始める前に確認したい!ビットコイン(Bitcoin)のメリット・デメリットは?

bitcoin

SHARE

始める前に確認したい!ビットコイン(Bitcoin)のメリット・デメリットは?

最近テレビや新聞、雑誌などあらゆるメディアで『ビットコイン』という言葉を目にする機会が増えてきました。

なんとなく気にはなるけれど「得体の知れないものに感じて怖い」、「損しそう」と思っている人も多いかもしれません。

今回はこれからビットコイン(Bitcoin)を買いたい、始めたいという方に向けてビットコイン(Bitcoin)のメリット・デメリットをわかりやすく解説していきます。

この記事を読めばビットコイン(Bitcoin)とは何なのか、そしてメリット・デメリットに関してもしっかりと理解し安心して始めることができます。

ビットコイン(Bitcoin)とは?

そもそもビットコインとは何なのでしょうか。

ビットコインとは、一言で言えば実態を持たないバーチャルなお金(仮想通貨)です。

これだけだと少しわかりづらいので、噛み砕いて説明していきます。

まず、仮想通貨というのは「仮想」の「通貨」です。
通貨と名乗っているため「円」や「ドル」などの法定通貨と基本的な用途は同じだと思って頂いて構いません。

円やドルとなにが違うかというと、ビットコインは実際には存在しない通貨ということです。
100円玉や1ドル札のように1BTCというコインや紙はありません。

すべてオンラインを通じて決済や送金をされるため、仮想通貨といいます。

正確には違いますが、世界中どこでも使うことができる電子マネーと考えて頂ければイメージしやすいかと思います。

ビットコイン(Bitcoin)のメリット

円やドルがあるのに、わざわざビットコインを使う必要はあるのでしょうか。
ここではビットコインのメリットを解説していきます。

非中央集権型の通貨

円やドルは法定通貨と呼ばれており、中央銀行がその通貨の全てを管理しています。

日本の場合ですと、日銀が日本円の発行や流通量の管理をすることにより金利や景気に影響を与えています。
つまり極端な話、政府や日銀のさじ加減次第では日本円の価値が左右されることもありえます。

このような一元的な管理者がいる体制を、中央集権型と呼びます。

これに対して、ビットコインのような仮想通貨は非中央集権型です。
非中央集権型とは中央銀行のような管理者が存在しておらず、それぞれの参加者が承認し合う形でその価値を保っている体制のことをいいます。

難しい言葉が続いてしまいわかりづらいと思いますので、下の図を見てください。

左が日本円などで使用されている従来の中央集権型のシステムです。
中央に管理者がいて、すべての通貨がそこから発行、管理されています。

右がビットコインで使用されている非中央集権型のシステムです。
管理者が存在しておらず、ネットワークに参加している人たちが主体となり、自分たちの手で運用しています。

非中央集権型にすることにより誰かが一元的に管理をするのではない、「民主的な通貨」が実現できるようになります。

国境がない

先ほど『ビットコインは世界中どこでも使うことができる電子マネー』のようなもの、と表現しました。

もしアメリカに旅行へ行くとしたら両替所で日本円をドルに両替しなければいけませんでした。

当然ですが為替レートの変動や手数料により、もともと持っていた金額よりも減ってしまいます。

今までは日本では日本円、中国では人民元、アメリカではドル、ヨーロッパではユーロなどそれぞれの国で使える通貨が違うのが当たり前でした。

しかし先ほど見たように、ビットコインはどこかの政府によって管理をされているわけではありません。

そのため、ビットコインはどこの国でも同じように使用することができる『真の国際通貨』ということができます。

送金手段に適している

なかなか普段海外へ送金する機会がなくイメージしづらいかもしれませんが、ビットコインの大きなメリットの一つとして海外への送金に適していることが挙げられます。

今までの場合、海外へ送金をするには銀行を経由しなければなりませんでした。

わざわざ銀行まで足を運ぶ手間や時間がかかり、間に人が何人も入ることで手数料も高くつきます。

しかしビットコインを使えば銀行を経由せずに、簡単なアプリの操作だけで相手に直接送ることができます。

そのため送金スピードが速く、手数料もほとんどかかりません。

今後は仕送りや出稼ぎに来た外国人労働者が家族へ送金する際の手段として、ビットコインが使われることも増えるでしょう。

投資対象となる

一般的に『投資』と聞くと株やFX、不動産投資をイメージするかもしれませんが、実はビットコインは実用的な用途だけではなく投資対象にもなります。

投資の世界の常識として『分散投資』という投資方法があります。

日本円だけで貯金をしておくと、日本円の価値が暴落した時に大変なことになってしまいます。

そのような事態を避けるためドルやユーロなどの外国通貨や不動産などの現物資産に資産を分散させ、リスクを分散させる投資方法を『分散投資』と呼びます。

最近ではこの投資先の一つとして、ビットコインを選ぶ人が増えてきました。

また、価値変動が大きいこともビットコインの魅力の一つです。
1年前の2017年4月ではビットコインの価格は約12万円でしたが、その8か月後の12月には200万円を突破しました。

4月の段階で100万円分のビットコインを購入してピークで売り抜ければ、なんと1,500万以上もの利益が出たことになります。

これは株や不動産投資とは比べられないほどの利益率の高さです。

このビットコインの高騰により、いわゆる『億り人』と呼ばれる資産が億を超える資産家が誕生しました。

最近では仮想通貨の規制などマイナスな報道により一時期よりは価格が下がっていますが、専門家やAIの中には将来的に1,000万円を超えると予想している人もいます。

資産の一部をビットコインに投資することにより、将来大きなリターンが見込めるかもしれません。

インフレがない

以前、ジンバブエドルがハイパーインフレに陥り廃止されたとして、ニュースになりました。

なぜこのようなことが起こってしまったかとい

うと、財政赤字によりジンバブエの中央銀行が政府に求められるまま紙幣を発行したからです。

極端な話、これは通貨の発行上限が定めらていない日本でも起こりうることです。

しかしビットコインは発行上限が2100万枚と決まっています。
そのためビットコインが増えすぎて価値が下がるということを防止しています。

ビットコイン(Bitcoin)のデメリット

今まで見てきたように、ビットコインには円やドルにはない様々なメリットがあることがわかりました。
しかし、もちろんデメリットも存在します。

ここからはビットコインのデメリットを紹介していきます。

ボラティリティが大きい

ボラティリティとは価格変動の度合いを示す言葉です。
ボラティリティが大きい、というのは価格変動が大きいということです。

先ほどビットコインのメリットとして『投資対象』を挙げました。
数ヶ月で20倍以上にも値上がりをしたビットコインですが、裏を返せば急激な価格の低下も起こりうるということです。

少し前までは1BTCあたり200万円でしたが、最近では100万円前後を行き来しています(2018年3月15日現在)。
200万円あった資産が数ヶ月後には半分になってしまったということも十分あり得る話です。

ニュースでもこのような暴落が大きく報じられ、ビットコインに対するマイナスイメージを抱いている方もいると思います。

価格が安定していないというのは投資先として魅力的な反面、場合によっては大損をする可能性もあるということです。

安易に大きな金額の投資はせず、ビットコインの性質をよく理解した上で余剰金を用いて購入しましょう。

実店舗で使える店が少ない

ビットコインは国境がない通貨であるため、世界中どこでも使うことができます。
先ほどメリットで挙げたように、ビットコインを使えば両替などの手間を一切かけずにスマホから決済できます。

しかし、ビットコイン決済を導入している店舗が少ないというのが現状です。

いくらビットコインが『国境がない通貨』だとしても、実際に使用することができなければ意味がありません。

アメリカ、ヨーロッパを始めとする先進国では導入も進んでいますが世界中で導入するにはやはり時間がかかってしまいます。

いかにスピーディに対応店舗を増やしていけるか、というのが今後ビットコインが普及していくための課題となってくるでしょう。

ハッキングのリスク

ビットコインには従来の通貨にはない魅力がたくさんありますが、ネット上で完結するだけにハッキングのリスクがあります。

特にハッキングされるリスクがあるのは、仮想通貨の取引所です

2014年に『Mt.Gox(マウントゴックス社)』という仮想通貨の最も大きい取引所を運営していた会社がハッキングされ、75万以上ものビットコインが盗まれました。

現在のレートに換算すると約7500億という膨大な金額ですが、この事件をきっかけにMt.Gox社は破綻しました。

また、最近ではCoinCheck(コインチェック)という国内最大の仮想通貨取引所がハッキングされ、Xem(ネム)という仮想通貨が盗まれました。

こちらは総額580億円にも登り、メディアでも連日放送されました。

このように仮想通貨の取引所がハッキングされ、自分の資産が無くなってしまう可能性があります。

購入した通貨は取引所に置きっぱなしにせず、専用のウォレットで保管しましょう。

国による補償がない

日本円は日銀が管理している中央集権型による通貨です。
そのため日銀により日本円の発行枚数や価格が左右されてしまいますが、万が一の時は保証をしてくれるというメリットもあります。

具体的には、銀行などの金融機関が潰れてしまった場合は1,000万円までの預貯金は戻ってきます。

しかしビットコインには、このような保証制度がありません。
例えば先ほど挙げたように取引所がハッキングされ破綻したとしても、取引所にあった自分の資産を国が保証してくれる制度がない、ということです。

まとめ

最近ではメディアでビットコインに関するマイナスな情報がよく流れるため、悪いイメージを持っていた方も多いのではないでしょうか。

しかし今まで見てきたように、ビットコインには既存の通貨にはないようなメリットがたくさんあります。

現在はまだ使える店舗が少なく実用的とは言えないかもしれません。
しかし、アメリカを始め、様々な国でビットコイン決済を導入する店舗が増えてきました。

今後ますます仮想通貨市場は大きくなっていくと予想されています。
これを機にビットコインを始めてみてはいかがでしょうか。

ただし、仮想通貨はまだまだ始まったばかりで今後何が起こるかわかりません。
最近起こったような仮想通貨取引所のハッキングがまた起きる可能性もあります。

必ずセキュリティは万全にし、投資する金額も余剰資金から出すようにしましょう。

そうすれば安心してビットコインを始められるはずです。