【図解】ビットバンクトレードの登録・口座開設方法からビットコインFXの始め方までを解説

ビットバンク株式会社が運営する「ビットバンクトレード」でビットコインFXを始めるためには、ビットバンクトレードの登録と、ビットバンクの登録の2つが必要になります。

なお、ビットコインFXができる「ビットバンクトレード」は、今なら当サイトからの登録で半年間手数料が20%割引になりますので、宜しければこの機会にご活用ください。

ビットバンクトレードの公式サイトへ

まずはビットバンク(bitbank.cc)でビットコインを購入


まず、ビットバンクトレードの場合は、ビットコインを証拠金(担保)として、ビットバンクトレードに預ける必要があります。

そのため、別途「ビットコイン」を購入する必要があります。

それでは「ビットコイン」はどこで購入できるか?と言うと、ビットバンク株式会社が運営する「ビットバンク」という、金融庁登録済の仮想通貨の取引所で可能です。

「ビットコイン」自体は、コインチェックなどの他の仮想通貨の取引所でも購入が可能ですが、「ビットバンク」に登録しておけば、ビットバンクトレードの本人確認が簡単に終わりますので、合わせて登録されておくのがおすすめです。

また、今ならビットバンクでは取引手数料無料キャンペーンをやっています。


コインチェックやZaifなどの他の仮想通貨の取引所よりも、お得にモナーコインやビットコインキャッシュ、リップルなどを直接日本円から購入することも可能です。

ビットバンク(bitbank.cc)の口座開設方法(無料)


ビットバンクの口座開設方法ですが、まずはビットバンクの公式サイトにアクセスし、メールアドレスを入力して「無料口座開設」にすすみます。

そうすると登録したメールアドレスにビットバンクからメールが送られてきますので、URLをクリックしてログインの登録をします。その後、パスワードを登録し、利用規約等を確認してチェックを行います。

個人情報の入力と本人確認書類の写真をアップロード

続いて、マイページにログイン後に「登録情報」を選択し、氏名や住所等の個人情報を入力します。

個人情報の入力が終わると、「本人確認情報のアップロードに進む」という画面が出てきますので、本人確認書類を写真で撮ってアップロードします。

これで、仮想通貨の取引所の「ビットバンク」の口座開設は完了です。

ビットバンクからビットバンクトレードへ連携


ビットバンク(bitbank.cc)の口座開設が完了したら、ビットコインFXの「ビットバンクトレード(bitbankTrade)」の口座は簡単に開設が可能です。

なお、ビットバンクトレードは「追加証拠金制度」がないため、投資元本以上の損失が出ない仕組みが導入されており、日次手数料(スワップポイント)もかかりませんので、長期間のトレードに向いています。

ビットバンクトレードの連携のためには、ビットバンクのマイページ画面の右上から、アカウントページに行きます。


こちらで「アカウント連携」を選択すると下記の画面がでます。

こちらに記載されている「連携パスワード」をビットバンクトレードに入力します。

ビットバンクトレードの登録


ビットバンクトレードの登録は非常に簡単です。

まずはこちらから公式サイトに飛んで、メールアドレスとパスワードを入力し、登録します(当サイトからの登録で、上記の図のように半年間20%の手数料割引が適用されます)。

そうすると下記のメールが届きます。

ここから再びビットバンクトレードのマイページに行き、「入出金」→「BTC引出」ボタンをクリックすると、先ほどの「ビットバンク」で表示されたパスワードを入れる画面がでます。


こちらにパスワードを入れれば、ビットバンクトレードでの取引が可能になります。

ビットバンクでビットコインを購入


続いて、ビットバンクでのビットコインの購入方法ですが、簡単なのは「成行注文」という方法です。

「成行注文」の場合は、注文時の最適なレートで勝手にビットコインを購入してもらえます。上記の図は、10万円分のビットコインを「成行注文」で購入する例になります。

やり方は簡単で、アカウントのトレード画面から、①「BTC/JPY」を選択し、②「成行注文」を選択し、③日本円の金額を入力し、④「注文ボタン」をクリックすれば購入が完了します。

値段と数量を指定するなら、指値注文が便利


指値注文とは、買うもしくは売る値段を指定して注文する方法です。ビットバンクトレードの取引板には、売り注文と買い注文が並んでいます。

例えば、上記の図は0.0002BTCを1,968,066円で売りたいという「売り注文」が出ていることがわかります。こちらをクリックすると、自動的に注文画面に反映されます。

この「売り注文」に対して、「買い注文」を発注すると、注文が約定されて、0.0002BTCを購入することができます。

もちろん指値注文の場合は、板に出ている「売り注文」に対して注文を出すだけでなく、自分で自ら買いたい金額と数量を入力して「買い注文」を発注することもできます。

自分が出した「買い注文」に対して、誰かが「売り注文」を出せば、注文が通ります(=約定します)。

ビットバンクから、ビットバンクトレードへビットコインを送金


こうしてビットコインを購入したら、最後に「ビットバンク」から、「ビットバンクトレード」へビットコインを送金します。

ビットバンクトレードのどこへ送金するかというと、マイページから「入出金」→「BTC預入」ボタンをクリックします。

そうすると上記の図のようにビットコインの送金先(アドレス)が表示されますので、こちらのアドレスを画面上でコピーし、ビットバンクのアカウントへ移ります。

ビットバンクからビットコインを引き出す

ビットバンクのアカウントの「入出金」から、ビットコインの「入出金」ボタンをクリックします。そうすると下記の画面が出ます。

「アドレス」を追加ボタンをクリックすると下記の画面が出ますので、「新規追加」ボタンをクリックします。


そうすると下記の画面がでますので、「ラベル」欄に「ビットバンクトレード」などとわかりやすい名前を入力し、「ビットコインアドレス」欄にコピーしたアドレスを入力します。

二段階認証やSMS認証をされている方はそちらの数字を入力し、「追加する」ボタンを入力します。

そうするとアドレスが設定されますので、元の画面で送金したいビットコインの引出数量を入力して、「引出内容を確認」ボタンをクリックし、内容に問題がなければそのまま送金します。

ビットコインの送金ネットワークの混雑状況によりますが、しばらくするとビットバンクトレードにビットコインの預け入れが反映されます。

現物口座からFX口座へビットコインを振替


ビットコインの入金が反映されたら、現物口座からFX口座へビットコインを振替します。振替は簡単で、アカウントから「トレード」→「口座振替(現物⇆FX)」の画面に移ります。

そこで①「現物口座→FX口座」を選択し、振替したいビットコインの②「数量」を入力し、③設定した取引パスワードを入力し、④「振替予約」ボタンをクリックすれば、FX口座にビットコインを預け入れることができます。

これでビットコインFXに取り組む準備は全て完了で、こちらのビットコインが証拠金となり、証拠金の最大20倍の金額の取引ができるようになります。

ビットバンクトレードの公式サイトへ

ビットバンクトレードの具体的な使い方はこちら