ビットフライヤーの高い手数料とスプレッドを安く抑えるにはChangelly登録がおすすめ

changelly

実はアルトコイン投資やアルトコインのトレードをする際に、そのまま日本の仮想通貨の取引所でアルトコインを購入してしまうと、損してしまう場合が多いです。

ビットフライヤーでアルトコイン投資をすると手数料が高い

例えば、ビットフライヤーはビットコインFXの手数料は無料ですが、アルトコインのスプレッド(購入価格と売却価格の差)が非常に大きいです。

上記の画像のように、日本円から「ライトコイン」を直接購入しようとした場合、約6000円もの差がありますので、購入後にライトコインの価格が1万円ぐらいは上昇しないと、あまり儲かりません。

他にも、ビットフライヤーで購入できる「イーサリアム」や「イーサリアムクラシック」、「モナーコイン」や「ビットコインキャッシュ」などをビットフライヤーで購入すると、スプレッドが大き過ぎて、購入しても短期では損する可能性が高くなってしまいます。

そこで今回は、そのようなスプレッドや手数料を抑えて、お得にアルトコイン同士のトレードができる、仮想通貨の両替サービスChangelly」をご紹介します。

仮想通貨の両替サービスChangellyとは?

changelly
Changellyは仮想通貨の両替サービスで、両替時の手数料は0.5%程度です。

例えば、「ビットコイン→イーサリアム」「ビットコイン→ライトコイン」「イーサリアム→ライトコイン」などのトレードも可能です。

なお、Changellyは各種メディアにも取り上げられているサービスで、特段怪しいサービスではありませんし、すぐにサービスが終了するものでもないでしょう。

メディア

ですので、ビットフライヤーなどのアルトコインの販売所からアルトコインを購入するよりも、ビットコインを購入した後に「Changelly」を利用した方が、購入の手数料が安くなったりします。

Changellyの利用は、アルトコイン同士のトレードに最適

Changellyを使うのに最適なタイミングは、基軸通貨(BTCやETH)との交換よりも、むしろアルトコイン同士のトレードの時です。

例えば「ジーキャッシュ(ZEC)→リスク(LISK)」や「LISK(リスク)→FCT(ファクトム)」などのアルトコイン同士の交換をしたい場合は、Changellyが適しています。

仮想通貨の取引所でアルトコインを保有している場合、基軸通貨のビットコイン(BTC)と一度交換しないといけませんので、最低でも二回取引をしないといけません。

そのため、その分取引手数料が余分にかかってしまいます。

例えば、コインチェックを利用した場合でも、一度アルトコインを日本円に換金したり、アルトコインをビットコインに交換してからでないと、新しい別のアルトコインを購入することができません。

なので、そのようなタイミングでは「Changelly」を使った方がお得になるのです。

【図解】Changellyの登録方法(簡単1分)

changelly
それではChangellyの登録自体は1分で簡単にできますので、一緒にやっていきましょう。まずはこちらのリンクから公式サイトを開きます。

そうするとトップページに飛びますので、次に右上の「Sign Up」ボタンをクリックします。そうすると下記の画面がでます。

登録方法

こちらでメールアドレスかGoogle、Facebook、Twitterのいずれかで登録します。基本的にはSNSアカウントで認証することはおすすめしません。

なぜならSNSがハッキングされてしまった時に、他の重要なアカウントにもログインされてしまい、最悪の場合は資産も取られてしまう可能性があるからです。

そこで、メールアドレスで登録をされた場合は、パスワードが記載されたメールが届きますので、次回以降は「login」から入れます。

Changellyに登録後は、セキュリティ上「2段階認証」は忘れずに

2段階認証
なお、Changellyに登録したら、必ず2段階認証の設定をしておいた方が良いでしょう。

Changellyでも「Google authenticator」のアプリでの2段階認証が可能ですので、登録したらまず設定し、セキュリティ面を強くしておくと安心感があります。

Changellyで交換可能な仮想通貨の種類は豊富

また、Changellyでは上記の図のように、かなりの種類の仮想通貨の交換が可能です。

日本の仮想通貨の取引所の「コインチェック」を通じて、例えばLISKからMONEROにする場合なども、2回売買することで手数料をかなりとられてしまいますので、なかなか利益を出すのが大変です。

ですので、気になる仮想通貨が出てきた場合に、今持っている仮想通貨を他の仮想通貨と簡単に交換されたい方などは、一度Changellyを使ってみても良いのではないでしょうか。

changellyの登録はこちら

【図解】Changellyの具体的な使い方


Changellyの具体的な使い方ですが、例として、日本でも人気の匿名系仮想通貨のジーキャッシュ(ZEC)をダッシュ(DASH)に変える場合を見てみます。

例えば今、自分がコインチェックで1ZECを保有しているとして、それをDASHに変えたい場合は、トップ画面で「1ZEC」を入力して、「Exchange」ボタンを押します。

そうすると、Changellyに登録後は下記の確認画面がでますので、そのまま「Next」で次に進みます。

そうするとDASHのウォレットのアドレスを求められますので、そちらに自分のウォレットのアドレスか、コインチェックの自分のDASHのアドレスを入力します。

なお、DASHの自分のウォレットはアップルストアにもあり、簡単にダウンロードが可能ですので、DASHを保有されている方は利用されても良いかと思われます。

そうしてDASHのアドレスを上記に入力して、「Next」ボタンをおすと確認画面になります。

こちらの内容を確認して「confirm and make payment」を押すと、ジーキャッシュ(ZEC)を送金するアドレスが表示されます。

そちらのアドレスにジーキャッシュ(ZEC)をコインチェックから送金すると、無事両替が完了し、自分のDASHのウォレットに資金が送金されてきます。

以上になりますが、Changellyは慣れれば非常に簡単なツールですので、頻繁に売買をされる方は一度利用されてみても良いのではないでしょうか。

Changellyの公式サイトへ