ビットコインの損失を防ぐルールとは?仕組みと危険回避の方法を解説

2017年は「仮想通貨元年」とも呼ばれ、代表格のビットコインをはじめ多くの人に仮想通貨の存在が知れ渡る年となりました。

ビットコインで「億り人」と呼ばれる億万長者になった人もいる一方で、大きな損失を出してしまった人もいます。

これにはビットコインの価格が安定せずに高騰と下落の差が激しいことが影響しています。

しかし、ビットコインで損失を抱えてしまう原因は単に価格変動だけではありません。

取引次第では借金を背負い、破産してしまう危険性もあるのです。

恐らく、ビットコインについて「存在は知っているけど仕組みは良く分からない」という方がまだまだ多く、興味はあっても怖くて手を出せない人も多いのではないでしょうか。

ビットコインの取引をするにはメリットとデメリットを理解し、リスクをきちんと把握しておかなければなりません。

リスク1:取引によって「損失」と「借金」が生まれる

ビットコインの通常の取引で借金を背負うことはありませんが、取引の内容によっては借金を背負ってしまうこともあります。

まずは、2つの取引内容の仕組みについて理解を深めていきましょう。

現物取引による損失

通常ビットコインを購入する場合は現物取引によって行います。

例えば

1BTC=50万円で販売

50万円で1BTCを購入

この様に、ご自身の資金の範囲内で物を購入することを意味しています。

普段の買い物とイメージして頂ければ簡単ですね。

現物取引の特徴は、損失を出したとしても最悪ゼロになるだけで借金を背負うことはありません。

信用取引による借金

株やFXにも使われますが、ビットコインでも信用取引ができます。

信用取引とは「第三者に信用してもらい、自分の持っている資金以上の取引ができる」取引です。

ビットコインで例えると、第三者が取引所になりますね。

いわゆる「レバレッジ取引」と呼ばれるものですが、自己資金を担保にお金を借りて取引をすることです。

例えば、自己資金50万円を担保に200万円分の取引をした場合、自己資金の4倍の取引をしたことになります。

利益が出れば4倍の利益ですが、逆に損失も4倍になるリスクがあります。

実際にはロスカットによって借金になる前に強制的に決済をしてくれるシステムがあります。

しかし、価格変動が非常に大きい場合やロスカットが遅れてしまうといったことがあると借金になる可能性もありますので注意が必要です。

理解ポイント

現物取引によって購入すれば借金になることはない

信用取引はハイリターン・ハイリスク

ビットコインの損失を最小元に抑えるには、余剰資金で現物取引で取引するのがベストですが、信用取引は大きな利益も狙えるので有効的に使えれば強力な取引方法です。

リスク2:税金による破産問題

ビットコインで大きな利益を得た人に降りかかる問題が税金の問題です。

利益があっても下手をすると損失どころか借金にさせえもなり得ます。

税法上、ビットコインで得た利益は総合課税の「雑所得」として扱われ課税対象となりますので確定申告が必要になってきます。

確定申告が必要な人

ポイント

1:給与収入が2,000万円を超える人

2:給与以外の収入が年間20万円以上ある人

3:2か所以上の会社から一定額の給与を得ている人

4:個人事業主の使用人などで源泉徴収が行われていない人

ビットコインで得た利益が20万円以上ある人は「給与以外の収入が年間20万円以上ある人」に該当する為、確定申告をする義務が発生します。

総合課税の雑所得は損益通算・繰越控除ができないのでビットコインで損失を出してしまっても給与所得と相殺することが出来ません。

所得税の計算方法

課税させる所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円~330万円以下 10% 97,500円
330万円~695万円以下 20% 427,500円
695万円~900万円以下 23% 636,000円
900万円~1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円~ 45% 4,796,000円

例えば年間のビットコインの利益が500万円だった場合

500万円×20%(所得税率)-427,500円(控除額)=572,500円

仮想通貨で得た利益は所得税と合わせて10%の住民税が課税されますので

500万円×10%(住民税)=50万円

税金の合計=1,072,500円

この様に、ビットコインで得た利益が大きければ大きい程、課税額も大きくなります。

大きな利益を得たからと言って利益をそのまま買い物などに使ってしまうと税金が払えなくなるといった危険もあります。

ビットコインの取引をするならば税法について熟知しておかないと思わぬ損失を抱えてしまいます。

注意

ビットコインで20万円以上の利益があるにもかかわらず確定申告をしないのは「脱税」です。

無申告はペナルティを課せられることもあり、悪質な場合は逮捕される可能性もあります。

リスク3:予測が付かない仮想通貨特有の損失

ここまでは、ビットコインを取引するユーザーの意識一つで損失を回避したり最小限に食い止めることができましたが、予測のつかない損失に対しても意識する必要があります。

ビットコイン自体がリスクである

ビットコインはブロックチェーンのシステムによって不正ができない世界共通の通貨として未来に高い期待が寄せられています。

しかし、ビットコインのシステム自体が無くなってしまったらどうでしょうか?

ビットコインのシステム自体が崩壊してしまえばどんなに保有していたとしても価値はゼロになります。

ビットコインはまだまだこれから伸びる市場ですので限りなく低い可能性ではありますが、投資する金額は「最悪ゼロになっても後悔しない金額」で投資を行いましょう。

取引所のリスク

ビットコインの取引には仮想通貨取引所を利用しますが、最も気を配らないとならないのが何処の取引所を利用するかです。

度々、仮想通貨流出などのニュースも流れますが取引所のリスクには主に次の3つが当てはまります。

1:ハッキングによる損失

2:取引所の破綻による損失

3:取引所のシステムトラブルによる損失

この様に、ユーザー自身では予測が付かない損失リスクが取引所にもありますので取引所選びは慎重に決める必要があります。

損失を回避する3つの鉄板ルール

ビットコインの取引で損失を回避する鉄板ルールを記載致します。

全てが自己責任になる取引となるので、以下のルールはしっかりと守りましょう。

ルール1:余剰資金で取引をする

価格変動の大きいビットコインは1日で10%以上値動きを見せることもざらにあります。

現物取引で行うにしても自身の許容範囲を超えて投資をするのは避けましょう。

損失を出してしまったとしても痛手を負わない余剰資金で行うのことを意識しましょう。

ルール2:利益の対する税金分の把握

先ほど触れた税金の計算方法を理解しておけば問題はありません。

ビットコインの価格変動が変動が大きいということは利益を出せる可能性も高いと言えます。

突然大きな利益を得た場合には、幾らの税金がかかるのかをしっかりと把握して税金で支払わなければならない資金は別の口座に移すなりして管理を徹底しておくと良いでしょう。

ルール3:セキュリティーの高い取引所の選択

ビットコインの取引をする場合には、手数料や使い勝手の良さなども踏まえて取引所を選ぶことになりますが、損失を防ぐ為に最重要なポイントはセキュリティーです。

実際、ビットコインが「怖い」とよく聞く言葉はハッキングによる仮想通貨流出事故などによる影響が大きいでしょう。

取引所内でのこうした事故はユーザーが事前に知ることが出来ない為、信用できる取引所を利用するのが思わぬ損失を防ぐ鍵となります。

安全な国内取引所を3つご紹介

安全に定評のある国内の取引所を総合的に判断して抜粋致しました。

ビットコインの取引を行う上で重要になる取引所選びの際に是非参考にして下さい。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは国内の仮想通貨取引所としては1位、2位を争う大手の取引所です。

セキュリティ格付けでは、世界で140ヵ所ある仮想通貨取引所のうちに見事第一位に輝きました。

ハッキングの可能性が否定できない仮想通貨市場だからこそ、資産を預けても安心できるbitFlyerは利用するべき取引所です。

ポイント
セキュリティ格付けで世界No.1の評価

国内大手の信頼できる運営体制

bitFlyer業務改善命令について
2018年6月22日(金)更新 現在bitFlyerは金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。

bitbank(ビットバンク)

bitbankは資産管理体制にこだわりを見せる信頼度の高い取引所です。

ビットコインなどの仮想通貨の資産管理はPCやスマートフォンなどと同様に常にオンライン環境にあり攻撃に合うリスクがあります。

bitbankは「コールドウォレット・マルチシグ」採用により外部からの攻撃だけではなく、bitbank内部の攻撃であってもリスクを回避することができる仕組みになっています。

ポイント
コールドウォレットによるインターネット攻撃への対策

マルチシグによる内部の攻撃への対策

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEXでは100%コールドウォレット・マルチシグを徹底して採用しています。

外部や内部の不正にも強い体制に加えてプライベートサーバーを使用している運営体制も高く評価されています。

また、出金する際には仮想通貨アドレスを発行して更に2段階認証を行う「ホワイトリスト化」と呼ばれる対策も行っています。

これにより、アドレスのアクセス権がなければ出金することが出来ない為、不正出金のリスクを低くすることが出来ます。

ポイント
100%コールドウォレット・マルチシグ採用

ホワイトリスト化による不正出金防止

ビットコインの損失を防ぐルールまとめ

ビットコインの損失の仕組みや回避するルールについて解説してきました。

損失を100%回避することは不可能ですが、より安心・安全に取引する為には大切なルールです。

しかし、そんな難しい話でもなく基本的な事を気を付けていればビットコインの取引は怖いものではありません。

ビットコインは将来の人生を豊かにしてくれる可能性を秘めた素晴らしい投資方法と言えるでしょう。