ビットコインFXの両建てが可能な取引所は?両建てで稼ぐ方法は?

トレード

SHARE

ビットコインFXの両建てが可能な取引所は?両建てで稼ぐ方法は?

ビットコインFXで両建てがてきる取引所一覧と、ビットコインFXの両建てを使って稼ぐ方法をお伝えします。

ビットコインFXの「両建て」とは?両建ては儲かるの?

まず、そもそも「両建て」とは、その名前の通り、「買い」と「売り」のポジションを両方持つ行為のことをいいます。

ビットコインFXであれば、ビットコイン価格が上がると思った時にとる「ロングポジション(買い注文)」と、価格が下がると思った時にとる「ショートポジション(売り注文)」の、両方を同時に持つことになります。

ビットコインFXトレーダーの中には両建てをする人もいればしない人もいますので、両建てをすれば絶対に儲かるという訳ではありません。

ビットコインFXのみならず、通常のFXにおいても「両建て」は賛否両論があるトレード手法ではあります。

続いて、主要なビットコインFX業者で「両建て」が可能な取引所をご紹介します。

ビットコインFXの「両建て」が可能な仮想通貨の取引所一覧

1. ザイフ(Zaif)
zaif 金融庁登録済の仮想通貨の取引所「Zaif」では両建てが可能です。Zaifでは、ビットコインやアルトコイン売買のサービスに加えて、ビットコインのレバレッジ取引も提供しています。

Zaifのレバレッジは最大25倍まで可能で、取引手数料も無料、日次の借入手数料は0.039%と他よりも若干安くなっています。

主要業者で唯一、ビットコインの先物取引、ビットコインの信用取引、ビットコインのAirFXの3種類のレバレッジ取引が可能です。

アルトコインを手数料無料で購入したい方や、ビットコインの3種類のレバレッジ取引に挑戦したい方に向いています。

公式サイトはこちら

Zaifの口コミはこちら

2. GMOコイン
東証一部上場企業「GMOインターネット」が運営する、金融庁登録済の仮想通貨の取引所「GMOコイン」でも両建てが可能です。

GMOコインの取引手数料も無料で、国内で唯一365日24時間、幅広い銀行のインターネットバンキングから即時入金が可能で、日本円の入出金手数料も無料です。

日次手数料は0.05%とZaifより少しだけ高くなっていますが、デイトレードのスタイルであれば関係ありませんし、スマホアプリでビットコインFXができたりと利便性が高くなっています。

レバレッジも5倍・15倍・25倍を選択することができますので、ビットコインFX初心者の方はまずは5倍から始められるのが良いでしょう。

公式サイトはこちら

口コミはこちら

3. ビットバンクトレード
ビットコインFXはビットバンク 最後に、金融庁登録済の仮想通貨交換業者「ビットバンク」が運営する「ビットバンクトレード」でも両建てが可能です。

ビットバンクトレードは、国内で唯一レバレッジ20倍かつ、追証なし(投資元本以上の損失がでない仕組み)の取引所です。

手数料は新規建0.01%、決済手数料は無料、利益が出た時のキャピタルゲインフィーが0.2%かかります。

ただし、国内の仮想通貨の取引所で唯一、日次の借入手数料が無料のため、長期間ポジションを保有しても手数料がかかりません(今なら当サイトからの登録で取引手数料も半年間20%OFFです)。

スイングトレードなど、長期でポジションを保有されたい方はビットバンクトレードの利用が適しています。

公式サイトはこちら

口コミはこちら

ビットコインFXの「両建て」で稼ぐ具体的な方法①

トレード
続いて両建てで稼ぐ方法ですが、まず理論的には、二つの仮想通貨の取引所の口座を保有していれば両建ては可能です。

例えば、コインチェックとGMOコイン、二つの口座を保有しているとして、今現在ビットコインの価格が「1BTC=100万円」だとします。

そして、ビットコイン価格が大きく変動する際に、コインチェックでレバレッジ5倍でビットコインを購入する(ロングポジションで入る)と同時に、GMOコインでレバレッジ5倍でビットコインを売る(ショートポジションで入る)とします。

その後、ビットコイン価格が急激に上昇し110万円に到達した場合、GMOコインでのレバレッジ5倍でのショートは、証拠金維持率が75%を割ったら自動的にロスカット(強制決済)されますので、損失は限定的になります。

一方、コインチェックはロングポジションですので、そのまま利益が出るという形になります。

このような形で二つの取引所を利用して「両建て」を行えば、うまくいけば「コインチェックでの利益分ーコインチェックでの取引手数料ーGMOコインでの損失分」=「儲け」となります。

ただし、こちらでご紹介した方法であっても、ちょうどGMOコインでロスカットを食らったタイミングで、ビットコイン相場がまた大きく動いてビットコイン価格が急落した場合、コインチェックでのロング分の利益は相殺されてしまいます。

下手をすると、両建てでポジションをとった結果として、逆に損失となってしまう可能性もありますので、利用時には注意が必要です。

ビットコインFXの「両建て」で稼ぐ具体的な方法②

トレード

この他にも、一つの仮想通貨の取引所で両建てで稼ぐ方法があります。例えばビットバンクトレードで、多少時間差はありますが「買い」と「売り」の「両建て」でエントリーします。

その後、相場のトレンドがわかった時点でどっちかのエントリーを決済し、利益が出ている方のエントリーをそのまま伸ばしていくという方法もあります。

ただし、こちらの方法も少々難易度は高くなりますので、両建てで稼ぐためにはそれなりのトレードスキルが必要と言えるでしょう。

なお、基本的には一人一口座となっていますので、個人の方が実践することは不可能ですが、もし例えばビットコインFXが可能な口座(ザイフやビットバンクトレードなど)を2口座保有していれば、同じ取引所でロングとショートを同時にエントリーするという戦略も、理論上は可能ではあります。

こちらは同時にエントリーしたのちに、どちらか損失が出ている方のエントリーがロスカットされ、利益が出ている方のポジションが残り、そのままある程度いったところで決済して利益を上げる(もしくは先に決済の注文をいれておく)という方法になります。

ただしこちらも理論上可能なのであって、実際にうまくいくかどうかの保証はありませんし、ビットコインFX業者がどう捉えるのかは不明ですので、両建てでのトレード手法は一長一短とは言えるでしょう。