評判のDMMがビットコインFX!アルトコインFXにおすすめの仮想通貨の取引所

SHARE

評判のDMMがビットコインFX!アルトコインFXにおすすめの仮想通貨の取引所

「DMM Bitcoin」が2018年1月11日にサービスを開始する旨を発表しましたので、その特徴やメリット・デメリット、他社との比較、利用が向いている人などをお伝えします。

DMMビットコインは元々は「東京ビットコイン取引所」という名称でしたが、2017年12月1日に金融庁に仮想通貨交換業者としての登録を完了したことで、商号を「DMM Bitcoin」へ変更しました。

【アルトコインFXが可能】DMMビットコインのサービス概要

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
・現物取引3通貨ペア、レバレッジ取引14通貨ペアの取引が可能
・レバレッジ5倍固定で取引が可能
・DMM FXの知見を活かし、利便性の高いPC版・スマホアプリでの取引ツールの利用が可能
・24時間365日の取引が可能
・取引手数料や入出金手数料などが無料
現物取引 BTC/JPY・ETH/JPY・ETH/BTC
取引手数料 無料(現物・レバレッジ)
レバレッジ取引 BTC/JPY・ETH/JPY・XEM/JPY・XRP/JPY・LTC/JPY・ETC/JPY・BCH/JPY
ETH/BTC・ETC/ETH・XEM/BTC・XRP/BTC・LTC/BTC・ETC/BTC・BCH/BTC
レバレッジ 5倍(ロスカット:証拠金維持率80%)
レバレッジ手数料 日歩0.04%相当の日本円をロールオーバー時に減算
入出金手数料 無料
取引時間 24時間365日(毎週水曜日の正午12:00~午後6:00を除く)
スマホアプリ iPhone / Android

DMMビットコインと他社のビットコインFXの手数料を比較!

業者名 入金時 取引時* 利益が出た時* 日を跨いだ時* 出金時
DMM Bitcoin 無料(クイック入金) 無料 無料 0.04% 無料
GMOコイン 無料(Pay-easy) 無料 無料 0.05% 無料
ビットバンクトレード BTC送金手数料 0.01%(新規)
無料(決済)
0.20% 無料 BTC送金手数料
bitFlyer 振込手数料 無料 無料 0.04% 216円~756円
Zaif(信用取引) 振込手数料 無料 0.70% 0.039% 350円~756円
Zaif(先物取引) 振込手数料 無料 無料 0.039% 350円~756円
Zaif(AirFx)* 振込手数料 無料 無料 0.039% 350円~756円
Coincheck 振込手数料 0.04%(ロング)
0.05%(ショート)
無料 0.05% 400円

*取引時の手数料は、「レバレッジ取引手数料」と表現されていることが多いです。
*利益が出た時の手数料は、「キャピタルゲインフィー」と表現されていることが多いです。
*日またぎの手数料は、「借入手数料」「ポジション手数料」「レバレッジ手数料」などと表現されていることが多いです。
*Zaif(AirFX)は、別途2時間おきに最大±0.375%のスワップ手数料が発生します。

さて、こちらの表を確認すると、2017年時点ではDMM Bitcoinは、全体的に非常に手数料が安いことが分かります。ただし、当然メリットとデメリットが存在します。

DMMビットコインを利用するメリットとデメリット

上記の比較を踏まえて、DMMビットコインを利用するメリットは下記です。

  • 日本で唯一アルトコインのFXが可能(GMOコインは今後対応予定)
  • 取引手数料も入出金手数料も無料
  • PCやスマホの取引ツールが使いやすい

一方、DMMビットコインを利用するデメリットは下記です。

  • レバレッジが5倍固定のみ
  • 0.04%の日次手数料がかかる
  • 仮想通貨の現物取引の種類が少ない

こちらのデメリットを踏まえて、ご自身の利用ニーズにあったビットコインFX業者を利用するのがベストですので、まずはレバレッジの比較を確認してみます。

DMMビットコインと他社のビットコインFXのレジバレッジ比較

業者名 レバレッジ
GMOコイン 5倍・15倍・25倍
Zaif 1倍・2.5倍・5倍・10倍・15倍・25倍(先物取引/AirFX)
1倍・2.5倍・5倍・7.7倍(信用取引)
ビットバンクトレード 20倍
ビットフライヤー 1倍・2倍・ 3倍・5倍・10倍・15倍
コインチェック 5倍
DMMビットコイン 5倍

まず、レバレッジが5倍固定ですので、他のレバレッジを試したい方は、5倍・15倍・25倍などの様々なレバレッジを設定できる「GMOコイン」や、3種類のレバレッジ取引が可能な「Zaif」などを利用されるのが良いでしょう。

GMOコインの口コミへ

ZaifのFXの口コミへ

また、DMMビットコインは日次の手数料がかかってしまうため、ビットコインFXのデイトレードには向いていますが、ビットコインFXのスイングトレード(数日間〜数週間単位でポジションを保有するトレード手法)をする際には向いていません。

その場合は、日次の手数料が無料なビットバンクトレードを利用された方が、結果的に手数料が安くなる可能性が高いでしょう。

ビットバンクトレードの口コミへ

最後に、DMMビットコインは現物取引の種類も少ないため、様々な仮想通貨に分散投資をしたい方は、13種類の仮想通貨を扱う「コインチェック」を利用された方が良いでしょう。

コインチェックの公式サイトへ

DMMビットコインに関するまとめと、利用に向いている人


以上を踏まえて、DMMビットコインの利用に向いている人は、ビットコインだけでなく、アルトコインFXにも挑戦したい方かと思います。

DMM Bitcoinの公式サイトへ

ビットコインFXのデイトレードに取り組むのであれば、現状はGMOコインの方がレバレッジの設定が5倍・15倍・25倍と選べますので、GMOコインに優位性があるとは言えるでしょう。

また、GMOコインであれば、現物取引も6種類(ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イサーリアム・イーサリアムクラシック・リップル・ライトコイン)ありますので、仮想通貨への分散投資も可能です。

最後に、GMOコインも今後アルトコインのFXを拡充予定です。そのため、今の所はGMOコインを利用しておいて、今後DMMビットコインがより良いサービスとなっていった場合は、両方の利用を検討されてみても良いのではないでしょうか?

GMOコインの公式サイトへ

GMOコインの口コミへ