ビットコインの売買方法を徹底解説!オススメの購入方法とは?

仮想通貨と言えばやはり「ビットコイン」ですよね。

未だ不動の人気と地位を誇っていますが、「買い方」や「売り方」について皆さんはどの程度ご存知ですか?

仮想通貨を売買する方法はひとつではなく、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

今回はビットコインの売買方法を解説しつつ、おすすめの購入方法を紹介していきましょう。

ビットコインはどうやって入手できる?

仮想通貨は「通貨」と名前がついているものの、普段私たちが使っている「法定通貨」とは似て非なるものです。

そもそも「円」や「ドル」などは国が発行するお金ですよね?

いっぽう仮想通貨の場合は、特定の期間が発行・管理しているわけではなく

いわば利用者の中でコインが生み出されたり、管理が行われているようなイメージです。

感覚的には「金(Gold)」や「宝石」なんかに近いかもしれません。

というのも金や宝石を手に入れるには以下のような方法が用いられるからです。

  • 採掘する
  • 個人間で売買もしくは贈与する
  • 店舗やバイヤーから購入する

この3つの方法と似た形で、ビットコインも入手が可能です。

  • マイニング(採掘)
  • 個人間で送金
  • 取引所(販売所)で購入

いかがでしょうか?

両者を比べると、入手方法が金や宝石に似ているのが納得できるはずです。

他にもビットコインを入手する方法はいくつか存在していますが

主な方法はこの3つですので、それぞれの入手方法について詳しく解説していきましょう。

取引所(販売所)で購入

取引所を介しての購入はビットコイン入手方法の中でも、最もスタンダードでしょう。

実際に多くの方々は取引所を利用して、ビットコインの売買を行っているはずです。

では取引所を介してビットコインを入手するにはどのような手順を踏めば良いのか?

分かりやすくステップごとに手順をまとめてみました。

  1. 取引所に登録(アカウントを作る、基本的に無料)
  2. 取引所に入金(日本円やドルなど)
  3. 入金したお金を使って、ビットコインを購入

簡単に言えば、この3ステップでビットコインは入手できます。

ちなみに、入手時には必ずしも法定通貨(円やドルなど)で支払う必要はなく

他の仮想通貨で支払って購入できる場合もあります。(取引所によって異なる)

購入時の取引方法は2種類

1.取引所内にて、ユーザー同士が取引
(売り手が価格を設定し、買い手が合意した段階で成立)

 

2.取引所が設けた販売所にて取引
(価格は取引所が設定する)

個人間で送金

この方法は、いわゆる法定通貨における「銀行振込」に似ています。

あくまで個人対個人が価格や支払い方法を決定するため

素早く、なおかつ余計な手数料などを抑えやすい点がメリットでしょうか。

個人レベルでの取引には注意が必要

個人間でビットコインをやり取りする場合、当然ながら取引所などと違って仲介者が存在しません。

 

そのため、「ビットコインを送金したのに約束のお金が入金されない」などトラブルを招く危険性も高くなります。

 

よほど信頼できる相手や契約者などを交わしていれば話は別ですが、特別な理由がない限りはリスクの高い方法だと覚えておきましょう。

マイニング

マイニングは日本語で訳すと「採掘」ですが、実際に地面を掘ってビットコインを採掘するわけではありません。

ビットコインでは取引を成立させるために「取引の承認作業」が行われるのですが

この取引の承認作業の完了、つまりブロックチェーン上に新たなブロックが追記された段階で

ビットコインが新規発行され、追記処理成功者に報酬として新たに生み出されたビットコインが支払われます

この一連の流れがマイニングです。

要するに、「取引データをチェックして帳簿に記録した人」に、対価としてビットコインが支払われるんですね。

マイニングは誰でも出来る?

ビットコインの仕組み上、取引の承認作業は特定の機関や人物に委ねられているわけではありません。

 

いわば「早い者勝ち」で、一番最初に取引の承認作業を完了した人に報酬が支払われます。

 

ただしこの作業には、とんでもない演算作業や計算力が必要とされるため

 

効率的にマイニングを成功させるには高性能コンピューターや電力、またそれを置く場所が欠かせません。

 

そのため、個人レベルでマイニングを成功させてビットコインを稼ぐのは非常に困難だと言えるでしょう。

 

※事業としてマイニングを行っている企業に投資し、成果に応じて配当を受けることは出来ます。

実はこんな方法も!ビットコインを入手する意外な手段

前述した入手方法はあくまで代表的なものばかりです。

しかし、規模や知名度は低いながらもビットコインを入手する方法はほかにも存在しています。

「すべての人が利用できる」とは限りませんが、参考までにそれらを紹介しましょう。

ビットコインATM

ビットコインATMとは、ご存知現金を引き出したりするあのATMを活用したシステムです。

市場価格を参考にしながら、現金でビットコインを購入したり、逆にビットコインを現金に換えることも可能です。

ただし、設置台数がやはり少なく、利用できる人が限られている点が大きな問題でしょう。

また価格の上下動によって損得が左右されやすい仮想通貨の性質上、効率よく利益をあげたいのであれば

やはり取引所を使う方がお得になります。

サイトやサービス利用でビットコインをもらう

この方法はいわゆる「ポイント」や「クーポン」獲得のシステムに似ていると考えてください。

特定のサービスやサイト利用をすることにより、特典としてビットコインがもらえるわけですね。

例えば国内大手取引所である「ビットフライヤー(bitflyer)」では

ネットショッピングや無料キャンペーンに応募することで、ビットコインがもらえるサービスを提供しています。

出典:bitflyer https://bitflyer.com/static/getcoin

このようなキャンペーンは様々な企業、サービスにて展開されていますので

見かけることがあれば賢く活用してビットコインを貯めるのもアリですよね。

ビットコインの売却方法は?

ビットコインの売却方法についてですが、これは基本的に購入方法における選択肢とほとんど変わりません。

例えばあなたが「店舗でものを買う購入者側に回るか」「ものを売る販売者側に回るか」の違いだと考えてください。

ただし、一方的に入手のみに限定されるマイニングの場合は話が別です。

マイニングでは報酬としてビットコインを入手できても、逆に販売することは出来ません

これまた金や宝石などの鉱物を採掘するシステムと同じですね。

鉱物発掘では、金や宝石を入手できたとしても、反対にその場で売却は出来ないのと同じです。

よって、ビットコインを売却するには以下2パターンのいずれかを選択することになります。

  1. 取引所で売却
  2. 個人間で送金して売却

購入時と同じように、個人間での取引では「信用」だけで取引が行われるため、保証がありません。

従って、ビットコインを売却するのであれば、ほぼ「取引所」の一択と考えておく方が良いでしょう。

ビットコインの売買方法は取引所がオススメ!賢い使い方も解説

ビットコインを売買するにあたって、取引所をオススメする理由はいたってシンプルです。

  • 手軽に売買できる
  • 安全に売買できる
  • 取引所を使い分けてお得に運用できる
  • コストが抑えやすい

これらのメリットに関して、例えば個人対個人の取引では圧倒的に安全性が劣ります

またマイニングでビットコインを入手するには大掛かりな設備やコストが欠かせません

つまり、ビットコインの売買におけるメリットを比較すると…

圧倒的に取引所での売買がお得である!

と言えるわけですね。

取引所を使って賢く売買するポイント

ビットコインの売買には取引所を使うべし!

と言っても、取引所はひとつではありません。

国内、海外問わず多くの取引所が存在し、それぞれ特徴も異なります。

ではどのような点を基準に取引所を選択すれば良いのでしょうか?

  1. 販売所だけでなく、取引所が用意されている
  2. 手数料が安い
  3. スマホでも使いやすい
  4. セキュリティが高い
  5. 言語やサポート面が充実している

※あくまで「国内」で「ビットコインを売買」する上でのポイントです。

主にこの5点に注目すると良いでしょう。

ただし、言語やサポート面などについては個人のスキルによっても左右されますので

その辺りは適宜希望に応じて基準を変えてください。

ではそれぞれのポイントについて、「なぜ重視すべきなのか?」を解説していきます。

販売所だけでなく、取引所が用意されている

取引所と販売所の違いは分かりやすく言うと以下の通りです。

  • 取引所…ユーザー同士で取引を行う形を取り、買い手と売り手が価格に合意すると取引成立
  • 販売所…取引所が設けた販売所での取引となるため、価格は取引所側が設定している

両者の一番の違いは、「販売所では取引所側が実質的に手数料を上乗せしている」点です。

要するに市場価格の相場+販売所の利益となる手数料が上乗せされているわけですね。

もちろん販売所では即座に取引が成立するため、暴落時などにすぐ売買したい際には便利です。

しかしながら通常時のやり取りでは、実質的な上乗せ手数料が損失となるため

取引所での売買がお得できあると覚えておきましょう。

このような観点から、販売所だけでなくユーザー間で取引できる環境が用意されている取引所を選ぶことが重要です。

手数料が安い

ここで言う手数料とは販売所における手数料ではなく、取引所を使ってビットコインを売買した際の手数料を示しています。

取引所によっては、ユーザー間での取引に際して手数料が発生する場合がありますので注意しましょう。

逆に国内大手取引所の「ザイフ(Zaif)」では

ビットコインの日本円取引を行うと手数料をもらえるシステムとなっているため、ビットコインの売買を行う上では大変お得な取引所です。

出典:Zaif https://zaif.jp/fee

スマホでも使いやすい

仮想通貨は値動きが激しく、いつ・どんなタイミングで相場が変動しても即座に対応できるかが成功のカギを握ります。

そのためPCサイトだけでなく、スマホでも運用しやすい取引所であるかが重要です。

セキュリティが高い

「コインチェックのNEM(ネム)流出事件」の影響などもあり、

仮想通貨取引を選ぶ際に、いかにセキュリティが重要なのかが見直されるようになってきました

万が一の場合を考慮し、取引所を選ぶ際にはどのようなセキュリティ対策を行っているかもチェックしておきましょう。

【参考情報:squeen社(取引所のセキュリティ監査を行う企業)の格付け

出典:sqreen社HP https://blog.sqreen.io/cryptocurrency-exchanges-security/

※日本国内の大手取引所であるビットフライヤー(bitflyer)が、世界でもトップランクのセキュリティスコアを獲得しています。

言語やサポート面が充実している

日本国内だけでなく、取引所は世界各地に点在しています。

もちろんその中には国内取引所より、「取扱い銘柄が多い」「手数料が安い」など

様々なメリットを持つ取引所も存在しますが、「サポートや言語」の面にも注目しましょう。

極端な話、「日本語に対応しておらず使い方が分からない…」なんてことになると本末店頭ですからね。

運用上のメリットだけでなく、「使い勝手」も忘れずにチェックしておいてください。

ビットコインの売買方法に関する解説まとめ

ここまでビットコインの売買方法やおすすめの買い方などについて解説してきましたが、いかがでしたか?

取引所がオススメであると紹介はしたものの、この取引所自体が膨大な数存在しているため

どの取引所を使うか?が運用を成功に導くうえでは重要です。

それぞれ特徴が異なりますので、様々なシーンに応じて取引所を使い分けるのもアリでしょう。

メリット・デメリットをきちんと整理して、常に一番お得な選択を行えるよう工夫してみてください。