ビットコイン決済の手順は?使えるお店を調査

仮想通貨の中でも特に主流となっているビットコイン。

そこには”利便性”という大きな理由があります。

”決済”についてはまだまだ課題が多いのが現状です。

資産を増やす目的でビットコイン取引をしている人も多いですが、

本来は、世界中の日常で利用できる通貨を目指しているものなので、今回はビットコインの決済について紹介していきましょう。

ビットコイン決済とは?

ビットコイン決済というのは、自分が所有しているビットコインを使って支払いや受け取りをすること。

つまり、今まで現金やクレジットカードで支払いしていたものを、ビットコインをはじめとした仮想通貨で決済行動を行うということです。

とは言っても、どこでもビットコイン決済ができるというものではなく、ビットコイン決済を導入している店であることが条件。

ほとんどのビットコイン決済では専用のQRコードを利用しますので、店側にもそれなりの装備が必要になるんですね。

現状ではビットコイン決済を導入している店が少なく、自分が思うように利用できないというのが課題となっています。

大手家電量販店のビックカメラでは既に全店舗でのビットコイン決済が可能になっていたり、ECサイトや飲食店などでも次々にビットコイン決済が導入されていますので、今後は徐々に使いやすくなることが期待されています。

ビットコイン決済が便利なのは世界共通通貨であること

”使える店が少ないなら意味ないんじゃない?”とも思われますが、ビットコイン決済には多くのメリットがあり、特に海外での支払いでは大いに活用できる決済手段となります。

ご存知の通り、私たちが普段使っている通貨は円であり、海外で支払いをする際には現地通貨に両替をする必要がありますよね。

その際には銀行を介す必要がありますから、手数料が発生します。

クレジットカードでも支払いは可能ですが、その場合は、利用したい店が取り扱っている国際ブランドと同じカードでないと支払いができませんし、場所によっては手数料を加算される場合も。

しかし、ビットコイン決済であれば銀行を介さず、国際ブランドを気にする必要もありません。

世界共通通貨としてスムーズに支払いができるのです。

もちろん、余計な手数料がかかることもありませんよ!

ビットコイン決済をする前に必要な準備

ビットコインの購入にはビットコインの取引所を利用しますが、ここでビットコインを保有していても決済には使用できません。

ビットコイン決済をするためには”ビットコインウォレット”が必要になり、ビットコインをウォレットに保管することで、初めてニットコイン決済が可能となります。

しかし、ビットコインに限ったことではありませんが、仮想通貨はインターネット上で管理される通貨ですので、決済の際にもインターネット環境が必須。

普段自宅のWi-Fiのみで通信を行なっている人が実店舗で決済する場合は注意が必要ですね。

ビットコインデビットカードという決済方法も

インターネット環境に左右されない決済手段として、最近ではビットコインに対応したデビットカードが登場しています。

有名どころでは、世界中のVISA加盟店で利用ができる「VANDLE CARD(バンドルカード)」や、発行枚数が最大規模となる「Wirex(ワイレックス)カード」などがあり、普段の支払いと同じような感覚でビットコイン決済をする方法も。

ただ、ビットコインデビットカードを使用する場合は、送金前に一度日本円へ変換されるため、チャージした時点で課税対象になります。

ですので、大きな金額を決済する場合や税金対策をしている人にとっては、ややデメリットになることも考えられるんです。

ビットコイン決済の仕組みと手順

ビットコイン決済は少々面倒くさそうなイメージがありますが、実際にやってみると非常に簡単です。

具体的な作業としては…

仮想通貨の送金方法
  1. スマホやタブレットでビットコインを保管しているウォレットにアクセス
  2. そこから店舗が提示しているQRコードをスキャン
  3. 入金用のアドレスを入力
これだけでビットコインが自動で送金され、支払いが完了となります。

こうして見ると、お財布携帯のような感覚で使うことができるんですね。

また、ビットコインデビットカードの場合でも、通常のデビットカード支払いと同じように使えますので、これといって難しいことはありません。

”秘密鍵や電子署名って必要なんじゃないの?”と思うかもしれませんが、大抵のビットコインウォレットでは運営会社側で秘密鍵を保管することになっているので、決済時には不要なのがほとんどです。

ビットコイン決済で気をつけたい4つのこと!

支払いの際にかかる様々な手数料が不要で、世界共通通貨としてそのまま使えるビットコイン決済ですが、使う際に気をつけておくべきこともいくつかあります。

主な注意点としては4つがあり、これらはビットコイン決済を使う全ての人に共通するものと言えるでしょう。

4つの注意点
  1. ビットコインの価格変動
  2. 送金の遅延
  3. 誤送金
  4. 秘密鍵がわからなくなる

安全で快適な決済を行うためには、デメリットとなる部分までしっかりと理解することが大切ですので、ここでは4つの注意ポイントについて確認していきましょう。

価格変動がある

仮想通貨の価格は常に変動しているもので、時折乱降下が激しくなることも多々ありますよね。

そのため、入金額が変動しない電子マネー感覚では使えないということです。ビットコインは保有している限り、増えたり減ったりするものですから、”いざ決済しようとしたら不足していた…”なんてことも十分あり得ます。

ですので、ビットコインの価格変動については常に気をつけておく必要があるのです。

送金は最短でも10分でかかる

ビットコイン決済が反映されるまでの時間は明確にはされていませんが、取引所によって異なるのが一般的です。大抵の場合は30分〜1時間くらいとされているものの、1時間以上経っても確認できないこともしばしば…。

銀行を経由する送金に比べれば断然スピーディーですが、現金でのやり取りと比べると多少なりともストレスがあるのが現状です。高い送金手数料を払えば早急な決済も可能となりますが、それではビットコイン決済を使うメリットが減少しまいますよね。

しかし、送金の遅延はビットコインの技術的な問題として注目されている部分なので、既にさまざまな解決方法が開発されているんです。

中には”1秒で送金できる”システムを開発しているということも耳にしますので、今後は送金が瞬時に反映されることも期待ができそうです!

送金先を間違えると戻せない

ビットコイン決済を行う際に必ず必要になるのが”送金先のアドレス入力”ですが、これを間違えてしまった場合、送金したビットコインはほぼ取り戻せないと思った方が良いです。

もちろん、入力したアドレスが存在しなければ送金されずに済みますが、万が一実在するアドレスだった場合はそのまま送金され、取り戻せたとしても非常に手間と時間を要します。

また、匿名である可能性が非常に高いので、マネーロンダリングという強硬手段が必要になる場合もありますので、こういったリスクも頭に入れて使うようにしましょう。

ウィレット の秘密鍵の紛失

大抵のビットコインウィレット や、スマホやタブレット端末で使えるモバイルアプリウォレットでは、決済時に秘密鍵を使うことがありませんが、中には決済時に本人確認を必要とするビットコインウィレットもあります。

もしくは、ウィレット にアクセスする際に秘密鍵が必要となり、自分の秘密鍵を紛失してしうと、ウォレット内に保有しているビットコインを取り出せなくなります。

決済だけに限らず、仮想通貨で取引を行う場合は何かと必要になる秘密鍵ですので、自分がわかりやすいところに保管するように気をつけましょう。

ビットコイン決済が使える店

全世界を含めて考えると、ビットコイン決済が使える店というのはかなり多くなりますが、そのほとんどは都市部に集中しているもの。なぜなら、外国人観光客が大きなターゲットとなっているからなんですね。

これは日本国内でも同じことが言えるのですが、さらに多くの利用者を増やすために「ビットコインモール」という通販サイトや、送金時間を短縮できる「bitWire SHOP」を導入している実店舗が数を増やしています。

首都圏でビットコイン決済が使える主な店

旅行会社 HIS 都内9拠点、首都圏38店舗
 量販店・百貨店  ヤマダ電機  Concept LABI YOKYO、LABI新宿東口館
 マルイ  アネックス
 ビックカメラ  池袋本店、新宿東口店、新宿西口店、渋谷東口店、有楽町店、ビッグカメラAKIBA
飲食店 聘珍樓  横浜本店、SARIO中華街店、SARIOワールドポーターズ店、日比谷聘珍樓、吉祥寺聘珍樓、大阪聘珍樓、小倉聘珍樓ANNEX
 サロン・病院・各種サービス  東京銀座シンタニクリニック 東京都中央区銀座(歯科医院)
 Nail ao(アオ)  東京都世田谷区三軒茶屋(ネイルサロン)
 株式会社べべライス  東京都港区赤坂(不動産)
 ジャパン・ダンス・アート  東京都新宿区四谷坂町(ダンススタジオ)
大澤税務会計事務所  東京都荒川区西日暮里(会計事務所)
安心お宿 東京都新宿区新宿(豪華カプセルホテル)

こうして見るとビットコイン決済を導入している店が少ない感じがしますが、ここにまとめたのはあくまでも首都圏の一部となっていて、細かく調べると全国各地に点在しているんです。

現状ではやはり東京や名古屋、大阪といった都市部が多くなっていますが、今後大型チェーン店が続々参入してくることによって、ビットコイン決済が使える店が一気に広がることも予想されています。

ビットコイン決済手順のまとめ

”まだまだ使い勝手が悪い”と言われているビットコインですが、日本を含めた世界各地では確実に浸透してきており、今ストレスになっていることやリスクについても改善されていくことでしょう。

ビットコイン特有である送金の遅延は既に改善傾向にありますし、誤送信や秘密鍵の管理についても更に使いやすくなるかもしれませんね。

ビットコイン決済についてまだ不安を感じる人はいると思いますが、実際に使いながら知識を深めていくのがいちばん理解しやすい方法だと言えます。
皆さんも今回紹介した注意点に気をつけながら、ぜひ一度ビットコイン決済を使ってみてくださいね!