仮想通貨はウォレットで保管しよう!おすすめご紹介!

2017年末に世間を騒がせた「ネム流出事件」、このような仮想通貨盗難事件の被害者とならない為にも、保有する仮想通貨「ウォレット」で管理しましょう。本記事では、おすすめのウォレットを詳しく、そしてわかりやすくご紹介します。

買ったらウォレットへ!仮想通貨の保管術!

仮想通貨は、購入したら自身で管理することを推奨します。取引所で購入すれば、取引所の口座に送り込まれ、そのままで保管することは確かにできます。しかし、2017年末の「ネム流出事件」のような例もあります。

日本では初めての取引所からの仮想通貨盗難事件だったので、大いに話題となりましたが、世界的には決して珍しいことではありません。つまり「取引所に預けたままにしておく」、というのは実は盗難のリスクに常に晒しておくようなものです。

そのため、仮想通貨は購入したら即座に、自身のウォレットに送金するべきです。ウォレットとは自前の仮想通貨専用口座、財布のことで様々な形態があり、セキュリティの度合いが異なります。保有しているコインの種類や取引数などに応じて適切なウォレットを持ち管理しましょう。

ウォレットの種類を紹介

まずは、ウオレットの種類をご紹介します。大まかに分けて4種類ある仮想通貨ウォレットは、種類によりセキュリティレベルと利便性が違いますので、よく自身の懐をよく考慮して選びましょう。

オンラインウォレット(セキュリティ:低  利便性:◎)

クラウドサービスを利用して保管するタイプのウォレットです。容量を割く必要がなく、ネット環境さえあればいつでもアクセスできるので、とても利便性がよく手軽です。ただし常にオンラインの状態なので、言ってしまえば共同貸し倉庫のようなものであり、セキュリティレベルは低いです。

デスクトップ・モバイルウォレット(セキュリティ:中  利便性:◯)

自身のPCやスマートフォンに専用ウォレットをダウンロードするタイプのものです。オフラインの環境でも保管できて、アクセスも容易なので最もメジャーなタイプのものです。セキュリティはオフライン環境なら十分ですが、スマートフォンの場合は常にオンラインなので、その分ややセキュリティは劣ります。

ペーパーウォレット(セキュリティ:やや高  利便性:×)

その名の通り紙に印刷して保管するタイプのウォレットです。常にオフラインなので、セキュリティは申し分ありません。しかし、視認すれば一目瞭然なので紛失した際になすすべがなくなってしまうのと、アクセスに手間がかかるのが難点です。

ハードウェアウォレット(セキュリティ:高  利便性:△)

仮想通貨を保管するためだけの専用デヴァイスを用いたウォレットです。こちらもオフライン環境での保管でなので、ペーパーウォレット以上のセキュリティレベルです。アクセスにPCやスマートフォンに繋ぐ必要がありますので、利便性はペーパーとデスクトップ・モバイルタイプの中間といったところでしょう。

おすすめのウォレットは?

それでは各種のウォレットの中でも、おすすめな商品やサービス、アプリをご紹介します。それぞれに特徴がありますので、自身の仮想通貨取引のスタイルを鑑みた上で検討しましょう。

GreenAddress(オンラインウォレット)

セキュリティに不安があるオンラインウォレットですが、こちらのGreenAddressはセキュリティがしっかりしています。さらにビットコインの送金がやすくなるという特典まであるので、少額の保管なら十分利用価値があります。

Electrum(デスクトップウォレット)

インストールに時間がかかるのが難点なデスクトップウォレットですが、Electrumは比較的スムーズにインストールでき、コールドストレージというオフライン環境での取引を可能にするシステムも実装されています。

Copay(デスクトップ・モバイルウォレット)

デスクトップ・スマートフォン両方で共有できるウォレットです。セキュリティも万全で、自社のサーバーのソースコードを公開していたりと、とてもユーザビリティに優れています。

breadwall(モバイルウォレット)

ビットコインのみの対応で、保管のみで取引はできません。しかし、その分デザインがシンプルで初心者にも使いやすいのが特徴です。

Airbitz(モバイルウォレット)

複数のウォレットを一つのアプリケーションで管理できるものです。さらにBluetoothによる送金可能です。

Jaxx(モバイルウォレット)

ビットコインだけでなく、イーサリアムやダッシュなど複数の仮想通貨に対応しているので、中上級者向けのウォレットです。

Wallet Generator(ペーパーウォレット)

様々なコインを種類ごとに無料でウォレットを作成してくれるサイトです。下記のリンクにアクセスして、アドレスを作成したら印刷するだけでペーパーウォレットができます。

https://walletgenerator.net/

TREZOR(ハードウェアウォレット )

小型で非常にスタイリッシュなデザインのハードウェアウォレットです。仮想通貨の管理だけでなく、パスワード管理用のデヴァイスとしても使用できたりと柔軟性に優れています。

Ledger Nano S(ハードウェアウォレット )

様々なコインに対応しているハードウェアウォレットです。2段階認証やハッキング対策も万全で、現存の仮想通貨保管における最高レベルのセキュリティを提供してくれます。

アルトコイン別!ウォレットを探そう!

利便性とセキュリティの両方を重視するなら、モバイルウォレットかハードウェアウォレットでの保管が良いです。しかし、両者に共通するデメリットとして「アルトコインに対応しているものが少ない」というのがあります。

アルトコインの場合各社の公式HPから、専用ウォレットをダウンロードするのが一般的ですが、数種類のコインを所有するユーザーからすれば、一つのウォレットでまとめて管理する方がはるかに効率的です。そこで、アルトコインにも対応している数少ないモバイル・ハードウォレットをご紹介します。

ウォレット 対応するコイン
JAXX(モバイル) ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど計9種
Coinomi(モバイル) ビットコイン、イーサリアム、ドージコインなど計70種
TREZOR(ハード) ビットコイン、イーサリアム、ネムなど計14種
Ledger Nano S(ハード) ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップルなど計27種

ウォレットってどういう仕組みなの?

仮想通貨のウォレットはどういった仕組みなのか?ウォレット=財布という意味なので、文字通りウォレットの中に仮想通貨を保管しているかのようなイメージになると思います。しかし、それでは紙に印刷するペーパーウォレットの原理の説明がつきません。

実は仮想通貨というのは、ブロックチェーンという全ユーザーの共有するデータベース上にあるもので、そこから移動したりはしません。つまり仮想通貨を所有するというのは、そのままコインを懐に入れるというよりも、「所有権を持つ」と言った方が正しいのです。

そしてウォレットはブロックチェーンにアクセスし、取引を行うために必要な「公開鍵」と「秘密鍵」という二つの鍵を保管するためのものなのです。この鍵についての説明はかなり専門的で複雑な話になります。

極力噛み砕いて言うと、公開鍵は「口座番号」秘密鍵は「暗証番号」のようなものです。仮想通貨のユーザーはこの二つを使って取引を行います。そういった意味ではウォレットと言うよりも、キーケースと言った方がイメージとしては近いかもしれません。

ウォレットへ送金する際の注意点は?

仮想通貨の保管はセキュリティの面では、多少手間がかかっても自前のウォレットによる保管がベストです。しかし、1点だけ注意が必要なのは取引所から購入した仮想通貨を自前のウォレットに送金する際には、「送金手数料」がかかると言う点です。取引所ごとの手数料一覧が以下のものです。

取引所 送金手数料(ビットコインの場合)
bitFlyer 0.0004BTC
QUOINEX 無料
zaif 0.001BTC
BITPoint 無料
GMOコイン 無料
bitbank 0.001BTC
DMM Bitcoin 0.0008BTC

上記の表で比較するとわかりますが、同じビットコインの送金でも取引所によって非常に手数料にバラつきがあります。定期的に購入したりと、頻繁に売買を行うユーザーは当然ながら無料である方が望ましいです。

また、上記の表はあくまでもビットコインの手数料で、同じ取引所でもコインによって手数料が違ったりしますのでその点もご注意ください。

モバイルウォレットを使ってみよう!

最後に、モバイルウォレットを実際にダウンロードしてからの行程をキャプション形式で解説いたします。今回は、前章でご紹介した「jaxx」というモバイルウォレットで解説していきますので参考にしてみてください。

まずは公式HPにアクセスして「Download Now」をクリックします。

次にデヴァイスを選択します。今回のキャプションではPC用をダウンロードします。

ダウンロードしたソフトを開くと、まずは初期設定を行います。上画面のようなページになりますので「CONTINUE」をクリックします。

続いて、企業理念などの閲覧ページが現れますので、こちらも「ACCEPT」をクリックします。

ようやくウォレットの作成になりますので、「CREAT NEW WALLET」を選んで「CONTINUE」をクリックします。

こちらの画面でも同様に「EXPRESS」を選んで、「CONTINUE」をクリックします。

続いて、コインの種類を選びます。今回はビットコインを選択して「TEKE ME TO MY WALLET」をクリックしてしばらく待ちます。

以上で、ウォレットが完成します。画像の丸印で囲んだ部分が送金用のアドレスになりますので、取引所からこのアドレス宛にビットコインを送りましょう。

まとめ

仮想通貨をウォレットで管理すれば、盗難のリスクや、取引所の倒産などのリスクから自身のコインを守ることができます。しかし、やはり少々手間なのが難点といえば難点です。

しかし、そもそも仮想通貨はその名の通り「通貨」であり、本体なら自分で管理するのは至極当然のことです。何れにしても、仮想通貨が日常生活で使用されるような世の中なれば、結果的にウォレットは必要になるものなので、これを機会に是非ウォレットを使用してみてください。