5分で出来る!ビットコインの口座開設方法を徹底解説

SHARE

5分で出来る!ビットコインの口座開設方法を徹底解説

今回はビットコインの口座開設方法を詳しく解説します。

ビットコインや他の仮想通貨の売買で稼ごうと思っても、どの取引所がいいのか調べたり、最初の口座開設が面倒に感じますよね。

そこで、国内取引所で人気の高い「Zaif」と、アルトコインやトークンが豊富な海外取引所の「Binance」の口座開設方法を1ステップずつ解説します。

今回解説する2ヶ所以外も多くの取引所がありますが、どの取引所も同様の流れで口座開設ができます。

おおむね5分で登録できるので、ぜひ一緒に進めていきましょう!

Zaifの口座開設を始める

Binanceの口座開設を始める

1.なぜZaifとBinanceを開設するのか?

今回2つの取引所の口座開設を行いますが、なぜ2つ必要なのか?と疑問に思う方もいるでしょう。

ビットコインだけを取引するなら、国内取引所のZaifだけあれば十分です。しかし、ある程度取引に慣れてくるとアルトコインやトークンも含めて売買する人が非常に多くなります。

でも、国内の取引所は有名なアルトコインが数種類〜15種類しかありません。

投資対象が多い方がリスク分散ができ、万が一保有コインが暴落した時の損失が抑えられます。

Zaifの特徴
  • ビットコインの手数料がマイナス手数料で売買するほどお得!
  • 有名どころのアルトコインは取り揃えている
  • 利用者がかなり多いから安心して使える!
Binanceの特徴
  • アルトコインやトークンが100種類以上
  • 手数料が最安値の05%(BNB所持の場合)
  • 新興取引所ながら取引量が世界トップレベル

つまり、ビットコインやビットコインキャッシュ、ネムなどの有名なアルトコインはZaif、それ以外の仮想通貨はBinanceと使い分けた方が安全ということです。

他にもたくさんの取引所がありますが、これから始める方はこの2ヶ所が手数料が安く使いやすいのでオススメ!まずはZaifとBinanceで仮想通貨売買をスタートしましょう。

2.カンタン4ステップ!国内で大人気のZaifを口座開設する

それでは、ここからZaifの口座の開設手順をお伝えします。

解説ではスマホの画面で手続きを行っていますが、パソコンでも同じ項目が画面に表示されるので同様に進めてください。

Zaifの口座開設手順は4ステップ
  • メールアドレスを登録
  • 基本情報を登録
  • 本人確認
  • 2段階認証の設定

Zaifの口座開設ページはこちら

Zaifの口座解説手順①:メールアドレスを登録

Zaifの口座開設ページにアクセスすると、このような画面が表示されます。

Zaifからのメールを受け取るアドレスを入力し、「無料登録へ」を押すと次の画面になります。

この画面が表示されたら、入力したメールアドレスへ登録ページへの案内メールが届きます。

受信したメールのURLから登録画面に移動しましょう。

なお、スマホキャリアのメールアドレスを登録てメールが届かない場合、「@zaif.jp」を受け取れるようにしてやり直してください。

スマホキャリアのメール設定確認方法

ユーザー登録画面では、「利用規約」と「重要事項説明」に同意し、パスワードを決めます。

ただし、初めは利用規約と重要事項説明の同意にチェックできません。

それぞれ一度開いて、各規約の一番下にある「前の画面に戻る」ボタンるとチェックできるようになります。

2つのチェックが入れられたら、パスワードを決めて「同意して登録」を押してユーザー登録が完了します。

Zaifの口座解説手順②:基本情報を登録

続いて、取引開始のために基本情報を登録します。

メールアドレスの登録が終わった直後の画面にある「基本情報が登録されていません」を押すと入力画面に移動します。

ここは氏名や連絡先を登録するだけなので、上から順に入力すればOKです。

入力が終わったら「お取り引きを開始するには・・・?」から本人確認に進みます。

Zaifの口座解説手順③:本人確認

Zaifの本人確認は、基本的に免許証の写真で行います。その他にも使える書類はありますが、書類によって必要な部分、写真の枚数が異なります。

免許証は表面、裏面の両方の写真だけで楽なのでオススメです。

また、免許に記載された氏名・住所・生年月日と基本情報の登録内容が異なると通りません。

引越しや結婚など、記載情報と免許の内容が異なる方は最寄りの警察署で書き換えるか、他の書類で申請しましょう。

免許の表面・裏面の画像をアップロードすると、「本人確認の申請をする」が押せるようになります。

本人確認の申請後の流れ

申請が終わると、3〜4日で登録住所にZaifから郵送物が届き、その中に「本人確認コード」が書かれた書類が入っています。

郵送物が届いたらZaifにログインして「郵送による本人確認」画面に本人確認コードを入力すれば、仮想通貨の取引ができるようになります。

ここで必須の手続きは完了ですが、セキュリティを強化するため2段階認証を設定しておくことをオススメします。

Zaifの口座解説手順④:2段階認証

Zaifでは、セキュリティ対策の一環として「2段階認証」を採用しています。

2段階認証を設定すると、メールアドレスとパスワードに加え、数十秒ごとに変化する自分専用の数字を入力しないとログインできません。

不正アクセスの被害にあう可能性を大幅に下げられるので、取引を開始する前に必ず2段階認証を設定しましょう。

「メニュー → アカウント」と進み、次の画面から2段階認証の設定に入れます。

2段階認証は、AndroidやiPhoneのアプリを利用して設定します。設定ページに複数のアプリが表示されますが、OSに関わらず最上段のGoogle製のアプリが一番信頼できるでしょう。

この解説ではGoogle Authenticatorを利用して進めていきます。

ご利用中のスマホに合ったアプリのインストールが終わったら「2段階認証の設定を開始」をタップします。

次の画面ではQRコードが表示されるので、パソコンで設定している方は、インストールした認証用アプリでQRコードを読み込めばOKです。

スマホで設定している方は、インストール後に設定画面内のURLをタップすると自動的に認証コードの登録が完了します。

最後に2段階認証アプリに表示された6桁の数字を入力し「確認」を押せば設定完了です。

2段階認証設定後は、Zaifにログインする時や出金する時など、重要な操作では2段階認証の番号が聞かれます。慣れるまで面倒に感じると思いますが、安全に取引するために必ず設定しておきましょう。

Zaifの口座開設ページはこちら

3.サクサク3ステップ!人気の海外取引所 Binanceの口座開設

続いて海外取引所で人気のBinanceの口座開設手順を開設します。Zaifと基本的な流れは同じですが、英語表記であることと、本人確認しなくても取引できる点が異なります。

なお、本人確認や2段階認証は基本的にパソコン用のブラウザで行います。スマホやタブレットしかない方は「PUFFINBROWSER」など、強制的にPC表示にするブラウザで対応可能です。

Binanceの口座開設の流れ
  • メールアドレス・パスワードの登録
  • 本人確認
  • 2段階認証の設定

Binanceの口座開設ページはこちら

Binanceの口座解説手順①:メールアドレス・パスワードの登録

Binanceの口座開設ページにアクセスすると、次の画面になります。

画面右上の「Register」から、アカウント登録画面に進みましょう。

ここで登録するEメールアドレスとパスワードを決めて入力しましょう。

Binanceのパスワード条件
  1. 英数字で8文字以上
  2. 必ずアルファベットの大文字と小文字、数字を混ぜる

つまり、「Password2018」ならOKですが、「password2018」や「password」ではNGということです。

また、各種SNSやAmazonなどのショッピングサイトとは違うパスワードにした方が安全でしょう。

入力を終えて「Register」を押すと次の画面が表示されます。

わかりにくいのですが、スライダーを右に動かすと、パズルピースとはめ込む穴が表示され、ピッタリ合わせると次の画面に進みます。

パズルが成功したら画面が自動的に変わり、登録したメールアドレスに認証メールが届きます。

「Verify Email」を押してブラウザで開くと、メールアドレスの登録は完了です。

これでBinanceの口座開設は完了です。次の本人確認や2段階認証はパソコンから手続きを行いましょう。

Binanceの口座解説手順②:本人確認

続いて本人確認を進めていきます。Binanceでは本人確認は必須ではありませんが、未確認では24時間の出金が2BTCまでしか取引できません。

つまり、多く取引する日でも200万円分の取引に満たなければ、本人確認はしなくても大丈夫です。

本人確認はパソコンから行います。今までスマホで登録を進めていた方は、パソコンでこちらからログインしてください。なお、今回は免許証で本人確認を行う場合を解説しています。

ログインすると次のような画面になるので、「Submit Verification Documents」をクリックします。

次の画面で個人か法人か聞かれるので「Personal」で進みます。

ここからは個人情報の入力と本人確認書類をアップロードします。

Binance本人確認の入力項目

First Name:下の名前

Last Name:姓

Gender:男性はMale、女性はFemaleを選択

Country And Territory:居住国を選択(「j」と入力すると候補が出ます)

Passport ID:免許証の番号を入力

一通り入力できたら、入力欄の下から本人確認書類の画像をアップロードします。

免許証の場合、次の3枚を撮影して送ります。

免許は3枚撮影する
  1. 免許の表面
  2. 免許の裏面
  3. セルフィー

3つ目のセルフィーが少しわかりにくいですが、ネットで拾った免許証の画像での本人確認を防ぐため、免許と一緒に自撮りした写真が必要になります。また、日付と「Binance」を書いたメモも一緒に撮影しましょう。

また、免許の表面の画像は、できれば英語で表記内容を書き足しておいた方がいいでしょう。

入力と画像の添付が終わったら「Submit」を押して審査完了を待ちます。

Binanceの口座解説手順③:2段階認証の登録

続いて、2段階認証を設定しておきましょう。

Binanceの2段階認証はSMS(ショートメッセージ)と認証用のアプリが利用できます。

ただ、登録時は先にSMSを登録してからアプリの設定の順に行います。

アカウント画面からSMS Authenticationの「Enable」をクリックします。上記画像は登録後になっていますが、「Disable」の位置に「Enable」が表示されます。

次の画面のPhone Numberに電話番号をハイフンなしで入力し、「Send SMS」をクリックしましょう。

60秒以内にSMSに記載された6桁の番号をSMS Authentication Codeに入力し「Submit」を押せば設定完了です。

SMSが設定できたら、アカウント画面からGoogle Authenticationの右側の「Enable」をクリックします。

ここでもアプリをインストールするように促されるので、まだインストールしていない方は入手してから「Next Step」で進みます。

この画面にはあなた専用のQRコードが表示されます。

Googleの認証アプリを起動し、画面右上の「+」から「バーコードをスキャン」を選んでQRコードを読み取りましょう。

または、QRコードの右側にある文字列を手動で入力してもOKです。どちらかを済ませたらNext Stepで進みましょう。

次のステップでは、画像で文字列が表示されます。この文字列は最後の画面で必要になるので、パソコンのメモ帳などに書き写しておきます。

次が最後のステップで、これまで準備してきた2段階認証に必要な情報をすべて入力します。

入力項目

Key:1つ前の画面でメモした文字列を入力

Login Password:ログイン用のパスワードを入力

SMS Authenication Code:Send SMSを押して送信される6桁の番号を入力

Google Autheniccation Code:Googleの認証アプリに表示されているコードを入力

すべて入力が終わったら「Enable Google Google Authentication」を押せば2段階認証は完了です。

4.ビットコインの口座開設まとめ

今回は人気の高い2つの仮想通貨取引所の口座開設方法をお伝えしました。この2つの取引所は、ビットコインや他の仮想通貨を取引する多くの方が利用しています。

それだけ信頼性も利便性も高い取引所なので、初めての方でも安心して使えるということですね!

もちろん、他の仮想通貨取引所も同様の流れで口座開設ができます。

仮想通貨取引所の口座開設手順
  1. メールアドレス・パスワードの登録
  2. 基本情報の登録
  3. 本人確認
  4. 2段階認証などセキュリティの設定

仮想通貨だけでなく株式投資やFXなど、ネット上の取引は常に不正アクセスのリスクがあります。個人でできるリスク回避として、複数の取引所に資産を分散するのは大切なことです。

まずは今回の2つの取引所を使って、ぜひ仮想通貨の売買をスタートしてください!

Zaifの口座開設ページはこちら

Binanceの口座開設ページはこちら