2018年のモナコインの価格を大予想!今後の上昇は?

2017年は仮想通貨にとって、まさに「バブル」とも言える一年でした。

ビットコインを筆頭にあらゆるコインが高騰し、仮想通貨人気を爆発的に広めるきっかけとなったのはご記憶にも新しいでしょう。

ところが2018年に入り状況は一転。

ビットコイン、更には軒並み高騰していたあらゆるアルトコインの価格下落が続き、予断を許さない状況が続いています

そんな高騰~暴落の典型的な流れを辿ってきたアルトコインのひとつ、モナコインの今後の行く末を気になさっている方も多いでしょう。

日本生まれの仮想通貨であり、日本人にとって馴染みが強いからこそ、放ってはおけない存在なのかもしれませんね。

そこで今回は「2018年のモナコインの価格を大予想」することにします。

果たして再び価格が上昇する見込みはあるのか…?

徹底的に解説していきましょう!

モナコインとは?

仮想通貨の運用をしている人なら、ほとんどの方が「モナコイン」の名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれませんね。

すでにご存じの方も、そうでない方も、まずはモナコイン自体について要点を押さえておきましょう。

モナコインの基本情報

以下はモナコインの成り立ちや仮想通貨としての基本概要をまとめたものです。

モナコインの特徴
・2013年に公開された日本発の仮想通貨
・2ちゃんねるから発祥し、有名なアスキーアートである「モナー」が元になっている
・ライトコイン(LTC)をベースに開発された(いわゆる上位互換)
・投げ銭ができるTwitterのサービスがある
・モナコインで商品やサービスの購入ができる(通称:モナ払い)
・国産ということもあり、日本国内での注目度が高い
・モナコインは日本円で購入する人が多い

ざっと挙げると、こういった特徴を持った仮想通貨になります。

2ちゃんねる発祥で、アスキーアートを元にしていることから、ジョークコインだと考える人もいるようですが、実際には仮想通貨として「実用性に優れたコイン」といえるんですね。

事実、1500種類以上存在する仮想通貨の中にあって、モナコインは現在時価総額59位(2018.4.10)につけており、期待値の高いコインであるのが見て取れます。

また、皆さんご存知「ホリエモン」こと堀江貴文氏もモナコインを大量に所持しており、ホリエモンが支持している仮想通貨としても大きな話題になりました。

「日本発」というユニークな特徴だけでなく、運用価値にも優れている仮想通貨であるのが、ここまでで何となくイメージできたでしょうか?

モナコインが具体的に優れている点

国産の仮想通貨として、日本人の間では一目置かれる存在とも言えるモナコイン。

では具体的にどのような点が優れているのかと言うと…

まずは何より、「モナコインを愛する人が多い」のが特徴的です。

愛するって何だ…と思われるかもしれませんが、仮想通貨は関わる人が多ければ多いほど、市場が活性化したり、開発が活発になる傾向にあります。

そしてモナコインは国産の仮想通貨であることも味方し、愛好家たちのコミュニティが活発で、

中には自らの資産をはたいてでも普及を広めようとする「モナコイン愛の強い人たち」が多く存在するコインなんですね。

例えばモナコインを擬人化してキャラクターを作ったり、繁華街の巨大スクリーンに広告を出したり、などなど…。

モナコインは多くの愛好家に支えられて、その人気と知名度をジワジワ上げてきた仮想通貨と言えます。

ちなみに人気や話題を抜きにして、モナコインは「非常に高い技術力を備えた仮想通貨」である点も見逃せません。

すでに一定の人気を得ていたライトコインを元に開発され、世界で初めてSegWit(送金が速くなるシステム)を実装

ビットコインと比べて、送金速度、手数料どちらを取ってもモナコインが勝っているという優れものです。

特に送金速度に至ってはビットコインがおよそ10分でブロックが作られるのに対し、モナコインはおよそ90秒でブロックが作られるという、かなりの高速化を実現させました。

決済としての実用化には「送金スピードの速さ」が欠かせませんから、モナコインはある意味「ビットコインより使える仮想通貨」と考えることも出来るのです。

モナコインのこれまでの価格推移と動向

今でこそ一定の知名度と注目を集めるモナコインですが、現在に至るまで常に順調とは言えませんでした。

以下はモナコインが発行された2014年末から現在に至るまでの価格推移を示したチャートです。

こちらを参考に、これまでの動向について振り返ってみましょう。

発行から~2017年末まで

チャートを見ても分かる通り、発行からおよそ3年弱は全くと言っていいほど人気のない仮想通貨でした。

ほとんどの期間で10円未満という状況が続く中、しかし2017年10月、突如としてモナコインは爆発的に高騰し、15倍ほどまで価格が跳ね上がります
※2018年12月6日には2200円を超えました

この「爆上げ」の要因としてはいくつかの理由が考えられます。

その1:ビットフライヤー(bitFlyer)への上場
それまでZaifとbitbankでしかモナコインは取引できませんでしたが、国内でも屈指の大手取引所「bitFlyer」で取扱いが開始されたのが爆上げの要因としては十分に考えられます

大手取引所に上場(取扱い)するということは、ただそれだけで大きな知名度アップにつながります。

更にモナコインの名が知れるにつれて、「日本発の国産仮想通貨」であることなどが認知され始めて人気に火が付いた可能性はあるでしょう。

モナコインって最近よく見るな…。え?国産の仮想通貨なの?しかもあのモナーがモチーフになってる!買ってみるか!」みたいな感じで、勢いで人気が一気に高まったような事態が想像できるんですね。

その2:他の仮想通貨高騰のあおりを受けた
2017年下旬と言えば、ビットコインがものすごい勢いで高値を更新し続けていた時期になります。

ご存知の方も多いでしょうが、この時期に「ビットコインに続け!」といった具合に高騰したアルトコインは少なくありません。

そう考えると、爆上げ前のモナコインは50円~90円程度の位置をキープしていたため、安値で放置されていたものが注目を浴びて一気に高騰した可能性も考えられるわけです。

理由はどうあれ、2017年末の爆上げをきっかけに、更にモナコインは世間から注目を集める仮想通貨となりました。

2018年1月から現在まで

2017年に「人気仮想通貨」の仲間入りを果たしたモナコインですが、価格上昇の勢いは長く続きませんでした。

2018年1月にモナコインの価格は下落。
現在も下落の傾向は相変わらずで、340円台(2018.4.10)にとどまっている状態です。

ただし、下落したのはモナコインだけではありません。

2018年に入ってから現在まで、仮想通貨全体の価格が下落しており、モナコインだけが見放されたのではなく、市場全体が落ち着いていると捉えるのが正しい見方です。

やはり「コインチェックの流出事件」なんかが大きいと考えるべきでしょうね…。

あの事件をきっかけに、日本では「仮想通貨ってやっぱり危ない!?」みたいな感じで印象が悪くなってしまったのは事実ですから。

それでも、また異なった目線で見てみると、モナコインに関する意外な事実も見えてくるものです。

モナコインの時価総額

  • 2017年10月2日:120位
  • 2018年4月10日:59位

見ての通り、価格が高騰したタイミングより、下落した現在のほうがモナコインの時価総額は高く位置づけされています

それも大幅なジャンプアップを果たしていますから、モナコインの人気が根強く残っており、未だ期待されている仮想通貨であると分かるでしょう。

モナコインの2018年の価格予想

昨年末、一時的に2000円台にまで伸びたモナコインも現在では1/6程度まで価格が下落した状態にあります。

しかし仮想通貨全体を通して価格が下落している今、何らかのきっかけを元に再び上昇する仮想通貨が出てくる可能性は当然考慮しておかなければいけません

ではモナコインについて、2018年はどのような価格推移を辿ると予想できるでしょうか?

現時点のモナコインの状態

2018年の価格推移を予想するために、これまでの経緯含めてまずは分析してみましょう。

以下のチャートの「矢印部分」をご覧ください。

左側の青い矢印は、昨年10月にモナコインが爆上げする直前の価格。一歩赤い矢印が現在の価格を指しています。

どちらもほぼ同じような価格であることが分かるでしょうか?

つまり、現在は価格が下落した状態とはいえ、「元の状態に落ち着いた」とも考えることが出来るのです。

モナコインだけでなく、昨年はある意味「バブル的な価格高騰」が仮想通貨で相次ぎましたから、異常な跳ね上がりがリセットされ、

現在は正常な状態に戻ったと考えてもおかしくはないんですね。

しかもモナコインの場合は価格の下落と反比例して、時価総額は急上昇している点がポイントです。

ポイント
・価格の下落は仮想通貨全体を巻き込んだ流れなので致し方ない
・時価総額は大幅にアップしているので人気は高いまま

以上の点から、モナコインの将来性はまだまだ明るいというのが、私の現時点での総括です。

2018年にモナコインの価格が上がる条件とは

仮想通貨の値動きにはすべてにおいて、根拠や理由が存在しています。

しかしながら事前にその根拠や理由を読み切るのは難しく、「〇〇が起これば、いくら価格が上がる」などと正確には明言できません。

それでもモナコインの仮想通貨としての性質や特徴を踏まえると、2018に価格を上昇させるには以下のような材料が必要と考えます。

ここに注目
・海外の大手取引所への上場
・規模の大きい市場、経済圏でのモナコイン決済導入
・コミケなどでのモナコイン活用イベント、限定サービス

要はもっともっと多くの人の目に触れてモナコインが認知されるか、もしくは「実用性の高い仮想通貨」であると証明されれば、大きく値上げする可能性も出てくるのでは…?

といったところですね。

特にモナコインは「日本産の仮想通貨」という強みを活かして、国内市場はある程度活性化しているものの、海外での認知度・人気となると正直まだまだです。

この未開拓部分に進出できるようになれば、高い確率で価格上昇には期待できるでしょう。

2018年のモナコインの価格まとめ

モナコインが2018年にどの程度まで価格を伸ばすのか?、ここまで詳しくお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

世間の声を見てみると、「2018年は3000円まで伸びる」「並行性を辿る」「1000円までは上がる」など、千差万別な印象を受けます。

しかしながら私としては、技術そのものが優れており、コミュニティが大きく、かつ時価総額も高いことなどを考慮し、

モナコインは2018年内に2000円程度まで価格が伸びてもおかしくないと考えます。

何と言っても、すでに決済として用いられるほど実用化が進んだ仮想通貨ですからね。

「純国産」であるこのモナコインへの期待も込めて、引き続き見守っていきたいと思います。