モナコイン(モナーコイン)の発掘方法は?やり方を徹底解説!

イメージ画像

皆さま、モナコイン(モナーコイン)をご存知でしょうか?

実は日本初の仮想通貨で、某有名掲示板サイト『5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)』から生まれた仮想通貨です。

『掲示板から誕生した仮想通貨なんて大丈夫?心配だなぁ…』

と思われるかもしれませんが、安心して下さい。

一見変わった仮想通貨に思われがちですが、技術的にもしっかりとした仮想通貨です。

そんなモナコイン(モナーコイン)の特徴や発掘方法について詳しく解説していきます。

モナコイン(モナーコイン)って何?

イメージ画像

モナコインの気になる背景や名前の由来、特徴など詳しくみていきます。

背景

モナコインは2014年1月1日に巨大掲示板サイト『5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)』で誕生した日本初の仮想通貨です。

実際の誕生は2013年の12月です。

開発者は『わたなべ氏(Mr.Watanabe)』とありますが、素性は明らかにされていません。

元グーグル(Google)の社員によって開発されたライトコインがベースになっています。

ライトコインついて詳しく知りたい方は、本サイトで解説しておりますのでご参照ください。

実用的な決済手段として使われているLitecoin(ライトコイン)

名前の由来

名前の由来は、その名の通り下記の2ちゃんねるのアスキーアート、『モナー』から来ています。

イメージ画像

開発された当初はコインの絵柄と2ちゃんねる発祥ということもあり、『ニートのおはじき』と批判されていました。

たしかにゆるキャラみたいなコインなので、心配する方もいらっしゃるかもしれません。

そんな遊びの要素が詰まっているモナコインは技術的にも申し分なく、立派な仮想通貨として取引されています。

スペック

モナコインのスペックは以下の通りです。

開発日 2013年12月23日
公開日 2014年1月1日
コイン発行枚数 1億512万枚
通貨単位 MONA
アルゴリズム Proof of Work
ブロック生成速度 約90秒

モナコイン(モナーコイン)の特徴

イメージ画像

それでは実際のモナコインの特徴について説明いたします。

モナコイン特徴
  • コミュニティ、SNSがとても活発
  • モナコインが使えるサイトやお店がある
  • ビットコインの価格に左右されにくい
  • 取引速度が速い(segwit装備)
  • ツイッターで投げ銭ができる
  • 送金手数料が安い

コミュニティ、SNSがとても活発

モナコインは2ちゃんねるで生まれただけあって、コミュニティやSNSがとても盛んです。

その一例として2017年の10月末にこんなユニークな広告がありました。

それは秋葉原ラジオ会館と秋葉原UDXの大型モニターで、モナコインのプロモーションビデオを流すというものです。

費用については100万円かかったみたいですが、モナコインに賛同する人によって全て出資されました。

このようにSNSやコミュニティの繋がりにより、宣伝やリアルイベントを実施しています。

イベント時には『リアルモナコイン』と呼ばれるリアル模型コインが配られ、それも話題を呼びました。

モナコインは『SNS・コミュニティの力を最大限に活かすこと』によって認知度を高めています。

モナコインが使えるサイトやお店がある

モナコインは仮想通貨なのですが、実際に通貨として使えます。

今や仮想通貨で買い物ができる時代なんですね。

それでは実際にモナコインが使えるサイトやお店を紹介していきます。

まずはビットコインモール(Bitcoinmall)。

ビットコインモールのTOP画像出典: ビットコインモール

2017年3月27日にオープンして、家電やPCを中心に結構な品揃えがあります。

使える通貨としては、ビットコインとモナコインです。

続いてMonappy(モナッピー)。

モナッピーのTOPページ画像出典: Monappy(モナッピー)

Monappy(モナッピー)はオンラインでモナコイン決済ができる総合ポータルサイトです。

サイトで投げ銭やモナコインの入出金ができるようになっています。

最後に『ark(アーク)』と呼ばれるネットショップです。

arkのTOPページ画像出典: ark(アーク)

秋葉原にある実際の実店舗ですが、ネットショップもありPCやゲーム関係を中心に販売を展開しています。

上記以外にも、ギフト券ショップや整形外科などでも使えるところがあります。

2017年の年末のコミケでは、一部ブースでモナコインで買い物ができました。

モナコインに関わらず、今後も決済手段として仮想通貨が利用できるところは増えていくでしょう。

ビットコインの価格に左右されにくい

価格変動のイメージ画像

モナコインは日本で誕生した仮想通貨のため、ほとんどが日本国内で取引されています。

よって、ビットコインの価格に左右されにくいという強みがあります。

モナコインの価格や今後の値動きに関して興味のある方は、本サイトで予想してます。

是非チェックしてみてください。

2018年のモナコインの価格を大予想!今後の上昇は?

取引速度が速い(segwit装備)

モナコインはライトコインがベースとなっており、取引速度が速いです。

モナコイン 約90秒(1分30秒)
ライトコイン 約150秒(2分30秒)
ビットコイン 約600秒(10分)

2017年4月27日にはSegwit(セグウィット)を導入したため、送金詰まりがなく処理スピードも速くなりました。

ポイント
Segwitとは、ブロックチェーンのブロックに入れる取引データサイズを圧縮し、処理速度を上げること。
結果多くの取引データを格納することができる。

投げ銭ができる

投げ銭ができます。

投げ銭を一言で表現をするとおひねりです。

つまりは相手に感謝の意を示したり、お祝いの気持ちを伝える行為です。

Twitter(ツイッター)ををはじめ、Monappy(モナッピー)、Ask Mona(掲示板サイト)などで行われています。

少額から『投げ銭(モナゲ)』ができますので、所持されている方は一度試してみるのも面白いと思います。

このように投げ銭によってコミュニケーションも取れ、『横の繋がり』ができるのは大きな魅力ですよね。

送金手数料が安い

モナコインはP2Pによってスピーディに送金することが出来ることに加え、『送金手数料も安い』です。

モナコインが購入できる取引所は複数ありますが、『Zaif(ザイフ)』bitbank(ビットバンク)がおススメです。

取引所 Taker手数料 Maker手数料
 bitFlyer(ビットフライヤー)  無料  無料
 bitbank(ビットバンク)  0.25%  -0.01%
 Bit Trade(ビットトレード)  0.70%  0.30%
 Zaif(ザイフ)  -0.01%  -0.01%

※マイナスになっているのは0.01%がボーナスとしてもらえるため
※Taker手数料は板にある注文を消費するときの手数料
※Maker手数料は板にない注文を発注して、売買成立したときの手数料

モナコイン(モナーコイン)の発掘方法

モナコイン発掘のイメージ画像

それではモナコインの発掘方法(マイニング)について、詳しく解説していきます。

発掘(マイニング)って何?

通常モナコインは取引所で購入しますが、発掘(マイニング)することも可能です。

仮想通貨で発掘というのは『マイニング』と呼ばれ、文字通りコインの発掘です。

具体的にはパソコンの計算能力を利用し、取引の承認をしてブロックチェーンに追記していく作業のことです。

この作業をした人に対してまだ出回っていないコイン(仮想通貨)が与えられます。

なんだか宝探しみたいでワクワクしますね。

発掘(マイニング)については、本サイトでも違った視点から詳しく説明しております。

こちらもご参照いただくとより深く発掘について理解ができます。

ビットコインを採掘(マイニング)は初心者でもできる?仕組みとやり方を解説!

発掘(マイニング)する際に必要なもの

発掘するにはある程度の環境が必要です。

PC初心者の方には発掘(マイニング)は向いていないかもしれません。

というのも、パソコンの組立てやソフトの微調整など環境と知識が必要だからです。

ただパソコンを24時間起動しておくだけで実際に稼いでいる方もいますので、努力次第だと思います。

それでは発掘(マイニング)に必要なものを見ていきましょう。

ウォレット

イメージ画像

発掘作業をされたい方でしたら、これはクリアしていると思いますが。

発掘したコインを受け取れるように、取引所でアカウントを登録して、ウォレットを準備しておきましょう。

GPU

GPUとはパソコンのディスプレイに画像を表示させるためのパーツです。

グラフィックボードのGPUで発掘をする方法が有効だと分かり、大半の方がその方法で高速な処理を行っています。

GT1030 6.06MH/s
GTX1050 10.01MH/s
GTX1050Ti 11.49MH/s
GTX1060 23.39MH/s
GTX1070 35.88MH/s
GTX1070Ti 43.99MH/s (New!!)
GTX1080 47.68MH/s
GTX1080Ti 58.05MH/s

引用元:Ask Mona

一番重要なパーツになるため、最低でも上記シリーズの『GTX1070』以上は欲しいところです。

本格的にマイニングに取り組まれる方は『Nvidia GTX1080のシリーズ』をおススメいたします。

マザーボード

イメージ画像

マザーボードは仮想通貨の発掘が世の中に出てきてから、マイニング用のマザーボードも販売されるようになりました。

何枚グラフィックボードが挿せるか』が大事になってきますので、初心者の方は『6枚挿し』から始めるのが無難です。

CPU

イメージ画像

CPUは聞いたこともあるかもしれませんが、パソコンの中心部分となって全体の計算・処理を行う中央処理装置です。

ただしCPUに関しては発掘(マイニング)において、そこまで重要ではありません。

よってコストパフォーマンスの良いものを選べば良いでしょう。

メモリ

イメージ画像

メモリも発掘(マイニング)作業にはさほど重要ではありません。

4GBもしくは8GBほどあれば充分でしょう。

OSで規格が変わることもあるため、DDR4を選んでください。

電源ユニット

その名の通り、パソコンの電源ケーブルの根元です。

発掘作業では、けっこうな電力を消費しますので安定的に電力供給ができる、グレードが高めのものを選びましょう。

イメージ画像

左から順番にグレードが高い順になっています。

実際にマイニング作業として『80PLUS GOLD』以上のグレードを推奨します。

SSD

イメージ画像

ハードディスク (HDD) と同じ記憶を持ち、静音・振動・衝撃に強い記憶装置です。

こちらも特にこだわる必要はありません。

手元にHDDやSSDが余っていれば、それを使っても問題ありません。

OS

OSはWindows7でも問題はありませんが、念のためwindows10にしておきましょう。

その他

あとはモニター、インターネット、マウス、キーボード、LANケーブルなど必要最低限の物があればOKです。

ポイント
GPUと電源ユニットは大事ですのでケチらずに高性能のものを使いましょう。

具体的な発掘方法

上記で用意したPCパーツを組立て完了したら、発掘(マイニング)作業に移ります。

と、その前にマイニングの作業のために組み立てたパソコンで、他の作業をしてはいけません。

何故なら、24時間365日フル稼働で発掘作業をしてもらうからです。

発掘のイメージ画像

そして、『マイニングソフト』をインストールして起動させれば、コインがウォレットに入るようになります。

ただし、24時間フル稼働で電気代もかかるため、その分の経費も考慮して利益計算をしましょう。

発掘方法にもいろいろな種類がありますが、本サイトで説明しております。

ビットコインのマイニングは個人できる?方法や手順まとめ

マイニングソフトを使おう

インストール先のサイト画像

『cudaminer』というマイニングソフトを使います。

『cudaminer』のインストールはこちら

上記のサイトよりソフトをインストールしてマイニングを開始してください。

個人でやる方法、マイニングプールと言われる複数人で力を合わせる方法などあります。

ご自身の経験と環境に合わせて発掘(マイニング)していくのがよいでしょう。

ポイント
初心者の方はマイニングプールで協力しながら発掘をしてみよう。

正直どれだけ稼げるの?

イメージ画像

ここが一番気になるところだと思います。

モナコインに限らずビットコインや他の仮想通貨も含めて、皆さん発掘でどれぐらい稼いでいるのでしょうか?

色々調べてましたが初期投資や電気代もかかることがあり、あまり稼げていない方が多いみたいです。

コインを発掘するには『ASIC』という計算速度を速くするチップを入れたりと、初期費用・設備投資とかかります。

カスタム具合にもよりますが数十万円~数百万円かかることもあります。

発掘した報酬からこの初期費用や設備投資(減価償却)を引き、利益を安定・継続的に出すのは大変です。

そんな中、大学生にも関わらず発掘で『月収30万円』を達成している方もいるそうです。

パソコンに詳しい方であれば夢のあるお話ですよね。

モナコイン(モナーコイン)の発掘方法のまとめ

いかがでしたでしょうか?

ポイント
  • モナコインは日本独自の文化によって生まれた仮想通貨。
  • コインの発掘とは『仮想通貨の宝探し』。
  • 発掘(マイニング)の為に必要なパソコンパーツを揃えよう。
  • パーツを揃える初期投資や、組立て・知識が必要。
  • ソフトをインストールして実際に発掘作業をしてみよう。

初心者の方には少し敷居が高く、初期投資や時間もかかるため、正直あまりおススメはできないです。

ただ実際にパソコンをずっと起動させておくだけで、コインをざっくざくと発掘して稼いでいる方もいます。

チャレンジされる方は無理の無い範囲でトライしてみてはいかがでしょうか。