仮想通貨を現金化はどうする?税金がかかるタイミングと手続き方法

SHARE

仮想通貨を現金化はどうする?税金がかかるタイミングと手続き方法

皆さんは仮想通貨を現金化したい時どうしていますか?持っている仮想通貨に利益が出たので現金にしたいと思っても、「いざ現金化!」となるとどうしたら良いのか少し迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では仮想通貨を現金化する方法をご紹介します。方法によってメリットとデメリットがあるのでご自分に合った方法を見付けてください。

また、海外取引所の現金化や匿名での現金化などについても解説するので併せて確認してくださいね。

仮想通貨の現金化とは?タイミングって?

仮想通貨の現金化とは持っている仮想通貨を現金に換えることです。仮想通貨を購入して価値が上がったら、その価値が下がる前に現金に換えたくなりますよね。

現金化のタイミングは、仮想通貨の価値が購入時よりも上がっている時に行うことは大前提ですが、他にも気を付けたいタイミングがいくつかあります。

現金化すると税金がかかるの?

仮想通貨は現金化したタイミングで課税されます。含み益がある仮想通貨を保持していても税金は課されませんが、現金化するとその時に出ていた利益に対して税金がかかるので覚えておきましょう。

仮想通貨の損失は年をまたいで繰り越すことはできませんが、同じ年であれば通算することができます。

例えば1月に100万円の損失を出していて、その年の12月に100万円の利益を出せば、それらは合算され利益は0ということです。

しかし、12月にその仮想通貨は売却せず、次の年の1月に売却すると前の年は100万円の損失で税金はなし。次の年は利益100万円に対する税金がかかるので、現金化するタイミングには注意したいですね。

ポイント
  • ケース1:(-100万円)+(100万円)=0円→税金なし
  • ケース2:初年度=(-100万円)→税金なし、次年度=100万円に対する税金

仮想通貨で利益が出たら確定申告して納税する必要があります。利益が出たことを故意に隠していると脱税と見なされることもあるので十分に注意しましょう。

仮想通貨を現金化する3つの方法

仮想通貨を現金化する方法はいくつかあります。仮想通貨と言えば取引所を使うイメージが強いと思いますが、実は他の方法でも現金化ができるんですよ!この章では現金化する方法を紹介するので参考にしてください。

方法1:取引所を利用する

まずは取引所を利用する方法です。ビットフライヤーやGMOなど取引所には色々な種類がありますよね。皆さんも聞いたことがあるでしょう。仮想通貨を購入する際に利用している方も多いと思います。

取引所によって取り扱う仮想通貨が異なるので、取引所を使って現金化する場合は自分が取引したい仮想通貨を取り扱っている取引所を選ぶ必要があります。取引所で口座開設してから「あの通貨取り扱ってない!」なんてことにならないように注意しましょう。

仮想通貨の現金化の手順は以下の通りです。

ポイント
  1. 持っている仮想通貨を取引所で売却する
  2. 銀行口座に振り込み申請をする
たったこれだけです。仮想通貨を売却して得た現金は出金用の現金口座に振り込まれます。だいたい1~2営業日で振り込みが完了しますよ。

取引所を通すことで仮想通貨を安全かつスムーズに現金化できるのがメリットですね。デメリットは現金を受け取る際の銀行口座が必要なことや、取引手数料がかかることでしょう。また、取引所によっては1日に出金できる現金に上限があるケースもあるので注意が必要です。

取引所によって取引手数料や、現金化の手順などが少しずつ異なります。取引所を選ぶ時はそれらを比較しながら選ぶようにしましょう。

メリット&デメリット
  • メリット:安心・安全、手数料が安い
  • デメリット:現金受け取りまで時間がかかる

方法2:ATMを利用する

仮想通貨を現金化できる専用のATMというものがあります。国内では東京を中心に数台ある程度でしたが、徐々にその数は増えてきています。今は限られた場所でしか使えませんが、今後はどんどん便利になりそうですね。

ATMを利用する際はスマートフォンのウォレットアプリを使うので、事前にダウンロードしておくようにしましょう。

ATMの使い方は以下の通りです。

ATMの使い方
  1. 仮想通貨の「売却」を選択する
  2. QRコードを使い換金したい分の仮想通貨を送金する
  3. 現金を受け取る
簡単ですよね。機種によっては最初に本人認証を行うこともあります。本人認証はメールや指紋認証、顔認証など様々です。セキュリティーが徹底していますよね。

ATMの利用には5~10%前後の取扱手数料がかかります。場所によって手数料は異なるので確認してから使いましょう。取引所とは違いその場ですぐ換金できるので便利ですが、手数料がやや高いのが特徴です。

ATMは海外にもあるので、海外旅行の際にも便利ですよ。その場合は現地の通貨で引き出せます。24時間365日使えるので、いつでも使えるのは心強いですね。

また、ATMで仮想通貨を現金化しても税金はかかります。こちらも現金化したタイミングで課税されるのは同じです。

ちなみにATMでは売却だけでなく仮想通貨の購入もできます。もちろん手数料はかかりますが、取引所を使うのが嫌だという方はATMで仮想通貨取引をするのも良いかもしれませんね。

例えばBMEX社のBTMという機種の場合、ビットコインは1000円から購入可能で、1万円から売却可能です。

メリット&デメリット
  • メリット:すぐに現金が手に入る
  • デメリット:手数料が高い、場所が限られている

方法3:現金化業者を利用する

仮想通貨を現金化してくれる業者を利用する方法もあります。仮想通貨両替商サービスですね。業者によって多少流れは異なりますが、基本的には以下の手順で現金化を行います。

業者を使った現金化
  1. 業者に仮想通貨を送金する
  2. 業者から手渡しで現金をもらう
現金をもらう際に何%かを手数料として支払います。銀行振込も選べますが、現金の手渡しをしてもらえることが魅力で、海外からの旅行者などから人気があります。自国の通貨を持ち出しにくい国からの旅行者からは重宝されているようですね。

業者自体は違法ではありませんが、怪しい業者も多いので初心者の方はしっかり見極めてから慎重に利用するようにしましょう。

業者によっては脱税に近い換金方法を提案してくるところもあるようです。前述しましたが、仮想通貨は現金化したタイミングで課税対象となります。業者を通してもそれは同じなので十分に注意してくださいね。

メリット&デメリット
  • メリット:現金が手渡しでもらえて手数料も安い
  • デメリット:怪しい業者もいる

現金化に関するちょっとした疑問

この章では海外取引所を使うケースや匿名での現金化についてなど現金化に関するちょっとした疑問にお答えしていきます。

海外取引所の現金化はどうするの?

海外取引所でも日本の取引所と同じように仮想通貨の現金化はできます。ただ、海外の場合は日本円で入金されることはほとんどありません。

日本円が欲しい時は仮想通貨を一度国内の取引所に移動させてからそれを日本円に換金するようにしましょう。日本の取引所で扱っていないアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)であれば、日本で換金できるアルトコインへ先に交換しておいてください。

アルトコインを使った現金化
  1. 日本で取引のある仮想通貨に換える
  2. 海外取引所の仮想通貨を日本の取引所に移す
  3. 日本の取引所で日本円に換金する
ちなみに、海外取引所を使って仮想通貨をドルやユーロに換金しても課税対象になります。海外の通貨だからといって税金がかからないわけではないので注意しましょう。これは勘違いしている方が多いので必ず覚えておいてください。

申告しないで放っておくと罰金が科されることもあります。利益隠しが悪質だと判断されると、通常の税金を支払うだけでは済まされず、重加算税や延滞税などがかかります。利益の額が大きいとかなりの痛手になるので申告は忘れずに行うようにしましょう。

匿名で現金化することはできるの?

アルトコインの中には匿名通貨と呼ばれる送金履歴が残らない通貨があります。有名なものだとモネロ(Monero)やジーキャッシュ(Z-cash)、ダッシュ(Dash)などですね。

通常の仮想通貨はどこからどこへ送金されたのか公開されているので、アドレスなどから他人の取引情報を調べることができてしまいます。しかし、匿名通貨を使えば履歴が残らないので、取引情報などを他人に知られる心配を減らせます。

デメリットと言えば履歴が残らないことを利用してマネーロンダリングに使われる可能性がある点でしょうか。

持っている仮想通貨で匿名通貨を購入し、その後その匿名通貨で仮想通貨を購入。その仮想通貨を現金化する際に匿名化するようにすれば理論上もう資金のルートはたどれなくなります。

これは有名な方法なので、今後は規制の対象になると言われていますが、通常の仮想通貨取引でのプライバシーが気になっているトレーダーの方には気軽に使える方法ですね。

もちろん匿名通貨を使って現金化しても課税の対象になるので、しっかり申告して納税してくださいね。

まとめ

仮想通貨の現金化についてイメージはできましたか?

一番馴染みがあるのはやはり取引所を使った換金方法だと思いますが、他にも現金化する方法はいくつもあることが分かりましたよね。

近くに仮想通貨専用のATMがあればその場で現金を受け取れるので、手数料が高いことに目をつぶれば便利なサービスだと思います。業者を使った換金もすぐに現金を受け取れるので信頼できる業者がいるのであれば手軽で良いですね。

ただし、ATMでも業者でも仮想通貨を現金化したタイミングで課税対象になることは同じです。利益が大きければ申告義務があるので覚えておいてください。

現金化の方法にはそれぞれメリット・デメリットがあるので自分にあった方法を使いましょう。状況によって使い分けるのも良いと思いますよ。

ポイント
  • 安心安全なのは取引所の利用
  • その場で現金化したいならATM
  • 信頼できる業者なら仮想通貨両替商サービスも便利