匿名系仮想通貨Pivxとは?購入可能な取引所は?将来性は?

SHARE

匿名系仮想通貨Pivxとは?購入可能な取引所は?将来性は?

DASH、MONERO、ZCASHと同じく匿名系仮想通貨のカテゴリーに分類されている「PIVX」についてです。

PIVXは「Private Instant Verified Transaction(X)」の略で、2016年2月1日に公開され、Darknet(D-NET)から進化した仮想通貨です。

公式サイトは18ヶ国以上に翻訳されており、DASHと同じく世界中で使用されることを目論んでいる匿名系仮想通貨です。

匿名系仮想通貨のPIVXが購入できる海外の仮想通貨の取引所

仮想通貨
まず、PIVXはBittrex以外であれば、主に下記の海外の取引所で売買が可能です。

そのため、PIVXに関心のある方は、まずは「コインチェック」で口座を開設して、ビットコインなどの仮想通貨を購入し、海外の取引所にその仮想通貨を送金してから、その仮想通貨でPIVXを購入することができます。

もしくは、PIVXは「Changelly(仮想通貨の両替サービス)」であればビットコイン以外の仮想通貨と交換することも可能ですので、そちらを利用されても良いでしょう。

CoinExchange.ioの詳細はこちら

Yobitの詳細はこちら

Cryptopiaの詳細はこちら

Livecoinの詳細はこちら

匿名系仮想通貨のPIVXとは?

PIVXの主な特徴は以下です。

  • 通貨名(通貨単位):PIVX(PIVX)
  • 公開日:2016年2月1日
  • 最大供給量:PoW フェーズ 43,199,500 PIVX・PoS フェーズ 無制限
  • 最大供給枚数: 最大値なしで、年間260万のPIVが増加
  • ブロックタイム: 60秒
  • 採掘アルゴリズム: Quark
  • コンセンサス・アルゴリズム:プルーフ・オブ・ステークス(PoS)

PowフェーズとPoSフェーズに別れているのが特徴です。

Proof of Stakeとは?

Proof of Stakeはこちらの解説を引用しますが、下記のような特徴を持ちます。

  • 分散合意形成アルゴリズム(コンセンサス・アルゴリズム)の一つ
  • Proof of Work への代替案
    – マイニングによる消費電力がない
    – 51%攻撃の可能性を低くできる
    – コンセンサスに必要な時間が短い
    – ASIC等を使った一部のマイナーによる中央化のリスクが少ない
  • コインを持っている割合(Stake)で、ブロックの承認の割合を決めることを基本とする
  • Proof of Stakeを発展させたものが沢山ある

マイニング能力よりコインの保有量が大事になるのですが、この仕組み自体が最適な仕組みなのかどうかはいまだに議論の余地はあるようです。

なお、同じようにPowとPosのハイブリット版の仮想通貨には「Decred」があります。

PowとPoSのハイブリット版の仮想通貨の将来性は?

Decredは「Proof of Work」と「Proof of Stake」のハイブリッド版の仮想通貨で、マイナー偏重ではなく、コイン保有者であるユーザーにも重きをおいている仮想通貨です。

Decredの場合は、発行上限はビットコインと同じく2100万、2034年までに95%マイニングされる予定です。

ただし、性能はトランザクションが0~5分と少々長かったり、「Governance」という仕組みが複雑すぎるとの指摘も上記の動画ではあります。

筆者としても、正直「このようなPowとPosの仕組みを多くの人は理解できるのだろうか?」という疑問もありますし、PoWとPoSの組み合わせが今後正解となるのかは不明です。

ただし、DecredもPivxも出てきた当初からは順調に値上がりしていますので、期待値から今後も価格が伸びる可能性はあります。

匿名系仮想通貨のPIVXとDASHの違いとは?


最後に、著名な匿名系仮想通貨のDASHとPIVXの違いですが、PIVXのコインの最大供給量は無限であるのに対して、DASHは2200万枚と最大供給量が決まっています。

また、DASHがブロック生成時間が150秒なのに対し、PIVXはブロック生成時間が60秒と、さらに早くなっています。

そして、PIVXはZ-CASHと同じ「ゼロ知識証明」という仕組みも使っています。

ゼロ知識証明とは?

暗号学において、ゼロ知識証明とは、ある人が他の人に、自分の持っている命題が真であることを伝えるのに、真であること以外の何の知識も伝えることなく証明できるようなやりとりの手法である。

Wikipedia

このゼロ知識証明は、例えば、ウォレットにログインしたりする際の本人確認をする時に、パスワード自体を開示しなくても良い認証方式を実現するようなイメージかと思います。

匿名系仮想通貨のPIVXの将来性は?

PIVXは2016年2月ローンチから価格は既にかなり上がっているため、今投資するにしては少し遅いかもしれませんが、時価総額ランキング上ではそこまで上位にもつけていません。

今後DASH・MONERO・Z-CASH並みの人気の匿名系仮想通貨となる場合は、そのレベルまで価格が上昇する可能性はないことはないでしょう。

DASHなどの人気通貨に比べるとそこまで日本では話題になっていませんが、日本の取引所が取り扱い出したら、PIVXの価格は一気に上昇する可能性はあるかもしれません。

Pivxが購入できるLivecoinへ