仮想通貨の作り方とは?自作通貨を作成する方法を徹底解説!

仮想通貨と言えば、「安く買って高く売る」のがすべてだと思っていませんか?

実は仮想通貨については、「自分だけのオリジナル」を作ることも可能なんです。

もちろん簡単ではありませんが、自分で作ったオリジナル仮想通貨で

「第二のビットコイン」を目指すことも出来るんですね。

そこで今回は、「自作の仮想通貨を作成する方法を徹底解説」することにします。

いざという時に役立てられるよう、ここで基本をチェックしておきましょう。

独自トークンについて

仮想通貨を自分の手から作り出す行為は、専門用語で「独自トークン発行」と表現します。

ではこの「トークン」とはどのような意味なのでしょうか?

  • 仮想通貨」…ブロックチェーンにて新規ブロックが作成された際に発行されるもの
  • トークン」…既存のブロックチェーンを使い人為的に発行するもの

トークンに関しては、要するに「既存のブロックチェーンを使う」との言葉通り、

すでに存在している仮想通貨から新たに発行されてるものだと考えてください。

実際、ビットコインやイーサリアムなど、知名度の高い仮想通貨をベースにしたトークンは、

現在に至るまでにも膨大な種類が誕生しています。

例えば、ビットコインのプログラムはすべて無料で公開されているため、

どんな人でもダウンロード・改良して、新たなトークンを発行できるわけですね。

オリジナルの仮想通貨を作るメリットは?

「オリジナルの仮想通貨が作れる」と言われても、具体的なメリットが見えてこない限り、

なかなか実践には移しにくいものです。

まずはオリジナル仮想通貨を作ることで得られるメリットや運用方法について、

「何が出来るのか?」を詳しく解説しましょう。

自作仮想通貨があればこんなことが出来る

独自トークン作成の大きなメリットとして、よく見られるのが以下の2点です。

  • 資金調達
  • サイトやサービス利用者に対する特典

まず資金調達についてですが、仕組み的には話題の「クラウドファンディング」に似ています

  1. 独自トークンを発行し、資金調達目的で支援者や投資家に購入してもらう
  2. 購入者は取得したトークンを株式のように売買できる

以上のような仕組みで、資金調達に役立てることが出来るのです。

また「サイトやサービス利用者に対する特典」を目的としてる場合は、

直接的に「お金を集める目的」でなく、独自トークンを発行し配布することで、

所持者に「特典」や「配当」のようなものを提供することも出来ます。

例えば、

〇〇(独自トークン)を10枚持っている人にだけ、メルマガを配布しますよ

みたいな形で、独自トークン所持者に金銭的利益以外の特典を提供するのも可能なんですね。

もちろんこうした形だけでなく、独自トークンが取引所で上場するようなことになれば、

それだけでトークン自体の価値が上がり、大きな利益に期待できるようになります。

オリジナル仮想通貨の作り方①:カウンターパーティー(XCP)を使って

カウンターパーティーとは、

「ビットコインのブロックチェーン上に作られたプラットフォーム」を指しており、

XCPは「このプラットホームを利用するのに必要な通貨」を意味しています。

ここの仕組みはかなり複雑に感じるかもしれないので、

カウンターパーティー(XCP)を使えば、独自トークンが発行できる

とだけ覚えておくと良いでしょう。

ちなみにカウンターパーティー(XCP)を使った、独自トークン作成のメリットは、

何よりその手軽さにあります。

スマホアプリがリリースされていることもあってか、豊富な知識を持っていなくとも

独自トークンが作成可能で、実際にかなりの人気を集めている方法になります。

カウンターパーティー(XCP)を使った独自トークンの作成手順

  1. カウンターパーティ(XCP)公式ウォレットにアクセス、もしくはカウンターパーティ(XCP)公式アプリ「IndieSquareWallet」をインストール。
  2. 「Counterwallet」のアカウントを作成
  3. XCPを取引所で購入して送金
  4. 名前を設定して、トークンを作成

以上で完了となります。

ちなみに通貨単位や発行枚数は作成後自由に変えられるので、

焦って最初に決める必要はありません。

ではカウンターパーティー(XCP)を使った独自トークン作成に関する、

ポイント・注意点をさらに細かくまとめてみたいと思います。

ここに注目!

・アプリ、サイトのどちらでも独自トークンが作成できる
・独自トークン作成には0.5XCPの手数料が必要
・作成にかかる所要時間は5~10分程度

実際にやってみると分かるでしょうが、

想像以上に簡単にオリジナル仮想通貨が作れてしまうので驚いてしまうかもしれません。

オリジナル仮想通貨の作り方②:イーサリアム(ETH)を使って

時価総額第2位につけるイーサリアム(ETH)を利用して、独自トークンを作成する方法です。

イーサリアム(ETH)を使った独自トークンの作成手順

  1. 0.15ETHを用意
  2. MyEtherWallet(マイイーサウォレット)を作成
  3. MetaMask(拡張機能)をGoogle Chromeにインストール
  4. 用意した0.15ETHをMetaMaskのウォレットに送金
  5. tokenfactory(サイト)にアクセス
  6. サイト内「Create Token Contract」を選択し、トークンの名前・シンボル名(略称)・発行量・小数点以下の桁数を決定して「Create Token」を選択

上記の流れで発行が行えます。

ただし、発行手順においては以下の点に注意しましょう。

ここに注意!
・新たに作成するシンボル名(略称)が重複していると、後からMyEterWalletでトークンの追加ができなくなる
・MetaMaskの起動は遅いので3分ほど待つ
・発行量と桁数に関しては、小数点以下の最小単位の通貨となってしまうので注意。桁数より多めに設定するのがおすすめ。(例:数点以下の桁数を8にして、発行量を10000にしてしまうと、トークンを発行した際の全体の発行量が、0.001通貨になってしまう)

以上がイーサリアム(ETH)を使った独自トークンの作成手順ですが、確かに少し複雑ですかね…。

ただし、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)を利用できるので、

USBハードウォレットと連携して保管するなどして、安全性を高められるメリットもあります。

※そもそもMyEtherWallet(マイイーサウォレット)は利用可能な通貨が多い

オリジナル仮想通貨の作り方③:Waves(ウェーブス)を使って

ICOに使われる多機能プラットフォームとして有名なWaves(ウェーブス)。

その特徴は、何と言っても独自トークンを手軽に作成できる点にあります。

また、取引所を使わずにトークン同士の取引や、法定通貨との交換、送金などが可能なため、

非常に利便性の高い点も大きな特徴と言えるでしょう。

ではこのWaves(ウェーブス)に備わっている、

カスタムトークンアプリケーション(CAT)」機能を利用した独自トークン作成手順を紹介します。

ただし、手順を説明する前に、以下のものが用意できるか確認しておきましょう。

  1. Wavesを購入できる環境(海外取引所「Bittrex」がおすすめ)
  2. .GoogleChromeが使える環境

特に「Wavesを購入できる環境」については、Bittrexでアカウント解説して、

Wavesを買える状態に持っていかなければならないため注意が必要です。

「YoBit」や「Liqui」などでもWavesは購入できますが、信用面ではおすすめできません。

さて、上記の環境が用意できるのであれば、いよいよトークン作成に入りましょう。

Waves(ウェーブス)(CAT)を使った独自トークンの作成手順

  1. Waves(ウェーブス)をダウンロード(GoogleChromeの拡張機能です)
  2. アカウントを作成
  3. 1WAVESを取引所で購入し、送金
  4. 送金反映確認後、「TOKEN CREATRION」を選択
  5. トークンの名前、説明文(事業等で使う際は概要を入力)、発行量、小数点以下の桁数、追加供給が行えるかの設定を入力し、「SUBMIT」を選択
  6. トークン発行の確認画面が表示されるので、問題なければ「CONFIRM」を選択

以上で、独自トークン作成は完了です。

なお、作成されたトークンを確認するには「Portfolio」、

各トークンの詳細を確認したい場合は「DETAILS」、

トークンを送付したい場合は、「TRANCEFER」にて指定アドレスへ送付することが出来ます。

作り方自体は手順もシンプルですし、難易度は高くないと言えるでしょうね。

トークン作成に必要なWavesの購入に際して、海外取引所でのアカウント解説が必要ですので、

人によってはここが少し難しく感じられるかもしれません。

オープンソースを元に独自トークンを作成するのは難しい?

仮想通貨自体はプログラムが無料で公開されていたりと、基本的にオープンソースですので、

理論上は「プログラミングで独自トークンを発行することは可能」です。

むしろやり方次第では、独自トークンのみならず独自のプラットフォームすら構築可能なため、

ニーズが増えれば世間的に利用価値が高まり、大きな利益を得やすくもなるでしょう。

ただし、プログラミング自体の難易度が高く、労力や手間を考えると、

難易度はかなり高めだと言わざるを得ません。

要は「難易度が高いが、価値の上昇にも期待できる。」と言えるわけですね。

対象者は限られるでしょうが、技術と時間を割ける人なら挑戦するのもアリかもしれません。

オリジナル仮想通貨の作り方まとめ

ここまで、仮想通貨を自作する方法やメリットなどについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

方法にもよるでしょうが、具体的な作り方を見てみると、

思ったより簡単かも?」なんて感じたかもしれませんね。

もちろん自作トークンが取引所に上場したり、

世界的に認知されるまで成長するのは簡単ではありません。

ですが自作トークンは、

  • 知り合いに配って遊ぶ
  • 限定的なコミュニティ内で使えるポイントとして利用する

などなど、単なる「利益目的」だけでなく、多種多様な用途に使えるのも特徴です。

興味のある方は「オリジナル仮想通貨作り」を一度体験してみてはいかがでしょうか?