ライトコイン(LTC)の将来性は?2018年を大胆予想!

仮想通貨といえば「ビットコイン」と答える人はいまだに多くいることでしょう。

しかしながら、ビットコインの爆発的な価格上昇が落ち着いた今、

その他の仮想通貨に対する注目度が上がっているのもまた事実です。

第二のビットコインを探せ!といった感じで、

次なる注目銘柄を探そうとする人が増えているようなイメージですね。

その中のひとつとして、

仮想通貨が注目され始めた頃から根強い人気を誇っている「ライトコイン(LTC)」があげられます

いわゆるアルトコインの中のひとつですが、まだまだ知名度や人気では

ビットコインに追い付いていない部分もあるでしょう。

  • 名前は聞いたことあるけど、どんなコインなのか詳しくは知らない…
  • 他の仮想通貨とは何が違うの?
  • これから価格が伸びそうなコインなの?

などなど、ライトコイン(LTC)に関して様々な疑問を抱いている方も未だ少なくないでしょう。

そこで今回は基本情報を交えながら、

ライトコイン(LTC)の将来性
「2018年の価格

などを大胆予想しました!

ライトコインとは?

仮想通貨の運用は性質的に「株式投資」と似ているかもしれません。

複数存在する各種銘柄の中から任意のものを購入し、販売することで利益を得る。

株式投資も仮想通貨運用も、どちらともに上記の仕組みで成り立っているといえるからです。

もちろんこの仕組みを利用して、より「利益をあげる確率をアップ」させるためには、

銘柄それぞれの特徴や基本情報を押さえることが重要になります。

例えば株式であれば、

「この会社は将来性が見込めるから、今後上がりそう」

という予測を立てるには、会社概要や特徴を把握しておかなければいけませんよね?

仮想通貨を購入する際にもこれと同じ理屈が当てはまると考えてください。

ライトコインの将来性を予想する前に、「まずは基本を押さえておくべき」ということです。

ライトコインの基本情報

ライトコインはどんな仮想通貨なのか?

こちらを知るうえで大切な情報をまずはまとめてみましょう。

ライトコインの特徴
・2011年10月に公開された仮想通貨
・Googleの元エンジニア「Charlie Lee氏」によって開発
・ビットコインをベースにして作られた
・ブロック(取引データ)の承認時間はビットコインのおよそ1/4
・発行枚数もビットコインの4倍

以上の点を見てもわかる通り、ライトコインは

「ビットコインの持つ課題や不安要素をカバーする目的で作られた」

ともいえる仮想通貨です。

あくまでベースがビットコインとなっているため、

「ビットコインが金(ゴールド)なら、ライトコインは銀(シルバー)を目指そう」

というテーマで作られたことも覚えておくと良いかもしれませんね。

つまり、

ビットコインも良いけど、ライトコインも違う部分があって良いよね

みたいな感じで評価を得て、ビットコインに続く人気獲得を目指したようなイメージです。

ライトコインのメリットは?

やはりビットコインの「上位互換」的な意味合いを持つ仮想通貨ですので、

ライトコインのメリットはビットコインとの比較を元に考えると分かりやすいでしょう。

特に大きなメリットは以下の3つです。

  1. 取引スピードが速い・・・取引の承認時間がビットコインのおよそ1/4に短縮。
  2. 発行量が多い・・・ビットコインの2100万枚に対して、ライトコインは8400枚。
  3. セグウィット(SegWit)を実装している・・・取引履歴を圧縮してデータ量を小さくする処理機能。

これらのメリットは基本的に、「ビットコインと比較して優れている」と考えてください。

ビットコインの場合、ブロック(取引データ)の承認時間がおよそ10分と長く、

実用性が低いのでは?

と問題視されていましたが、ライトコインではその課題が改良されいるのが一番の特徴です。

例えば自分が何か商品を買う時、決済処理が完了するまで10分待つのと2分半待つのでは大違いですよね?

つまり、ビットコインと比べて取引の承認時間が短縮されたということは、

それだけ「決済に使いやすい実用的なコイン」に適しているといえるわけです。

また、圧縮作業によってブロックチェーン上ての処理を軽くし、

取引処理能力を高められるセグウィット(SegWit)を導入したのも、ライトコインの大きな特徴でしょう。

ライトコインのデメリットは?

他の仮想通貨にも言えることですが、ライトコインもメリットだけではありません。

以下の点は、現時点におけるライトコインの課題や不安要素です。

  1. セキュリティ面
  2. 取引承認時間の短い他のコインの登場

まずセキュリティ面に関してですが、

ライトコインはビットコインより取引にかかる承認時間が短縮された点が関係しています。

もちろん取引承認時間の短縮自体、大きなメリットであることには変わりありません。

しかし「取引承認時間の短縮」=「マイニングの難易度が低くなった」と解釈することもでき、

これは同時にハッキングなどの脅威もビットコインと比べて上がってしまったともいえるのです。

さらにライトコインの大きなメリットである、

「取引承認時間の短さ」も現在では圧倒的優位ではなくなりました。

モナーコインやモネロなどの仮想通貨はライトコインより取引承認時間が短いため、

今後ニーズが分散していく可能性があると考えられます。

ライトコインのこれまでの価格推移と動向

実はライトコインに関して、当初は日本国内でそれほど注目を浴びる仮想通貨ではありませんでした。

典型的な「海外先行型の仮想通貨」であり、特にアメリカでの人気が目立っていました。

その背景としては、アメリカ最大の仮想通貨取引所GDAX(コインベースが運営)にて、

2017年12月までビットコイン、イーサリアム、ライトコインの3種類しか取扱い銘柄がなかった点が限られます。

GDAXはユーザー数1000万人を超える規模の巨大取引所であるにも関わらず、

取扱い銘柄が少ないため、必然的にライトコインにも注目が集まってコミュニティが活性化
したわけですね。

ではここで、ライトコインのこれまでの価格推移を示したチャートを見てみましょう。

出典: https://coinmarketcap.com/currencies/litecoin/

やはり他の仮想通貨と同じく、2017年~2018年にかけて大きく伸びを見せたのが分かるかと思います。

ただ、他の仮想通貨とは異なる背景も持っているため、過去の値動きに沿って解説することにしましょう

2013年の急騰

ライトコインが公開されたのは2011年ですが、

まず注目すべきは「仮想通貨全体の爆上げとなった2017年」ではなく、2013年の値動きです。

以下は2013年7月から、2016年7月にかけてのライトコインの価格チャートです。

出典: https://coinmarketcap.com/currencies/litecoin/

ちょうど2013年の終わりごろに価格が急上昇しているのが分かるでしょうか?

このタイミングについてですが、実は2011年の公開以降、長らく2~300円台をキープしていたライトコインが、

突如としておよそ15倍もの爆発的な値上がり(5000円台まで)をみせた時期になります。

では「なぜいきなり値上がりしたのか?」

これには当時キプロスという国が陥っていた財政危機(キプロス・ショック)が深く関係しています。

キプロスはこの当時金融危機に瀕しており、EU(欧州連合)に金融支援を求めました。

これを受けてEUはキプロス支援を決定したのですが…。

しかし支援の条件として、

キプロス国内の銀行預金を封鎖し預金の一部から税金を徴収」するよう求めたのです。

この事実を知った国民は当然大混乱。

大切な資産を守るために自らの現金を仮想通貨に変える人が急増しました。

結果的に、ビットコインはもちろんライトコインまで需要が高まり、価格が急騰したというわけです。

2017年の急騰から現在まで

キプロス・ショックに際して、一時は価格が急騰したライトコインですが、

数か月で再び以前の水準に戻る結果となりました。(前述チャート参照)

ところが2017年、
「ビットコインの歴史的な急騰に続け」とばかりにライトコインも再び価格が急上昇しました。

出典: https://coinmarketcap.com/currencies/litecoin/

こちらは2017年1月から現在までのライトコインの価格チャートです。

ちょうど2017年の年末から2017年頭にかけて、一気に価格が急上昇しているのが分かりますね。

この際のライトコインの伸びは、2013年「キプロス・ショック」時の伸びとは比較になりません。

2013年の急騰は最高で5000円台でしたが、

2017年12月は最高で35,000円程度まで価格が急騰しました。

ただし、もちろんこの「ある意味異常な高騰」はライトコインのみではなく、

他の多くのアルトコインにも共通している流れです。

2018年になると、やはり他の仮想通貨と同じく落ち着きを取り戻しライトコインも価格の下落を辿りました。

ここ最近では1万円台後半~2万円台前半を行き来しているのが現状です。

ライトコインの将来性と2018年の価格予想

今後の価格予想に言及する前に、

2018年に入ってから、ほとんどの人気仮想通貨が下落傾向にある

ことを頭に入れておきましょう。

確かに今年に入ってから、ライトコインは価格が落ちましたが、

これは「仮想通貨市場全体の避けられない流れ」ととらえることすら出来るかもしれません。

従って今回は、現在の仮想通貨市場の動向を踏まえたうえで、今後の価格予想を立てました。

2018年に何故仮想通貨相場は落ち込んだ?
皆さんご存知の通り、「コインチェックでのNEM(ネム)流出問題」などで、

やっぱり仮想通貨って危ないんじゃ…?

といった論調が世間的に広がった影響は大きいと思われます。

ですがそもそも、2017年の仮想通貨全体的に見られた価格急騰自体がかなり異常でしたので、

現在は再び“通常の状態に戻った”ともいえるかもしれません。

ライトコインの現状を踏まえて2018年の価格を大胆予想!

まずは以下の価格チャートをご覧ください。

出典: https://coinmarketcap.com/currencies/litecoin/

こちらは2017年11月から現在までのライトコインのチャートですが、

赤と青の二つの矢印に注目してみましょう。

2017年の価格急騰直前の価格」と「現在の価格」をそれぞれ指した矢印になります。

この2つを比較するのには大きな意味があり、

2018年に入り価格が下落したライトコインですが、実は急騰以前の価格より現在のほうが相場が高いことを物語っています

ライトコイン同様、他の仮想通貨も同じように2018に入ってから価格が下がっているのですが、

現時点の価格が「2017年の価格急騰直前の価格と同等以上」の仮想通貨ばかりではありません。

つまり、異常な高騰が落ち着きを取り戻した現在でも、

以前より価格が高いライトコインは、それだけ仮想通貨として高い評価を得ていると捉えることも出来るのです。

その証拠に、ライトコインは「仮想通貨の時価総額でも6位」を現在キープ。

依然として注目度が高く将来性を期待されているコインであるのが分かります。

実際、チャートを見ても分かるように

2018年は当初こそ下落が続いたものの、2月には再度上昇、そしてまた現在右肩上がりの推移を見せているあたり…。

今後再び上昇気流に乗り、価値が大幅に上がる可能性も低くはないと感じます。

いえ、むしろ今後値上がりするであろう材料を備えた仮想通貨と言えるでしょう。

ライトコインの将来性を図る上でのポイント

ライトコインの値上がりを予測するのは、

単に過去と現在の値動きだけを参考にしているからではありません。

以下「ライトコインの将来性と今後の値動きを左右する可能性を持つ具体的なポイント」をご覧ください。

ここに注目!
・海外のコミュニティが数多く存在し、今後の活性化にも期待できる
・ライトコイン決済可能なATMの設置など、海外では「実用化」が進む動きも
・誕生が2011年と歴史があり、信頼度が高い
・ライトコインをベースにした仮想通貨も複数開発されている

以上のような点などから、ライトコインは「実用化」に対する動きが海外を中心に広がっており、

またコミュニティの多さを武器に、今後開発がさらに進んで発展していく見込みもある仮想通貨です。

また、2019年はライトコインのマイニングが半減期に当たるタイミングとなっており、

マイニング報酬が半減すると価格が上昇するという傾向を踏まえても、将来性は明るいといえるでしょう。

2018年のライトコインの価格まとめ

ライトコインが2018年に価格を伸ばすのか?今後の将来性は明るいのか?

などの点についてここまで詳しくお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

価格高騰のカギを握るマイニング半減期が来年に迫っていることもあり、

まさに今年こそがライトコインにとって勝負の年になる可能性は大いに考えられます。

ただし、取引処理が速い他の仮想通貨との兼ね合いが気になるところでもありますので、

「ライトコインの実用化に関するニュースやトピックス」などには引き続き注目すると良いでしょう。