【ビットコインFXの始め方】GMOコインの登録から取引方法まで初心者向けに徹底解説

ビットコインFXを始めるにあたっては、まずはビットコインFX業者(仮想通貨の交換業者)への無料の口座開設が必要です。

始めるまでの流れは、基本的にはどこのビットコインFX業者もあまり違いはありません。

そこで今回は、東証一部上場企業のGMOインターネットが運営する「GMOコイン」で、仮想通貨の初心者向けに、ビットコインFXの始め方を具体的にご紹介します。

GMOコインでビットコインFXを始めるまでの5ステップ

まず、ビットコインFXを始めるまでには、下記の5ステップが必要です。

  1. GMOコインに登録する
  2. GMOコインに口座開設の申請をする(本人確認書類をアップロードする)
  3. GMOコインからハガキを受け取る
  4. GMOコインに入金する
  5. GMOコインでビットコインFXに取り組む

GMOコインへの登録から口座開設の申請まではインターネット上で簡単にできますので、それでは一緒にみていきましょう。

まずはGMOコインの登録・口座開設・ハガキ受領を完了させる


ビットコインFXを始めるためには、まずはGMOコインに口座開設が必要です。口座開設は簡単ですので、一緒にみていきましょう。

まずはこちらからGMOコインの公式サイトへ飛びます。続いて「無料口座開設」ボタンをクリックします。そうすると下記のメールアドレスを入力する画面が表示されます。


FacebookやGoogleアカウントで口座開設をすることも可能ですが、SNSがハッキングされた場合、仮想通貨を盗難されてしまうリスクがあります。

ですので、なるべくメールアドレスを利用された方が良いでしょう。

上記で「無料口座開設」をクリックすると、登録したメールアドレスにメールが届きます。メールに記載されたURLをクリックすると「パスワード」の設定画面に飛びますので、パスワードを設定します。

GMOコインにログイン後、本人確認書類をアップロードする

これで初期パスワードの設定が完了しましたら「ログイン画面」へ遷移し、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力して、「マイページ」へログインします。

マイページで住所や氏名などの基本情報を入力し、「本人確認書類アップロード」から、運転免許証などの本人確認書類の写真をアップロードします。

GMOコインからハガキを受け取る

そうすると、GMOコインから登録した住所宛に後日「ハガキ」が届きますので、そのハガキを受け取ると本人確認が完了します。

こうしてGMOコインに口座開設が完了しましたら、次はGMOコインに日本円を入金します。

GMOコインに日本円を入金する


再びGMOコインの公式サイトから、マイページにログインします。左側に「入出金」ボタンがありますので、そちらから「日本円」を選択します。

インターネットバンキングを持っている場合は「即時入金」をクリックします。そのまま進むとPay-easyの即時入金お手続き画面になりますので、入金したい金額を入力します。


このまま進んでいくと、利用している金融機関のインターネットバンキングの画面になります。そこでそのまま手続きを完了させれば、日本円の入金が完了します。

GMOコインでのビットコインFXのやり方


GMOコインに入金が完了したら残高が反映されますので、右側の「トレード」ボタンから「仮想通貨FX」を選択します。

仮想通貨FXの注文タイプには、下記の5つがあります。

  1. 成行注文
  2. 指値注文
  3. IFD
  4. OCO
  5. IFD-OCO

それぞれに特徴がありますので、詳細をお伝えします。

① 成行注文のやり方

成行注文とは、注文価格を指定しない注文方法です。

成行注文では、買いたいor売りたい「数量」だけを入力し、今後ビットコイン価格が下がると思えば「売り」から入り、ビットコイン価格が上がると思えば「買い」から入ります。

そうすると、成行注文では「注文価格」は自動で最適な価格で約定してもらえます。

なおその際に、初心者の方は「証拠金維持率」を数百%以上などに高く維持して注文しておけば、すぐにはロスカット(強制決済)もされないでしょう。

このように成行注文は自動で約定してもらえますので楽ですが、ビットコイン価格が急激に変動している際には、思っていた価格よりも高く買ってしまったりする場合もありますので、利用時には注意が必要です。

許容スリッページとは?

また、赤ワクで囲った「許容スリッページ」とは、注文した価格と実際に約定された価格の差のことを指します。

ビットコイン価格が急激に変動している場合、このスリッページが発生する可能性があり、自分にとって不利なレートで約定する場合があります。

そのためGMOコインでは、あらかじめスリッページの許容範囲を0円〜999円で設定して注文することが可能なのです。

② 指値注文のやり方

指値注文とは、値段を指定する注文方法です。注文レートに自分が狙った価格を入力して注文を発注することができます。

どうしても急いで注文を出したい時は成行注文は利用しても良いですが、エントリー(新規注文)する際は、指値注文を利用した方が「狙った価格」で約定できるので良いでしょう。

③ IFDのやり方

IFDとは「IF Done/イフダン」注文のことで、新規注文と決済注文を同時に出す注文方法のことです。新規注文が約定された後に、決済注文が自動的に発注されます。

例えば「1BTC=150万円」の時に、「1BTC=145万円で新規買い注文で入り、1BTC=155万円になったら自動的に決済してください」という注文をすることが可能です。

④ OCOのやり方


OCOとは「One Cancels the Other order/オーシーオー」注文のことで、すでに新規注文を出して、ポジションを保有している場合に、そこから2つの注文を同時に出す注文方法です。

例えば、「1BTC=150万円」の時に、今後BTC価格が上がると思ってロング(新規買い注文)で入っていたとします。そして現在「1BTC=151万円」になっているとします。

そこで例えば「OCO」を使って、予想が当たった場合に利益確定したい金額を「指値レート」に入力し、予想が外れた場合に損切りしたい金額を「逆指値レート」に入力して注文します。

  • 指値レート:155万円
  • 逆指値レート:149万円

こうすることで、指値レートの155万円になった場合は利益が確定し、逆指値レートの注文は自動的にキャンセルされます。逆に、逆指値レートの149万円になった場合は損失が確定し、指値レートの注文は自動的にキャンセルされます。

⑤ IFD-OCOのやり方

最後に、IFD-OCOとは、上記のIFD注文とOCO注文を掛け合わせた注文方法です。新規注文(IFD注文)が約定された後に、決済注文(OCO注文)が自動的に発注されます。

これは例えば、現在「1BTC=150万円前後」の時に、下記のような買い注文(ロング)が可能です。

  • 注文レート:150万円
  • 指値レート:155万円
  • 逆指値レート:149万円

こうすれば、「1BTC=150万円」になった時に自動的に注文が執行され、155万円になったら自動的に利益が確定し、149万円になったら自動的に損切りされます。

ビットコインFXの始め方に関するまとめ


以上になりますが、GMOコインは初心者にも使いやすいサービスとなっています。ビットコインFXの取引手数料も無料で、日本円の入出金手数料も無料です。

レバレッジも5倍・15倍・25倍で選ぶことができ、ロスカットルールがありますので、含み損が一定額を超えると、保有しているポジションは強制的に決済され、基本的には投資元本以上の損失がでない仕組みになっています。

GMOコインの唯一のデメリットは、日次手数料0.05%がかかる点

GMOコインの唯一の難点は、日をまたいだトレードをすると日次の手数料(スワップポイント)が0.05%かかってしまう点です。

こちらの日次の手数料は、日本のビットコインFX業者では「ビットバンクトレード」以外はどこもかかってしまいます。

ただし、1日に数回〜数十回取引をして、ポジションをその日のうちに手仕舞う「デイトレード」のスタイルでしたら、日をまたいでトレードする訳ではありませんので、日次の手数料はかかりません。

GMOコインにはデイトレードのスタイルで取り組むのがおすすめ

そのため、これからビットコインFX初心者の方がGMOコインを利用される際は、デイトレードのスタイルが適していると言えます。

GMOコインは初心者にも使いやすいサービスとなっていますので、これからビットコインFXに取り組んでみようという方は、まずはレバレッジ5倍から挑戦してみてはいかがでしょうか?

GMOコインの公式サイトへ

GMOコインの口コミへ