NEM(ネム/XEM)のハーベストのやり方は?はじめ方を徹底解説

「将来性のある仮想通貨をオトクに入手したい

「ビットコインのマイニングは費用がかかりすぎるから、他の仮想通貨をマイニングしたい」

仮想通貨に興味のある方なら、マイニングなどで仮想通貨を効率的に増やしたいと思ったことが一度はあるのではないでしょうか?

仮想通貨の安全性を維持するために欠かせないマイニングは、成功すれば報酬として仮想通貨を獲得することができます。

しかし、ビットコインなどはマイニングをするのに専用の機器と多くの電力を必要とするため、個人で参入するにはハードルが高いのが現状です。

そこで個人でマイニングをしたいと思ったときにオススメなのが仮想通貨NEM(ネム)です。

本記事ではNEMのマイニングともいえる「ハーベスト」のはじめ方を徹底解説していきます。

この記事のポイント
  • そもそもNEMってなに?
  • 実際、NEMのハーベストは儲かるの?
  • NEMのハーベストのはじめ方を徹底解説!

そもそもNEM(ネム/XEM)とは?

NEMとは「New Economy Movement」の頭文字を取って名付けられた仮想通貨で、金銭的自由・分散化・平等・連帯感を原則とした新しい経済圏の創出を目指して開発がスタートしました。

仮想通貨の名前はNEM(ネム)ですが、通貨単位はXEM(ゼム)といいます。

NEMはビットコインやイーサリアムとは異なる独自のブロックチェーンとして開発され、素早い決済やアプリケーションの開発、独自通貨の発行など様々な機能を実装する点が特徴的です。

なお、ブロックチェーン(※)とは、特定の第三者がネット上での取引をチェックしなくても不正のない取引を実現するための技術群のことでビットコインなどの仮想通貨を実現しています。

※ブロックチェーンについて詳しく知りたい方はこちら

 

NEMについてくわしく知りたい方はこちら

仮想通貨NEM(ネム)の今後は?価格・特徴・将来性を大予想

NEM(ネム/XEM)のハーベストとは?マイニングとどう違う?

マイニングとは?

マイニングは管理者のいないブロックチェーンの安全性を維持するために必要な仕組みです。

一般的に、ブロックチェーンのネットワーク上には「ユーザー」と「マイナー」という2種類の参加者(ノード)が存在しています。

「ユーザー」はネットワーク上で仮想通貨の売買などの取引を行うだけの存在ですが、「マイナー」はネットワーク上の取引の安全性を支える重要な役目を担います。

MEMO
  • ネットワークとは?
    コンピュータ同士が通信するときの繫がり方のこと。ブロックチェーン上では直接コンピュータ同士がデータのやり取りしている。
  • ノードとは?
    ネットワーク上の中継点となる機器のこと。ブロックチェーン上では各コンピュータを指すことが多い。

「マイナー」たちはネットワークを支えている対価として、ネットワークから報酬を獲得することができます。

報酬を獲得するまでの一連の流れを鉱山から金を採掘することにたとえて「マイニング」と呼びます。

 

マイナーやマイニングについてくわしく知りたい方はこちら

仮想通貨を生み出す採掘(マイニング) 個人で採掘する方法とは

NEM(ネム/XEM)のハーベストとは?

NEMではネットワーク上の取引を承認して報酬をもらう作業のことを「ハーベスト」または「ハーベスティング」といいます。

10,000XEM以上のNEMを持っていれば誰でもハーベストに参加することができます。

ネットワーク上の安全性を保つという点ではマイニングと同様ですが、マイニングとの大きな違いは、マイニングが仮想通貨の新規発行である一方で、ハーベストでは既に発行されたNEMが分配されるという点です。

MEMO

ウォレットとは?

ウォレットとは仮想通貨を管理するための財布のような場所のこと。厳密には仮想通貨の所有権を証明するための「秘密鍵」を管理する。

NEMをハーベストする仕組みには「Proof of Importance(PoI)」という、NEM独自の「コンセンサス・アルゴリズム」が深く関わっています。

Proof of Importance(PoI)とは?

「Proof of Importance(PoI)」とは合意形成のルール(コンセンサス・アルゴリズム)の一種です。

多くの仮想通貨には円やドル(法定通貨)における中央銀行のような管理者が存在しません。

ネット上での取引の際に起こりうる不正送金(二重支払い)などを防止する仕組みとして、管理者の代わりに導入されているのがコンセンサス・アルゴリズムという特別なルール(プロトコル)なのです。

コンセンサス・アルゴリズムを導入することで、管理者のいないネットワーク上の取引の順番について、ただひとつの合意を形成することができます。

そして、コンセンサス・アルゴリズムが正しく機能しているのは「マイナー」のおかげなのです。

 

なお、NEMが独自に採用している「Proof of Importance(PoI)」はNEMネットワークを積極的に使う参加者(ノード)がネットワーク上の取引を承認する権限を与えるというルールです。

ハーベストが成功するかどうかは確率的に決まりますが、保有量や取引額が多いほど確率は上昇していきます。

ハーベストを行った人たちの声

ここで実際にNEMのハーベストを行った人たちの感想を見てみましょう。

金額は少ないかもしれませんが、ハーベストはNEMを保有しているだけで行えるので不労所得のようなものだといえるでしょう。

基本的にはハーベストで得られるNEMはあまり多くありませんが、運が良ければ大量にハーベストできる場合もあるようです。

もし、手元に余剰資金が30〜60万円ほどあるなら、貯金ではなくNEMのハーベストに回した方が効率的な資産運用になるかもしれませんね。

NEMをハーベストするには専用のウォレットと設定が必要になるので、方法を紹介していきます。

【最新版】NEM(ネム/XEM)をハーベストする方法とは?

ステップ1:10,006XEM以上を用意

NEMをハーベストするためには、10,000XEM以上のNEMを保有していなければなりません。

さらに、ハーベストの手数料として6XEMかかるため合計で10,006XEMが必要になります。

2018年5月27日現在のレート(約28円/XEM)を考えると、ハーベストに参加するには約28万円が必要ということになります。

 

NEMの調達には、比較的安く購入できるのは仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)がおすすめです。

口座開設をしていない方は登録しておきましょう。

Zaifの口座開設方法はこちら

5分で出来る!ビットコインの口座開設方法を徹底解説

ステップ2:NEM専用ウォレット「Nano Wallet」を用意

「Nano Wallet」はNEMの開発コミュニティによって公式にリリースされているウォレットです。

「Nano Wallet」はパソコン版とモバイル版の両方がリリースされていますが、今回はパソコン版のインストールする方法を紹介していきます。

公式ページから「Nano Wallet」をダウンロードする

出典: https://nem.io/downloads/

まずは「Nano Wallet」の公式ページへアクセスし、使用しているパソコンに対応するOSを選択してください。

クリックするとダウンロードが始まりますが、ファイルサイズが約90MBあるので、すこし時間がかかるかもしれません。

出典: https://nem.io/downloads/

ダウンロードが完了すると、macOSの場合は「NanoWallet-(バージョン名+OS名)」という名前のZip形式ファイルがパソコンに保存されるので、クリックしてZipファイルを解凍します。

Windowsの場合は「NanoWallet.exe」というファイルを選択してください。

※画像ではMac版を表示しています。

なお、macOSの場合はセキュリティ設定によって、アプリケーションがブロックされる可能性があります。

その場合は「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」に移動して、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を確認、「このまま開く」をクリックして開きます。

新しいNEMウォレットを作成する

アプリケーションを開くと「Nano Wallet」のトップページが表示されます。

画面右上の「SIGN UP」をクリックし、初めてNEMのウォレットを作成する場合は「Simple wallet」を選択しましょう。

なお、すでにNEMウォレットを保有している場合は「Private key wallet」を選択しますが、今回は「Simple wallet」を作成する手順を紹介していきます。

「Simple wallet」を選択すると以下のような注意書きが表示されます。

ウォレットの作成とバックアップを行っている最中はオフライン環境で作業することが推奨されています。

これは不正なソフトウェアによるハッキングや遠隔操作によって、作成したウォレットの情報が抜き取られないようにするためです。

注意を確認したら「Ready」をクリックして、ウォレットの作成を始めます。

「Mainnet」を選択して「Next」をクリックします。

ウォレット名を入力して「Next」をクリックします。

任意の複雑なパスワードを入力します(英数字・大小文字の組合せ)。

パスワードは忘れないように、紙などのオフライン環境にメモしておきます。

次に秘密鍵を作成します。

「Start」をクリックすると緑色のバーが表示されるので、100%になるまでカーソルを画面上で動かし続けてください。

完了したら「Next」をクリックします。

以上で秘密鍵の作成と暗号化が終了しました。

ここからウォレットのバックアップファイルと秘密鍵を保存していきます。

バックアップファイルと秘密鍵のデータは一度消えると復元できないので、必ず記録するようにしてください。

最初にバックアップファイルのダウンロード画面が表示されます。

このとき、パソコンがオフラインであることを確認してください。

「Download wallet」をクリックするとダウンロードが始まります。

バックアップファイルはパソコン内部には保存せず、新品のUSBメモリなどオフライン環境に保存しましょう。

パソコン内部にデータを保存しないのは、パソコンがウィルスなどに感染してハッキングされたときにウォレットのデータが流出するのを防ぐためです。

次に秘密鍵を保存します。

引き続き、オフライン環境であることを確認して作業を行ってください。

「Show private key」をクリックして秘密鍵を表示し、メモに書き写すか新品のUSBメモリにデータを保存します。

バックアップファイルと同様にパソコン内部にデータを残さないようにしましょう。

バックアップファイルと秘密鍵を無事に保存したら、最後の注意書きが表示されます。

ウォレット作成時に定めたパスワードや秘密鍵、バックアップファイルの管理はすべて自己責任であり、失くしたら復元できないので注意してください。

最後に作成したウォレットのNEMアドレスが表示されます。

アドレスは書き留めてもよいですが、ログイン後にいつでも表示できます。

このアドレスは外部ウォレットから今回作成したNEMウォレットへと送金するときに使われるものです。

「Login」をクリックするとログイン画面が表示されるので、作成したウォレットの名前を選択、パスワードを入力して「Sign in」をクリックします。

無事にログインできると以下の画面(ダッシュボード)が表示されます。

ステップ3:作成したNEMウォレットの既得バランスを10,000XEM以上にする

最後に既得バランス(Vested balance)を10,000XEM以上にするために作成したNEMウォレットに送金します。

まずは、ダッシュボードの右上にある「Account:Primary」をクリックしてください。

自分のNEMアドレスが表示されるので、表示されたアドレスをコピーして、外部ウォレットから「Nano Wallet」へ送金します。

Zaifのアカウントページより、XEMの入出金と履歴を表示させて「出金」を選択、コピーしたNEMアドレスを「出金アドレス」に貼り付けてください。

最後に「出金金額」を10,006XEM以上に指定して、出金をクリックします(ハーベストに必要な10,000XEM+手数料分の6XEM)。

ステップ4:デリゲート(委任)・ハーベスティング設定を「有効」にする

「デリゲート(委任)・ハーベスティング」という方法でハーベストをすることで、パソコンの電源を切っていてもハーベストを行うことができます。

ただし、手数料が6XEMかかるので注意してください。

 

「デリゲート(委任)・ハーベスティング」を設定するにはダッシュボードの「Services」をクリックして「Manage delegated account」を選択します。

「Active the delegated account」をクリックしてパスワードを入力、「Send」をクリックしてください。

有効(ACTIVE)になるまで約6時間ほどかかります。

ステータスが有効(ACTIVE)になったら「Start delegated harvesting」をクリックします。

そして、パスワードを入力、ハーベストを委任するノードを選択して、Playアイコンをクリックすれば終了です。

出典(画像の一部): https://docs.nem.io/en/nanowallet/delegated-harvesting/delegated-harvesting-start-stop

 

以上でハーベストの設定は完了です。

保有しているNEMの量や取引量によってもハーベストに成功する確率は変わってくるので、余剰資金があればすこしずつNEMを買い増してもよいかもしれません。

【まとめ】NEM(ネム/XEM)を大量に持っていたらハーベストしてみよう!

ハーベストはNEM独特の仕組みです。

ビットコインのマイニングなどとは異なり、専用の機器や電気代にかかる費用がかからないので個人でも参加することができます。

本記事でも紹介したように、時間はかかりますが10,000XEM以上を保有していれば、何もしなくてもすこしずつNEMが増えていきます。

手元に余剰資金がある方やNEMを大量に保有している方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?