仮想通貨DASHの将来性を解説!匿名性暗号通貨の実態とは?

SHARE

仮想通貨DASHの将来性を解説!匿名性暗号通貨の実態とは?

2018年はアルトコインの注目度が高い年です。そんな中で一躍注目をあび、その将来性に数多くのユーザーの期待を担うのは匿名性暗号通貨の「DASH」です。本記事ではDASHの特徴・将来性・購入手順までご紹介します。

仮想通貨DASHとは?

仮想通貨DASHは、ユーザーのプライバシーを尊重した「匿名性暗号通貨」であり、その名が示す通り「取引スピード」に特化したコインです。

そして、あらゆるコインの中でもトップのユーザビリティを提供し、やがては日常の中で当たり前のように使えるコインとなることを目指しています。

仮想通貨DASHの基本情報をチェックしよう

コンセンサスアルゴリズム PoW(X11)
開発者 Evan Duffield
発行枚数 2200万枚
ブロック承認期間 2.5分
現在価格(2018年4月上旬)  約32,000円

仮想通貨DASHと他のコインの違いは?

それでは上記を踏まえて、仮想通貨DASHの特徴をご紹介します。ビットコインと同じくブロックチェーン技術を用いたコインですが、ビットコインに無い3つに特徴を持ちます。

 

マスターノード

これが、DASHの根幹的な技術であり、他のコインとの最大の違いであると言えます。まずは、ノードについてわかりやすく説明します。

ノードとは、噛み砕いて言うと「ユーザー間の取引における中継点・仲介的な役割を持つユーザー」のことで、不正や改ざんは無いか監視する役目を担います。取引が無事完了するためにはノードの承認を得なければなりません。

ビットコインの場合、フルノードと呼ばれるユーザーがこういった作業を担います。これは基本的には無報酬でごく一部のユーザーしか担っていないので、それが取引スピードに支障をきたす要因となりました。

DASHはマスターノードと呼ばれるユーザーがこの役割を担い、ビットコインと違い報酬を受け取ることができます。それなら、ノードを担いたいと考えるユーザーは多数存在することとなり、取引における安定性を保ちます。

取引スピードの早さ

ビットコインが取引決済におよそ10分かかるのに対し、DASHは約4秒で決済可能です。これもやはり、上記のマスターノードというシステムの恩恵ともいえる特徴です。

匿名性の高さ

ブロックチェーンの問題点として、ユーザー同士の取引履歴が筒抜けでプライバシーが保護されていないというものがあります。DASHのような匿名性暗号通貨は「誰が誰に送金したかをわからなくする」ことができます。

2017年のみで100倍に!仮想通貨DASHのこれまでの値動きは?

上記のチャートをご覧いただければわかるように、DASHは2017年11月から2018年明けにかけて異様な暴騰をみせ、価格はリリース当初のおよそ100倍となりました。

その背景には、「ビットコインのスケーラビリティ問題」があります。先ほど少し触れましたが、ビットコインは取引の増大により渋滞のような状態になり、決済スピードが著しく低下しました。

その問題を解決すべく、開発チームはビットコインに「SegWit2x」というバージョンアップを11月に施す予定でしたが、それが延期となりました。

それを受けて、ビットコインユーザーはビットコインに見切りをつけてより将来性のあるコインに資金を移そうとしました。その際に、ビットコインユーザーが目をつけたのがDASHというわけです。

 価格高騰するかも?!仮想通貨DASHの2018年予定のイベント

    • 2018年1月 ロックシェード・キャピタルがDASHのマスターノードに投資したことを発表
    • 2018年2月 ベネズエラでおよそ80店鋪がDASHの取り扱いが決定
    • 2018年3月 格安航空検索サイト「CheapAir」でDASHによる支払いが可能に
    • 2018年4月 秋葉原にてDASHNOミートアップが開催

2018年に入ってからもDASHは企業との提携や、投資を受けさらなる発展を目指し邁進中です。そして今後、DASHに関するニュースで注目度が高いのがEvolution v1のリリース」です。

2018年6月にリリース予定のEvolution v1とは?

DASH Evolution v1とはDASHを用いた送金プラットフォームのことで、「仮想通貨に詳しくなくても使用できる」ことを前提として開発される、ユーザビリティに優れたプラットフォームです。これが実現すれば、DASHの実用性は他のコインから頭一つ抜き出ることになり、価格上昇も大いに期待できます。

 

 実は身近な仮想通貨DASH

日本ではあまり流通していませんが、実は欧米圏や南米などではDASHによる支払いを可能とする店舗やサービスがすでに多数存在します。そして、日本にもやがてDASHに関するインフラが整備されていくと予想されます。

これより、DASHを利用したユニークなサービスやインフラをご紹介します。日本でも利用できるものもあるので要チェックです。

仮想通貨DASHを使えばAmazonでの購入がお得になるって本当?

Bitcartというサイト(現在は運営を停止中)では、Amazonのギフトカードが20%OFFにて販売されていて、ここでギフトカードを購入すればあらゆる商品が20%OFFで購入できます。

これは仮想通貨の実用化を促すために、仮想通貨を利用した方がお得に買い物ができるようにしてユーザーを刺激して、流通を促進させる目的があるようです。

仮想通貨DASHを取引できるATMとは?

世界最大規模のATMネットワークを提供するLamassuがDASHとの業務提携により、インテグレーションされることになりました。これによりDASHはATMでの取引が可能になります。

仮想通貨DASHでジュースが買える!

実は、海外にはすでにDASHで飲み物が購入できる自動販売機があります。ビットコインカンファレンスでDASH専用の自動販売機の開発が発表された他に、ニュージャージー州のシーコーストレパートリーシアターのビットコイン自動販売機ではDASHを受け付けるようになりました。

日本初!仮想通貨自動両替機の登場!

株式会社ガイアエクスチェンジは2018年3月10日より日本初の仮想通貨自動両替機を取り扱うことを発表しました。まだ設置場所の詳細は明らかになっていませんが、24時間365日で仮想通貨を日本円に替えることができるようで、もちろんDASHも取り扱いコインに含まれる予定です。

仮想通貨DASHのこれからの価値について考える

DASHはこれまでの章で解説してきたように、「実用化」に向けて様々な活動や開発が進められてきました。DASHはただの投資商品としてではなく、きちんとこの世界で流通する「通貨」となることを目指しています。そんなDASHの今後についてより詳細に解説していきます。

仮想通貨DASHはこれからの普及に期待!

DASHは既に、流通している数少ない仮想通貨の一つであり、そして日本でもDASH実用化のためのインフラが徐々に整いつつあります。将来性という意味では、開発が滞りがちで権力闘争の中心となってしまっているビットコインより、現状は開発チームが一枚岩で順調に発展しているDASHの方が有望であると言えます。

また前述したEvolution v1がリリースされれば、より仮想通貨が投資商品ではなく、「通貨」として身近なものとなるでしょう。そのため、多くの仮想通貨ユーザーが注目しているEvolution v1がリリースされれば価格上昇も大いに期待できるものとなります。

ジンバブエを救える唯一の手段となるか?

日本のような先進国に住んでいるとイメージしづらいことかもしれませんが、国家が発行する法定通貨も実は万能ではありません。発展途上国の一部では自国の通貨が紙切れ同然になってしまうこともあるのです。

そんな一例がアフリカのジンバブエという国に起ったハイパーインフレです。ジンバブエでは、物価の上昇が加熱しすぎて、「お金」の価値の方が追いつかなくなってしまっています。

そして、そんな事態を改善すべくジンバブエの政府はDASHを自国の基軸通貨として取り扱うことを検討しています。もしそうなれば、それはビットコインですらな成しえていない世界初の法廷仮想通貨の地位をDASHが築くことになり、その将来性は他のコインから頭一つ抜き出るものとなります。

仮想通貨DASHを保有してみよう

では、これまでの解説を読んでDASHを保有してみたいと感じた方のために、DASHのマイニング手法や購入手順とオススメの取引所、保管の方法をわかりやすくご紹介します。

仮想通貨DASHはマイニングできるの?

DASHは他の仮想通貨と同じで、マイニングによって入手することが可能です。ただし、コンセンサスアルゴリズムはPoW(プルーフオブワーク)なので、簡単ではありません。

PoWは最もメジャーなアルゴリズムですが、マイニングするのに相応の専門知識や場合によってはASICという高額な専用機器が必要となったりします。DASHの場合は、一応公式サイトからマイニングを始めることができ、専用機器がなくてもいいようですが、それでも難解な手順を踏みます。

最も初心者向けと思われる方法をご紹介しておきますので、参考にしてみてください。

      • 公式サイトにアクセス
      • 画面下にある「start mining」をクリック
      • 飛んだ先のページ中ほどにある「GPU Mining」をクリック

上記までいったら、飛んだ先のページにマイニングに適したソフトのダウンロードの手法など、それ以降の手順が書いてありますが、やはり少々難解でそれなりに勉強を要するものです。

仮想通貨DASHの取引所を確認しよう

  1. Coincheck
  2. Bitfinex
  3. Bithumb
  4. Binance
  5. Bittrex
  6. Bit-Z
  7. Exmo
  8. HitBTC
  9. Huobi
  10. Livecoin

上記がDASHを取り扱う取引所の一覧です。国内でCoincheckのみですが、現在(2018年4月)ではネム流出事件を受けて閉鎖中なので、今回はBinanceをもとに購入手順をご紹介します。

引用:https://www.binance.com/?ref=12259512

ログインしたら「Exchange」をクリックして「Basic」を選択。

  • 「Exchange」から検索

引用:https://www.binance.com/?ref=12259512

上の画像のような画面になりますので、左上に「DASH」と入力。

  • DASHを購入

引用:https://www.binance.com/?ref=12259512

あとは緑の購入ボタンをクリックするだけで購入できます。

仮想通貨DASHを安全に保有しよう

DASHに限らず仮想通貨の保管において、取引所に預けっぱなしにしておくことほど危険なものはありません。先ほど触れたような盗難事件に巻き込まれる恐れがあります。なので、安全に保管する方法をご紹介します。

公式ウォレットに保管

最もポピュラーな保管方法です。DASHは公式サイトで専用ウォレットが作れますので、それを利用すればWEB上でも取引所よりはるかに安全に取引できます。

ウォレット兼取引所を使う

Openledgerという取引所はウォレットも兼任しているので、手間もかからず通常に取引所保管よりも安全です。ただしDASHは現在上場していないのでご了承ください。

マルチウォレットで一括保管

DASHだけでなく、複数の仮想通貨を保有するユーザーからすれば、種類ごとに専用ウォレットを作成して保管するのはやや煩雑です。そこでExodusJaxxなどの様々な仮想通貨に対応するマルチタイプのwebウォレットで保管することもオススメです。

ハードウェアウォレットで万全のセキュリティ

これまでご紹介したWeb上のウォレットと違い、専用機器を利用した保管方法です。シークレットキーを専用デヴァイスで管理し、オフラインで保有できるので現在のところ最上級に強固なセキュリティであると言えます。

特に信用があり、オススメなのがTREZORLedger Nano Sというハードウェアウォレットです。ご注意いただきたいのが、必ず正規店で購入するようにしましょう。中古品や新古品など出どころが不明瞭なものでは、悪意のある細工が施されている可能性があり、逆効果となってしまいます。