 公式HPにアクセスしメールアドレスの登録
  2. 届いたメールのURLをクリック
  3. メールアドレスとパスワードの設定し、規約に同意して登録

zaifではこれだけでビットコインとモナコインの売買が可能になります。

その他のコインを購入したい場合は、本人確認書類の提出が必要となりますが、ビットコイン投資のためだけならこれで十分です。

Step3.日本円の入金

サイト内の左上にある「入出金と履歴」をクリックして、銀行振込かコンビニ決済か選びます。

選んだら必要事項を入力して、「受付番号」や「入金先の口座番号」を取得し、銀行かコンビニで手続きするだけです。

銀行振込かコンビニ決済どちらでも構いませんが、銀行振込は反映まで時間がかかることがあるので、急ぎの場合はコンビニ決済がオススメです。

Step4.取引を開始する

ただビットコインを購入するだけなら、「簡単売買」でできます。取引画面右上に簡単売買というタグをクリックすると下のような画面になります。

見ての通り、非常にシンプルなフォーマットなです。数量を入力しワンクリックで購入完了です。

ビットコインを安全に長期運用したいならZaifのコイン積立がおすすめ

先ほど少々触れました「Zaifの積立運用」について解説いたします。

ビットコインを長期保有し、着実に利益を増やしたい方、あるいはこういった投資そのものが初めてという方にオススメです。

Zaifのコイン積立とは

銀行の定期預金と同じで、毎月一定の額が自動的に口座から引き落とされ、取引所に入金されます。

そして、金額分のコインをやはり自動的に購入してくれるというシステムです。

Zaifではビットコインの他にイーサリアム、モナコイン、ネムが積立運用することが可能で、複数のコインを同時に積立ることも可能となっています。

Zaifのコイン積立を初心者におすすめする理由

なぜ積立運用は初心者向けなのか?その理由は積立運用が極力リスクを抑えた運用システムだからです。

投資の世界で以前からある有名な運用テクニックで「ドルコスト平均法」というのがあり、積立運用はそれに分類します。

例えば、毎月1万円を積み立てるとします。そして購入コインの1枚100円なら100枚、翌月に値段が上がって1枚500円になったら50枚の購入枚数となります。

つまり、「安い時に数多く購入し、高い時は少なく購入する」ことになります。

前述の通りビットコインは価格の乱高下が激しく、それが大きなリスクとなります。

しかし、この手法なら買い付けの平均値が下がるので、下落した時の損失を抑えることができます。

早い話が、リスク管理を自動でやってくれるようなものなので、初心者にはオススメと言えます。

まとめ

ビットコインはメディアなどで取り上げられ、バブルと称されるほどの盛り上がりで資金を何十倍〜何百倍にした人も珍しくありません。

しかし、そういった美味い話だけで手を出すのは危険であることは、これまでの記事で述べた通りです。

しかし、誤解しないでいただきたいのがビットコインが危険な訳ではなく「きちんと考えずに安易に投資に手を出すこと」が危険なのです。

ビットコインが有力な投資対象なのは間違いなく、しっかりと考えて適切な手法で投資すれば決して破産を招くような事態にはなりません。