【モナコインの買い方・購入方法】一番おトクな取引所と購入手順をわかりやすく解説!

日本生まれの仮想通貨として有名なモナコイン、かっては一部の人たちの間で流行っていたものでしたが、今や世界的に有名なアルトコインとなりました。本記事ではモナコインの購入に必要な様々な要素を余すことなく解説していきます。

モナコインを買える取引所、販売所まとめ!

庶民派の愛されコインとして誕生したモナコインも、今や世界的にもトップクラスの知名度を誇るメジャーコインとなりました。

以降でモナコインが購入できる取引所と販売所に関する情報を余すことなく解説していきます。

モナコイン取引所と販売所の違い

モナコインの購入には、取引所か販売所で直接購入するのが一般的な方法です。両者は仮想通貨を購入できるという点では一緒ですが、その売買システムに大きな違いがありますのでご説明します。

まず取引所についてです。取引所は、ユーザー同士で仮想通貨を売買する「場所を提供する」ところです。つまりは、あくまでもモナコインを売ってくれるのは一般の仮想通貨ユーザーであり、取引所はその仲立ちをしているだけです。

続いて販売所は、ユーザーに仮想通貨を直接売買するところです。仮想通貨を商品としてユーザーに売る、あるいはユーザーから買ってくれるのが販売所です。

このように売買のシステムが違う両者ですが、以下のようなメリット・デメリットが存在します。

取引所のメリット・デメリット

取引所のメリットはユーザー間の取引なので、現在価格に近い価格で購入できるという点がメリットです。取引所には手数料を支払う必要がありますが、商品として購入するよりもずっと安く買えます。

デメリットは、サーバーの状態や相場の値動きの状況によっては注文が成立しにくくなるという点です。購入しても、注文が確定するまでに時間がかかったり、エラーを起こして成立しなかったりします。

販売所のメリット・デメリット

販売所のメリットは、注文の安定感でしょう。取引所のように、何万人という人々の注文が行き交うわけではないのでサーバーの負荷が少なく、相場の状況に関わらず安定的に購入することができます。

デメリットは購入価格が割高という点でしょう。仮想通貨そのものに、販売所の利益が上乗せされているため、取引所での購入よりも高くつきます。

モナコインを扱う海外の取引所、販売所

  • bittrex
  • Live coin
  • Upbit
  • CyptoBridge
  • EXX
  • Bleutrade
  • TradeSatoshi

日本生まれのモナコインですが、海外取引所でも取り扱っているところは多いです。海外の取引所は盗難や閉鎖のリスクが高いので、大手のbittrexやUbitがお勧めです。

モナコインを扱う日本の取引所、販売所

  • BitTrade(ビットトレード)
  • Zaif(ザイフ)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • bitbank(ビットバンク)
  • Fisco(フィスコ)

モナコインは国内でも大手取引所なら取り扱っている率が高いです。上記のうちではとりわけZaifとbitFlyerがお勧めなので、後に購入の仕方を詳しく解説します。

アプリでモナコインを買うことのできる取引所

  • zaif(国内)
  • bitFlyer(国内)
  • bitbank(国内)
  • BitTrade(国内)
  • bittrex(海外)
  • Live coin(海外)
  • Upbit(海外)
  • EXX(海外)
  • Bletrade(海外)

スマートフォンやアプリで購入できれば、より手軽にモナコインの取引を楽しむことができます。国内の取引所なら大体専用アプリを配信しているようですが、海外の場合は無いことも珍しくないので注意が必要です。

モナコインを扱う上場企業

  • Fisco

仮想通貨取引所自体がここ数年で発展してきたものなので、上場している企業は多くありません。Fiscoは以前から株などの金融商品を取り扱っていたのでそういった意味では、安心感があります。

モナコインを扱う取引所、販売所の一覧表

取引所 手数料 アプリの有無 上場
BitTrade(国内) maker0.3% taker0.7%
Zaif(国内) maker0% taker0.1%
bitFlyer(国内) 0%
bitbank(国内) 0%
Fisco(国内) 0% JG上場
bittrex(海外) 0.25%
Livecoin(海外) 0%
CyptoBridge(海外) 0.2%
Upbit(海外) 0.25%
EXX(海外) 0.1%
Bleutrade(海外) 0.25%
TradeSatoshi(海外) 0.3%

 

モナコインを扱う取引所、販売所の選び方

取引所や販売所でモナコインを購入する場合は、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 手数料
  • 知名度
  • 取引量

取引手数料は取引ごとにかかるので、当然考慮しておくべきでしょう。そして、取引所・販売所の知名度は閉鎖してしまうリスクを極力避ける意味で重要です。

取引量というのは、モナコインを取引しているユーザーの数に比例します。取引量が少ないと「買いたいのに売ってくれる人がいない」とか「売りたいのに買ってくれる人がいない」といったような状況になる可能性があります。

おすすめのモナコイン取引所1 ビットフライヤー

ビットフライヤーは国内最大手と言っても過言ではないほど規模の大きな取引所です。さらにモナコインの取引手数料は無料なのでお得です。アプリも使い勝手が良く見やすいので、初心者でも使いやすいでしょう。

ビットフライヤーでのモナコインの買い方

ビットフライヤーは販売所と取引所の両方があります。取引所の買い方は後にご説明するzaifで解説でいたしますので、今回は販売所での購入を解説いたします。

上記が販売所の画面です、左側の表は時間ごとの注文履歴と価格を一覧したものです。実際の購入には、右側のスペースを使います。

「数量」の項目で購入枚数を選べば、自動的に日本円での価格が反映されるので、購入枚数を決定して「コインを買う」をクリックすれば購入完了です。

そして、同じページで下にスクロールすると上記の画面のようなスペースがあります。ことらに購入したコインの履歴が反映されます。

おすすめのモナコイン取引所2 Zaif

zaifも国内大手取引所で、モナコインの取引手数料も安価です。スマートフォンアプリもあるので使い勝手も良く、モナコインの取引においては国内ナンバー1を誇ります。

zaifでのモナコインの買い方

zaifでは取引所の使い方をご説明します。使い方の基本はどこの取引所でも大きく変わらないので、他の取引所でモナコインを購入を考えていても参考にしていただけるかと思います。

上記の画面が取引所の基本画面です。左側にチャートが表示され、右側で購入の手続きをします。購入には「指値」と「成行」の2種類があり、成行での購入はモナコインの数量のみを入力して「買い注文」をクリックします。

指値注文とは金額を指定して、その金額で売ってくれるユーザーが現れるまで待つことです。そのため買いたい金額を入力するようにしましょう。

取引所では、上記の画面のような「板」というものがあります。この板は現状での「販売価格と売却価格の一覧」のことで、マーケットでは板に表記されている価格なら即座に売買が成立します。

この板の数値をクリックすればすぐに先ほどの注文画面に反映されるので、素早く購入して約定も早いでしょう。逆に板の書かれている値段以外の価格で取引する場合は、指値で注文して待つ必要があります。

ビットフライヤーとZaif徹底比較!モナコインを買うならどっちがいい?

ビットフライヤーのメリット

  • 手数料が安い
  • 取引所と販売所の二つがある
  • アプリの使い勝手が良い

このようなメリットから、ビットフライヤー は「仮想通貨初心者」や「頻繁に売買を繰り返すユーザー」向けであると言えます。

zaifのメリット

  • モナコインの取引量が多い
  • 取り扱っているコインの種類が豊富

zaifの場合は「購入枚数の多いユーザー」「様々な種類の仮想通貨を取引するユーザー」といった中上級者向けであると言えるでしょう。

モナコインを別の取引所やウォレットに移動する方法

現代においては仮想通貨を購入したら自身のウォレットに送って管理するスタイルが広まってきています。また、購入したコインを他の取引所に移すこともときに必要になります。

モナコインも同様にウォレットや他の取引所に移動させることがあるかと思いますので、以降で解説いたします。

モナコインを別の取引所に移動する方法

  1. 入金先の取引所にて「入金手続き」を行いアドレスを取得する
  2. 出金先の取引所にて、出勤手続きを行なうページを開く
  3. 入金手続きによって取得したアドレスと送金額を正確に入力して送金する

取引所から取引所へ移動する際は、まず入金先の取引所へアドレスを取得しましょう。そして、出金元の取引所の手続きでそのアドレスを入力します。

注意しなければならないのは、そのアドレスの入力を正確に記述しなければならないということです。もしも記載ミスがあると送金したモナコインはどこにも送られることなく永遠に失われてしまうこととなります。

モナコインをウォレットに移動する方法

  1. ウォレットにて「入金手続き」を行いアドレスを取得する
  2. 出金先の取引所にて、出勤手続きを行なうページを開く
  3. 入金手続きによって取得したアドレスと送金額を正確に入力して送金する

ウォレットへの送金も基本的には取引所への送金と同じです。そして、アドレスを正確に入力しなければならないのも一緒です。

まとめ

モナコインは世界的にも知名度が上がっているので、上場させている取引所や販売所はたくさんあります。どの取引所を選ぶかはユーザーの投資スタイルによって違いますので、取引所選びには購入する目的を鑑みて慎重に選ぶべきでしょう。

モナコインは今後も発展していく可能性もありますので、新たに取り扱う取引所や販売所が増えるかもしれません。