将来性のある仮想通貨は?おすすめランキング!

ビットコインをきっかけとして爆発的に人気が高まり、今やれっきとした投資商品のひとつに数えられるようになった仮想通貨。

2018年になってもその勢いは衰えておらず、いまだ多くの新規参入者が仮想通貨運用に乗り出そうとしている状況です。

ですが実際に始めてみると、想像以上に仮想通貨の種類が多いことに驚くかもしれません。

いろいろな仮想通貨に運用したいと思いつつも、

・どの仮想通貨に将来性があるのか分からない…
・将来性の見極め方が分からない…

などなど、投資する仮想通貨選びに四苦八苦している方も少なくないでしょう。

そこで今回は現時点から見た「将来性のある仮想通貨ランキング」を作成するとともに、仮想通貨の選び方や各仮想通貨の特徴などを詳しく解説したいと思います。

中には「第二のビットコイン」が潜んでいる可能性もありますので、ぜひ一通り目を通してみてください。

仮想通貨の選び方は?将来性を見極めるうえでのコツ

仮想通貨で収益をあげるためには、何より「安く買って高く売る」の最大のポイントです。

従って現在の相場や時価総額だけで、「どの仮想通貨を買えば良いか?」判断するのはやめましょう。

重要なのは仮想通貨の将来性を見極めるポイントを踏まえたうえで、「今買い時の仮想通貨を買うこと」です。

では将来性を見極める具体的なコツをいくつか紹介しましょう。

実用性

その名の通り、仮想通貨は「通貨」としての役割が大きく求められる存在であり、「使える通貨であるかどうか」が価格の上昇にも関連しています。

例えばすでに飛びぬけた人気を誇るビットコインも、数々のサービスや店舗において決済に用いられており、「お金の代わり」として十分に実用性があることを証明しています。

もちろん単純に決済として利用できるか否かだけが重要な訳ではありません。

仮想通貨にはそれぞれ様々な技術が備わっており、「日々の暮らしや経済活動において活用できる実用性があるかどうか」が重要であると覚えておきましょう。

オリジナリティの高さ

現在1500種類以上存在する仮想通貨の中において、一定の支持を得ながら価値を高めることは容易ではありません。

もちろん他の仮想通貨との競争に勝たなければならず、その上で「オリジナリティ」は重要な武器になります。

ここで言うオリジナリティとは、「その仮想通貨独自の技術や強み」だと考えてください。

例えば以下のようなものが挙げられます。

  • 決済スピードの速さ
  • セキュリティ性や匿名性の高さ
  • 送金手数料の安さ

このように、他の仮想通貨と比較した際「この仮想通貨でなければいけない!」と思わせるようなオリジナリティを備えた通貨は、将来性を期待しやすいと言えるでしょう。

コミュニティの規模

コミュニティの規模とは、「該当の仮想通貨にかかわる人や企業の数」だと考えてください。

例えば仮想通貨以外でも、新技術を開発するのであればより多くの人や企業が関わっているもののほうが、

開発スピードは速く技術的にも優れたものが完成しやすいのはイメージできますよね?

これと同じで、仮想通貨に関してもコミュニティの規模が大きければ大きいほど、

より優れた技術や特徴の開発が進みやすく、競争にも勝ちやすいと考えれば分かりやすいでしょう。

逆にコミュニティの規模が小さいと、求められるニーズに対応しきれず、

時間の経過とともに価値も下落してしまう可能性が高くなってしまうことも覚えておいてください、

将来性のある仮想通貨ランキング!それぞれの特徴も解説

今回は数ある仮想通貨の中でも、特に「今後伸びそうな仮想通貨をランキング」形式にしてまとめました。

ですから現在の価格や時価総額はあくまで参考にしかしていません。

これから「新しく投資するならコレ!」という目線でまとめましたので、そのつもりでチェックしてみましょう。

第1位:リップル(XRP)

時価総額ランキングで第3位につけるリップルを、現時点での将来性第1位に選出しました。

リップルはすでにアメリカン・エキスプレスやGoogleなど、名だたる世界的な大企業が出資や提携に乗り出しており、世界的に将来を期待された仮想通貨でもあります。

その理由は何と言っても、「国際送金の手段としての実用性」。

リップルはトランザクション(取引)の処理スピードがとにかく速く、また手数料も安く済むため「国際送金の常識を変える」とまで期待されている仮想通貨なのです。

もちろんこのような特徴を持っているため、JPモルガン、イギリスの中央銀行、三菱東京UFJ銀行など名だたる銀行もすでに提携を結んでおり、国際送金の手段として実用化に非常に近い存在であることも見逃せません。

今後各金融機関などが実用化に乗り出せば、さらに注目度が上がり大幅な価格上昇に期待できるでしょう。

※2017年12月の27円台から2018年1月には300円台にまで乗せるなど、すでに上昇傾向な仮想通貨でもあります。

将来性の裏付けポイント
・わずか約4秒の決済スピード(ビットコインは約30分)
・発行枚数1000億枚(ビットコインは2100万枚)
・送金コストが0.0004ドル(0.04円)と非常に安い

第2位:イーサリアム(ETH)

時価総額でビットコインに次ぐ、第2位につけているイーサリアム。
将来性でも2位に持ってきたのは、時価総額の高さだけが理由ではありません。

実はこのイーサリアム、「スマートコントラクト」という技術を搭載しており、この技術が非常に実用的が高いため、今後の飛躍に期待が持たれているのです。

スマートコントラクトとは、契約の自動化が行える機能で、例えば契約書の改ざん防止やお金・書類の受け渡しなどが安全に行える機能になります。

世界のどんな人でも内容の精査・監査が行えますので、より安全に契約を進めることが出来るわけですね。

この機能を搭載しているため、マイクロソフトやトヨタ自動車、IBMなどが共同研究を行っており、この点も将来性を高める大きな用意のひとつと言えるでしょう。

また、イーサリアムを元にした仮想通貨がすでにいくつも開発されているところを見ても、どれだけイーサリアムが優れた仮想通貨であると評価されているのが分かるかと思います。

2018年にはアプリのリリースや大型アップデートによる更なる価値の上昇が期待されていますので、常にチェックしておきたいところです。

将来性の裏付けポイント
・スマートコントラスト機能に惹かれて数々の大企業が支持・開発に乗り出す
・次回アップデート内容次第で相場が大きく動く可能性あり
・発行枚数に上限が設けられると希少性が上がることも

第3位:ネム(XEM)

将来性第3位に持ってきたネムですが、2018年1月から価格が下落傾向にある仮想通貨です。

では何故そのような仮想通貨を推すのか?

まず価格下落の要因ですが、これは2018年1月に起こったコインチェック流失事件がきっかけとなっています。

すでにご存じの方も多いでしょうが、この事件は国内大手取引所であるコインチェックから約580億円分のネムが流出した事件を指しており、その影響でネム自体の価格も大幅にダウンしてしまいました。

しかしながらこの事件の折、流出の原因がコインチェック側にあったにもかかわらず、開発者のネム財団が全力でネムの行方を追跡にあたり、活発だった過熱報道の影響を受けてネム財団の知名度が上昇。

ネムが世間的に大きく知られるきっかけとなりました。

つまり現在は価格が下落しているが、今後再び巻き返しに期待できるため、ある意味「今が買い時」と考えることも出来るわけですね。

もちろん話題性だけでなく、ネム自体が優れた仮想通貨であるのは当然の話です。

ビットコインよりも低コストて決済・処理速度が速く、またセキュリティ性も高いことから実用性に優れた仮想通貨であると言えるでしょう。

また現在では、「カタパルト(Catapult)」という新機能に注目が集まっており、この希望が搭載されると、1秒間に40,000,000件のトランザクション処理が可能になります。

そうなれば送金における実用化は広がり、爆発的な価格上昇を伴っても不思議ではありません。

保持するかは別として常に動向を注目しておくべき仮想通貨であることは確かです。

将来性の裏付けポイントまとめ
・一時的に価格が下落している今が狙い目であるとの見方も
・決済の場における実用性の高い仮想通貨である
・カタパルト機能が実装されれば爆発的な価格上昇も

第4位:アイオータ(IOTA)

数ある仮想通貨の中において、このアイオータは「異質」なコインとして知られています。

もちろん異質と言っても悪い意味ではありません。

通常、多くの仮想通貨ではブロックチェーン技術を使っているのですが、このアイオータでは「Tangle」というシステムを活用しているのがミソです。

ブロックチェーンを使わないアイオータでは、非常に少量のデータ送受信を記録できるため、「少額の送金」にも向いているのが特徴になります。

しかも「Tangle」だと送金時の手数料がかかりません

つまり、「少額の送金も出来て手数料もかからないため、決済性が高い」仮想通貨なんですね。

現時点でこの特徴を持つ仮想通貨はアイオータだけですので、オリジナリティの面で見ると非常に強い武器を備えていると言えるでしょう。

将来性の裏付けポイントまとめ
・他の仮想通貨とは異なる独自システムを活用
・非常に少量のデータ送受信が行え、送金時の手数料もかからない
・決済性が高いため、様々な場面で用いられると価値も大幅にアップか

第5位:リスク(Lisk)

イーサリアムと同じく契約の自動化を行える機能、スマートコントラクトがこのリスクにも搭載されています。

ただしリスクはWebの技術として幅広く普及している「Javascript」を採用しており、開発に多くの人が参加しやすいメリットがプラスされています。

もちろん開発に乗り出す人が多ければ多いほど、仮想通貨としての発展スピードは上がり、より幅広いニーズに応えやすくなるでしょう。

そのおかげか、マイクロソフトがすでにパートナーとなっており、目の離せない仮想中かとして各所から注目を集めています。

そしてもうひとつ。

リスクは「プライベートチェーン」という特徴的な機能を備えており、通常のブロックチェーンとはまた別に非公開のチェーンが利用できます。

例えば会社内や特定のグループ内など、限られた空間でのデータ送受信にも活用できますので、トータル的に見て自由度の高い仮想通貨と言えるでしょう。

将来性の裏付けポイントまとめ
・スマートコントラクト機能を搭載
・JavaScriptを採用しているため、多くの人が開発に参加しやすい
・プライベートチェーンによって限定的なグループ内でのデータ送受信が可能

将来性のある仮想通貨ランキングまとめ

仮想通貨の将来性について、ここまでランキング形式にしながら紹介してきましたが、それぞれの特徴や違いはイメージできましたか?

ひとつひとつ見ていくと、同じ仮想通貨でも活用の仕方やメリットが大きく異なるのが分かるかと思います。

将来性を見出すうえでは、それぞれの特徴を把握したうえで、「今後何が求められていくのか?」、世間的なニーズに目を向けることが重要だと覚えておきましょう。

では仮想通貨の将来性を見ていくための特に重要なポイントを、最後におさらいとしてまとめておきましょう。

将来性を見極めるポイント
・現在の価格や市場価値だけで判断しない
・実用性・オリジナリティ・コミュニティの規模を考慮する
・世界的な動向を見ながら「求められているニーズ」を把握する
・企業や金融機関の提携や出資情報はなるべく細かくチェック

仮想通貨市場はひとつのニュース、事件で大きく動きが変動する世界です。

ですが逆にその分、ビットコインのように「大化け」する可能性が秘められているのも面白いところですよね。

今回ご紹介した各仮想通貨ごとの将来性を参考に、気になるコインは常に情報をチェックしていきましょう。