仮想通貨Bytom(BTM)とは?取引所はKucoinが安いのでおすすめ!

注目の仮想通貨Bytom(バイトム)の特徴や今後の将来性、これまでの価格推移を踏まえた投資判断をお伝えします。

中華系の仮想通貨といえば、中国版イーサリアムとも言われるNEO(旧:Antshares)が、昨年度大幅な価格上昇を見せました。今回はそのような観点から、中華系の仮想通貨であるバイトム(通貨単位:BTM)に着目してご紹介します。

なお、Bytomの購入は海外の仮想通貨の取引所Kucoinを利用されるのが、手数料0.1%のため一番安いです。

仮想通貨Bytom(BTM)とは?

仮想通貨Bytom(BTM)は、2017年6月20日に公開された、中国のエンジニアたちによって開発されたアルトコインの一種です。

Bytomで何ができるかというと、ユーザーはBytomのソフトウェア上で、デジタル資産の発行や転送を行うことができるのです。Bytomは、スケーラビリティ(拡張性)の高いプラットフォームを持つため、王道型の草コインと言えるでしょう。

バイトアセットについて

Bytomのブロックチェーン上では、ビットコインなどのデジタルな通貨や資産をバイトアセットと呼びます。そして、それら複数の資産は、共有台帳で管理されます。

これでどういうことができるかというと、Bytomではデジタル資産と原資産の間で、相互的に転換や取引が可能なのです。

UTXOとの高い互換性が素早い取引を実現

Bytomは、ビットコインの管理方法として使用されるUTXOとの互換性が高く、高速での資産取引を可能にします。また、データの取引記録と3つの層によって構成されるBytomでは、匿名性に対する安全も保証されています。

ちなみに3つの層は、伝送レイヤー、契約レイヤー、資産相互資産相互作用レイヤーに分かれます。

1つの秘密鍵で、全ての資産ウォレットを制御

Bytomのユーザーは、1つの秘密鍵を保持するだけでウォレットを制御することができます。

つまり、暗号解除のルールや通貨の決定を始め、口座や取引に関する情報などにこれまでよりも簡単にアクセスができるようになるのです。

1つのマスターキーによるウォレットの一元管理により、ユーザーは安心して取引に集中することができます。

イーサリアムよりも、スムーズに取引の検証が可能!?

また、仮想通貨Bytomの管理方法であるBUTXOでは、トレード自体にアセットIDなどの情報が記録されます。

さらに様々な取引の認証が並行して行われるため、イーサリアムブロックチェーンよりも、スムーズな取引が可能になると主張されています。

このためユーザーへの余計な負荷が減り、その時々で最も重要な取引だけに集中することができます。

クロスチェーンによる資産の転送や配当の分配が可能

バイトむでは、スマートコントラクトによりブロックチェーン上で契約が自動化され、信用を担保するための第三者機関が不要になります。

これにより余計なコストが削減され、より円滑な資産の転送や配当の分配が可能になるようです。Bytomはまだまだ認知度が低いながらも、必要十分な技術は確実に押さえているようです。

仮想通貨Bytom(BTM)の口コミ

日本ではBytom(BTM)の認知度はまだ低いです。

ですが、実は毎日新聞に取り上げられたこともあり、中華コインの中ではそこそこ人気を集めているようです。

 

Bytomの開発には、中国最大の仮想通貨メディアである8BTC.comの創業メンバーが関わっており、本国からの信頼は厚いように見えます。

Bytomのメンバーには8BTC.comの創業メンバーが参画!


仮想通貨Bytomは、暴騰の影を曇らせつつ、着実にその価値を上昇させています。そのため、このような価格の安定性に投資するユーザーも一定数いるようです。

また、2018年の第一Qには、第一回目のBytom所有者大会と規約の制定が行われるようです。Bytomが扱うデジタル資産の分野は今後も大きな需要が見込まれるので、継続して注視していくと面白いかもしれません。

仮想通貨Bytom(BTM)の価格推移

バイトム 価格推移

バイトムは、1月13日に過去最高の80.61円を記録して以降は、2月22日現在にいたるまで30~40円代をマークしています。

この高騰は、1月11日頃に報道された中国でのビットコインマインニングに対する規制が原因でしょう。

2月の初旬頃までは下火になっていましたが、それ以降は40円代前後を順調に推移しています。

ビットコインマインニングの8割が行われている中国では、新たな規制や報道の影響が色濃く反映されます。

その点、中国発の仮想通貨であるBytomが持つボラリティ(価格変動の激しさ)はかなり高いのではないでしょうか。

仮想通貨Bytom(BTM)の将来性

バイトム メディア

王道型プラットフォームを持つBytomの将来性は高い

仮想通貨Bytomはまだ歴史が浅いにも関わらず、多くの著名メディアから注目を集めています。

将来的に、株式や債権がブロックチェーン上で取引されるとなれば、Bytomの価値はおそらく上昇する可能性は高いでしょう。

数年前までは、法定通貨などの物理的な資産が圧倒的に優位でした。しかし、急速な情報技術の進歩により、形を持たないデジタル資産の価値は確実に上昇しています。

大きく捉えれば、現実世界とデジタル世界の距離が縮まる速度に比例して、Bytomの需要は増していくと言えるでしょう。

人口知能の分野にも進出するBytomは期待大?

バイトム ブログ

そして、Bytomが運営するブログの情報は、仮想通貨Bytomの構造や特徴が写真付きで細かく説明されており、非常に信頼のおけるものが多いです。

Bytomでは、ASICと呼ばれる特定の目的のために作られた集積回路を応用したチップを用いて、研究が行われています。

このASICチップとPOWというアルゴリズムにより、人工知能の分野との関係性を構築しているようです。時代の最先端を逃さないBytomの姿勢は、中国企業ならではの強みと言えるでしょう。

仮想通貨Bytom(BTM)の取引所は?

なお、2018年2月現在のところ、Bytom(BTM)は以下3つの基軸通貨で交換できるようです。

3つの基軸通貨
  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. USTD(テザー)

海外仮想通貨所の中でもOKexのみが上記全ての基軸通貨に対応しています。しかしながら、Bytom(BTM)の取引は、第2のバイナンスとも呼ばれているKucoinで行うのがオススメです。

Kucoinは、登録の手軽さや手数料の安さ、サービスの充実度から非常に注目を集めている取引所です。入金手数料は無料で、取引手数料も0.1%とBinanceに並ぶ安さです。

また、Kucoin独自のKCS(Kucoin Shares)を保有することにより、取引手数料が最大30%まで割引されます。さらに、KCSの保有比率に応じて配当を受け取ることができるのも大きなメリットと言えます。

仮想通貨Bytom(BTM)を少額でも保有してみようかなと思った方は、まずはKucoinに登録して、投資を検討されてみてはいかがでしょうか?

Kucoinの公式サイトへ

Kucoinの口コミへ