リップル(XRP)はどこまで上がる?価格を予想!

SHARE

リップル(XRP)はどこまで上がる?価格を予想!

2017年に仮想通貨の価格が大幅に上がり、2018年も大注目されています。

時価総額1位のビットコインは昨年末から大きく価格が下がり続けています。

さらに、世界各国の仮想通貨規制の動きや、コインチェック騒動により仮想通貨市場全体で価格が下落し続けています。

そんな中、値動きが安定し今後の価格が上昇すると予想されているリップル(XRP)を知っていますか?

時価総額3位のリップルがどのような仮想通貨なのか、また今年どれだけ価格が上がっていくのかを予想してみました。

リップルってどんな仮想通貨?

リップルはリップル社が発行している仮想通貨で、送金・決済サービスのこともリップルと言います。

通貨単位はXRPです。ちなみにREPという仮想通貨があるのですが、こちらはオーガーという別のコインですので、間違えないようにしましょう。

リップルの特徴
・発行枚数は1,000億XRP
・送金スピードが速い
・手数料が安い
・処理性能が優れている

リップルの発行枚数は1,000億XRP


参考元:https://xrpcharts.ripple.com

リップルは発行上限が1,000億XRPと決められており、ここから増えたり、ハードフォーク(分裂)することはありません。

配布状況は上記の円グラフのようになっています。

1,000億XRPすべて流通しているのかというとそうではなく、実は現在仮想通貨市場に流通しているのは全体の約4割の390億XRPしかありません。

半分にあたる500億XRPはロックアップされた状態になっており、リップル社ですら自由に使えない状態になっています。

ちなみにリップル社の110億は創業者が保有しているXRPも含まれていますので、リップル社は実は1割以下しか保有していないのです。

ロックアップについて

仮想通貨リップルは1,000億XRPという発行枚数の多さから、「ほとんどリップル社が保有していて、リップル社が一度に大量のXRPを売却して価格操作をするのではないか」と以前からXRP保有者の間で議論されていました。

そこで、リップル社はXRPをロックアップすることで、急激な価格変動が起こらないようにしたのです。

さらに、2018年1月1日より、毎月1日に10億XRPずつロックアップを解除していくことにしました。

この解除の目的はXRPがより多く流通することです。XRPが使われやすい環境をロックアップとそれを解除することで作り出そうとしているのです。

ちなみに、リップルのHPのニュースによると550億XRPのロックアップが完了していると記載されているのですが、リップルのHPには500億と書いてあるので、どちらが正しいのかは不明です。

ただ月10億XRPロックアップ解除されていますので、現在ロックアップされている額は500億XRP前後ということになります。

リップルは送金スピード・手数料・処理性能に優れている


参考元:https://twitter.com

仮想通貨リップルはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨と比較して、以下の点が優れています。

リップルが優れている点
・送金スピード
・手数料
・処理性能

上記の表を見てもらうとわかる通り、送金スピードや手数料、処理性能で圧倒的優位に立っています。特に処理性能が優れていることが分かります。

元々リップルは送金・決済を目的に作られた仮想通貨で、送金・決済サービスのこともリップルと言うので、これらが優れているのは当たり前だと言えます。

実際、ビットコインやイーサリアムは送金詰まりを起こしていて、何日も反映されないのに、リップルは数分で反映されたという声もあります。

リップルの将来性について

リップルは将来性のある通貨だと思っています。その理由は以下になります。

リップルに将来性がある理由
・世界各国の金融機関と提携
・中央銀行とも提携
・Ripple Netが鍵

世界各国の金融機関と提携

Rippleは送金・決済のシステムのことも言います。そのため、XRPだけでなく、そのシステムを普及させるために、2009年から世界各国の金融機関との提携を進めてきました。その結果、現在100社の金融機関と提携することに成功しました。

リップルと提携した金融機関
・みずほ銀行
・三菱東京UFJ銀行
・SBIグループ
など100社

以上のようにリップル社が提携している金融機関の中には日本のメガバンクも含まれています。2017年10月10日には提携金融機関が100社を超えたことがリップル社から公式アナウンスされました。

さらに2017年3月31日付の日本経済新聞によると、三菱東京UFJ銀行が2018年にリップルの技術を使った国際送金サービスを始めることを発表しました。

また、SBIグループの北尾社長はリップルを強く推しており、2017年4月27日にはSBIホールディングス主導で「内外為替一元化コンソーシアム」を立ち上げました。そして、このプロジェクトには以下の企業が参加しています。

プロジェクト参加企業
・新生銀行
・セブン銀行
・住信SBIネット銀行
・三井住友信託銀行
・みずほフィナンシャルグループ
・三菱東京UFJ銀行
・横浜銀行
・りそな銀行
・三井住友銀行
・ゆうちょ銀行
等61行

中央銀行と提携

リップルは世界各国の中央銀行とも提携しています。民間の金融機関だけでなく、公的な銀行とも提携しているところがリップルの強みだと言えます。

リップルと提携している中央銀行
・Bank Indonesia(インドネシア銀行)
・Bank of England(イングランド銀行)
・Reserve Bank of India(インド準備銀行)
・Monetary Authority of Singapore(シンガポール金融管理局)

Ripple Netについて

今後リップルが普及するかはRipple Netがカギになっていると言われています。

リップルは銀行と送金業者、そしてデジタルアセット取引所をRipple Netでつなげて、国際送金をスムーズにすることを目指しています。

リップルは3つのサービスを提供しており、以下のサービスになります。

  • xCurrent:銀行間での送金処理
  • XRapid:送金をスムーズで円滑に行うシステム
  • XVia:一般企業がRipple Netに接続するためのソフト。

この3つのサービスにより、Ripple Netがもっと使いやすくなり、ユーザーが増えるという仕組みです。

リップルは今年価格はどこまで上がるのか?

ではリップルの価格は今年どこまで上がっていくのでしょうか。

2018年はどれくらい上がるのか
・2018年5月がカギ
・〇ドルまで上がる

2018年5月がカギ

仮想通貨の価格変動を予想するウェブボットというAIによると、リップルの価格が今年の5月に上昇するとされています。

世界的に金融体制が変革されることで、リップルが注目されると考えられているのです。2018年は年間を通して、リップルが成長していく年になるといえるでしょう。

ウェブボットはこれまでもビットコインの価格予想をしているのですが、予想をいくつも的中させているのです。

ウェブボットは前年度の価格変動やインターネット上にある情報から予測を行っていきます。そのため、かなり信憑性は高いのではないかと期待されているのです。

年間で〇ドルまで上がる

年間でどれくらい上がるのか、いくつもの機関が予想しています。

●ナスダック:長期的にみて5ドル以上

株式市場ナスダックは、「リップルはもう1ドルに到達し、長期的にみて5ドル以上になる」と予想しています。

世界各国の金融機関が機能性やコスト削減などから、ブロックチェーンの技術を高く評価されていますし、リップルの国際送金サービスの需要を考慮したと言えるのです。

●Ripple Coin News:7ドルにはなる

Ripple Coin Newsは、2018年12月までに最低でも7ドルにはなると予想しています。

この予想の理由としては、国際送金での需要や、高い技術力、そして提携先の多さが挙げられています。

特に国際送金においては、現在はSWIFTという海外送金サービスが一般的です。しかし、こちらは着金するまでに最短でも1日~3日かかり、さらに手数料がかかってしまいます。

リップルなら、SWIFTよりも送金スピードが速く、手数料が格安になると言われており、SWIFTにとって代わる存在だと言われているのです。

●Profit Confidential:2018年に10ドルになる

株式や債券市場の動向を調査し予想するProfit Confidentialは、2018年にリップルが10ドルになると予想しています。

リップルはどんどんと提携先が増えており、高い需要により期待が高まると分析され、このように価格予想されたのです。

リップルが買えるおすすめの取引所は?

今年価格が上昇する可能性が高いと知れば、リップルを購入したいと思うでしょう。ではリップルはどこで買えるのでしょうか。

取り扱いをしている取引所
・ビットバンクCC
・GMOコイン
・バイナンス

初心者向け取引所を選ぶポイント

初心者向け取引所を選ぶポイント
・販売所ではなく取引所か
・日本円で買えるか

取引所には販売所形式のところと、取引所形式のところがあります。

  • 販売所:取引所が保有している仮想通貨を取引所の言い値で買う
  • 取引所:自分の好きな金額で買う

また、取引所によっては米ドルやビットコインなど他の仮想通貨でないと買えないところがあります。そのため、初心者の場合日本円で買えるところを選んだほうが失敗が少ないといえるでしょう。

おすすめの取引所はビットバンクCC!


出典:https://bitbank.cc

リップルを買うのに最もおすすめの取引所はビットバンクCCです。ビットバンクCCには以下のメリットがあります。

ビットバンクのメリット
・日本円でリップルが買える
・取引所形式で言い値で買える
・手数料が安い
・リップルの出来高が世界一になった経験あり

先ほど紹介して取引所の中で、取引所形式なのはビットバンクCCとバイナンスなのですが、バイナンスは海外の取引所で日本円で購入することができません。

一度国内取引所でビットコインを購入して送金してから、リップルを購入しないといけませんので結構手間です。

しかも、ビットコインの送金には時間がかかるため、買い時を逃してしまう場合もあります。

ビットバンクCCであれば、日本円での取引が行え、さらに自分の言い値で取引をすることができるのでおすすめです

まとめ

いかがでしたか?今回はリップルの特徴や将来性、おすすめの取引所についてご紹介していきました。リップルはとても需要のあるコインですし、今後ロックアップ解除が少しずつ進んでいきますので、さらに価格は上昇していくことが予想できるでしょう。

今の内にリップルを購入しておけば、大きな利益が生まれるかもしれませんね。