イーサリアム(ETH)をお得に購入出来る取引所とは?徹底比較

ビットコイン(BTC)に継ぐ仮想通貨市場第二位の時価総額を持ち、国内外のほとんどの取引所で取り扱われているのがイーサリアム(ETH)です。

新たな仮想通貨を発行する為に資金を集めるICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファーリング)にも利用されています。

その為、仮想通貨中級者以上の方は、イーサリアム(ETH)をポートフォリオに組み込んでいる方もたくさんいらっしゃると思います。

その他にも、この記事に辿り着いた方の中には、

購入する場合、それぞれの取引所で一体どんな違いがあるの?

取引所毎のメリット・デメリットは何なの?

手数料(スプレッド)はどうなってるの?

といった事を思われている方も、多いのではないのでしょうか?

この記事で、しっかりとイーサリアム(ETH)取扱い取引所の比較を行い、ご自身に一番合った取引所を見つける参考にして頂けると幸いです。

それでは、一つ一つ確認していきましょう。

イーサリアム(ETH)って何?

イーサリアム(ETH)の取扱い取引所の比較をする前に、そもそも『イーサリアム(ETH)とは何なのか?』について、復習もかねて、お話しします。

イーサリアム(ETH)の基本情報

名称
Ethereum (イーサリアム)
発行日 2015/7
創業者
ヴィタリック・ブテリン
通貨単位 ether(イーサ)
発行枚数 97,361,466ETH
公式サイト
時価総額
$38,867,046,996 第2位(2018/3/31現在)

coinmarketcap引用

イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)と同じ様に”仮想通貨の名称”と思われがちです。

しかし、正式にはイーサリアム(ETH)はプラットフォームの名称であり、仮想通貨の名称は正しくは、『ether(イーサー)』と呼びます。

ほとんどの場合、イーサリアム(ETH)取扱い取引所においては、『イーサリアム』または、『ethreum(ETH)』と表記されている為、イーサリアム(ETH)をそのまま仮想通貨の名称として使用することが一般的です。

イーサリアム(ETH)は2013年にプロジェクトが発足し、2014年からプレセールによる資金調達が開始されました。

市場に公開され、仮想通貨取引所で取引が開始されたのが2015年7月になります。

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアム(ETH)も、ビットコイン(BTC)と同様にブロックチェーンの暗号技術を利用しています。

ビットコイン(BTC)とは異なる特徴としては、大きく次の2点が挙げられます。

ポイント

スマートコンストラクト(契約)
独自トークンの発行(ICO)

順番に見ていきましょう。

スマートコンストラクト(契約)

イーサリアム(ETH)最大の特徴が、『スマートコントラクト』です。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクト(smart contract)は、日本語に直訳すると「賢い契約」の意味です。

契約を自動化することで、より、簡単に取引できる仕組みを作りたいという考えから実装されました、

つまり、あらゆる契約行動をプログラム化して、自動的に執行することができます。

ビットコイン(BTC)を例に挙げると、Aさんが、Bさんに1ビットコイン(BTC)を送金すると、「ブロックチェーン上にAさんがBさんに1ビットコイン(BTC)送金した」ということが記録されます。

一方、イーサリアムの場合は、「AさんがBさんに1イーサ(ETH)を送るとBさんがAさんに車を渡します」といった契約内容まで取引情報の中に記録することが可能というわけです。

スマートコントラクトの仕組みにより、第三者を介さず、完全自動で契約執行が可能となります。

独自トークンの発行(ICO)

イーサリアム(ETH)には、ERC20というアルゴリズムを用いて『独自トークン』の発行が、簡単にできる仕組みが備わっています。

イーサリアム(ETH)取扱い取引所におていも、ERC20というキーワードは聞いたことがあるのではないでしょうか?

独自トークンは、ほとんどの場合、『ICO(Initial Coin Offering)』に利用されます。

ICOとは

仮想通貨を用いた資金調達『ICO(Initial Coin Offering)』と呼びます。

ICOを実施する側は、新たな事業を立ち上げるにあたり、独自トークンを発行して投資家から資金調達を行います。

ICOは未上場のスタートアップ企業等であっても、短期間で巨額の資金を調達する手段として、現在の仮想通貨市場の主流となっています。

ICOを行う側は仮想通貨、ブロックチェーンを利用したプロジェクトを開発する為の資金を調達します。

その代わりに新たなコイン(トークン)を投資家に渡す事で、そのコインの「値上がり」や「プロジェクト内での活用」といったメリットが投資家には生まれるわけです。

イーサリアム(ETH)のアップデート

イーサリアム(ETH)は4段階のアップデートを通して、完全な通貨になるように設計されています。

ポイント
  • フロンティア
  • ホームステッド
  • メトロポリス
  • セレニティ

現在は、『メトロポリス』までのアップデートが完了しています。

2018年度内に最終アップデートの『セレニティ』が完了する予定となっています。

それぞれ段階的に、『スマートコントラクトの簡略化』、『セキュリティ強化』、『匿名性の強化』を軸として、ユーザーが使いやすい通貨になるようにアップデートされています。

イーサリアム(ETH)取引所比較表

国内のイーサリアム(ETH)取扱い取引所を纏めました。

それぞれの取引所で、手数料や運用条件が違うことが、ご理解いただけると思います。

取引所名 手数料 通貨ペア ETH出金手数料
bitFlyer(ビットフライヤー) 0.20% BTC/JPY 0.005ETH
Zaif(ザイフ) 0%(M)0.1%(T) BTC/JPY 0.01ETH
bitbank.cc(ビットバンク) 0% BTC 0.005ETH
DMM Bitcoin 0% JPY・BTC 0.001ETH
QUOINEX(コイン) 0.25% BTC 無料
BITPOINT 0% JPY 無料
coincheck(コインチェック) 0% BTC/JPY 0.01ETH
みんなのビットコイン 0.25% BTC/JPY 無料
GMOコイン 0% JPY 無料
Bit Trade(ビットトレード) 0.2%(M)0.25%(T) BTC 0.005ETH
BTCBOX(ビーティーシーボックス) 0.10% JPY 0.01ETH

 

イーサリアム(ETH)取引所ランキング

今回は下記の3つのポイントを元に、売買にベストなイーサリアム(ETH)取扱い取引所を選定していきたいと思います。

ポイント
  1. 取引所自体の使いやすさ
  2. 手数料(取引手数料、出金手数料)
  3. 取引ボリューム

 

第一位 Zaif(ザイフ)

総合評価 ★★★★★(5.0 / 5.0)
取引所の使いやすさ ★★★★★(5.0 / 5.0)
手数料 ★★★★★(5.0 / 5.0)
通貨取引量 ★★★★★(5.0 / 5.0)

イーサリアム(ETH)を最もお得に購入できるのは、『Zaif(ザイフ)』です。

国内取引所では珍しく、日本円建てで指値取引を行うことが可能で、購入価格自体を抑えることができます。

また、ビットコインにおける現物取引に関しては、取引手数料が-0.01%なっており、手数料を受けとることができます。

ポイント
  • 豊富な独自トークン
  • 取引手数料が国内最安
  • コイン積立精度

第二位 bitbank.cc(ビットバンク)

最近になり、大変評価されている取引所です。

イーサリアム(ETH)は勿論のこと、全通貨ペアの取引手数料が無料で利用することができます。

また、セキュリティにも定評があり、全通貨コールドウォレット、マルチシグ対応など、ユーザーにとってはかなり安心できるシステムを提供しています。

その他、FXにおけるレバレッジ取引も最大20倍での取引が可能であり、トレーダーの使いやすさにも配慮した設計になっています。

総合評価 ★★★★✰(4.0 / 5.0)
取引所の使いやすさ ★★★★✰(4.0 / 5.0)
手数料 ★★★★★(5.0 / 5.0)
通貨取引量 ★★★★★(5.0 / 5.0)
ポイント
  1. 全通貨ペアの取引手数料が無料
  2. 強固なセキュリティ(コールドウォレット)
  3. レバレッジ20倍

第三位 bitFlyer(ビットフライヤー)

総合評価 ★★★★✰(4.0 / 5.0)
取引所の使いやすさ ★★★★✰(4.0 / 5.0)
手数料 ★★★✰✰(3.0 / 5.0)
通貨取引量 ★★★★★(5.0 / 5.0)

成見璃子さんのCMでお馴染みの、国内最大の仮想通貨取引所です。

イーサリアム(ETH)だけでなく、主要仮想通貨のほとんどが取引可能です。

先日の、NEMハッキング問題までは、Coincheck(コインチェック)社とライバル関係にありました。

現在は、総合的に国内の仮想通貨取引所では、ユーザー数ではNo1のポジションを築いています。

ポイント
  1. 信頼感のある取引システム
  2. 国内随一の仮想通貨取引量
  3. 安心の補償制度

番外編(海外取引所)

Binance(バイナンス)

総合評価 ★★★★★(5.0/5.0)
取引所の使いやすさ ★★★★✰(4.0/5.0)
手数料 ★★★★★(5.0/5.0)『BNBトークンの活用』
通貨取引量 ★★★★★(5.0/5.0)

イーサリアム(ETH)に特化した取引所ではありませんが、もはや知らない人はいない海外取引所です。

Binance(バイナンス)は、中国の取引所で設立した取引所です。

順調にユーザー数を増やし、現在は600万人以上が利用する世界最大の仮想通貨取引所となっています。

主要仮想通貨以外にも、所謂『草コイン』といわれる価格が安い通貨を豊富に取り揃えていることが特徴的です。

今後、仮想通貨取引を行っていく上で、必ず必要になる取引所です。

ポイント
  1. 豊富な仮想通貨(トークン含む)
  2. 圧倒的な取引量
  3. 手数料最安(BNBトークン建0.05%)

まとめ

今回は、イーサリアム(ETH)をお得に購入できる取引所を比較、およびランキング形式で纏めました。

今回ご紹介している取引所は、どれも信頼がおけるイーサリアム(EHT)取扱い取扱取引所です。

是非、実際に使用した上でご自身に一番合ったものを見つけてください。

また、知らず知らずの内に、『膨大な手数料を払ってしまっていた』ということにならないように、日頃から比較検討して、自身に一番合った取引所をブラッシュアップしていく癖を身につけましょう。