リップル(XRP)のマイニングはできない?その理由とは?

リップル(XRP)はマイニングできないってホント?

近年徐々に人気が高まっている仮想通貨。

そんな仮想通貨を入手する方法として一番容易で早いのは、やはり仮想通貨取引所ですよね。

今回ご紹介するリップル(XRP)も多くの取引所で取り扱いがされているので購入は簡単です。

また、仮想通貨取引所ではなくもう一つ別の入手方法としてよく知られているのが「マイニング」です。

しかし、リップル(XRP)はこのマイニングによって新規発行ができないといわれています。

今回はこれからリップル(XRP)を購入しようとしている人の参考になるように、リップル(XRP)がマイニングできない本当の理由やビットコインとの違い、メリットや機能などをご紹介していきます。

リップル(XRP)とビットコインの違い

「仮想通貨と言えばビットコイン」といったイメージを想像する方は非常に多いのではないでしょうか。

ここでは、リップル(XRP)とビットコインの違いをまとめましたのでみていきましょう。

『リップル(XRP)とビットコインの主な違いは3つ』

①基礎データが違う

②開発目的が違う

③仕組みが違う

①基礎データの違い

基本的には、両者の仮想通貨としての機能は基礎情報から全く違ったものになっています。

各機能を比較する為に、それぞれの違いを以下の表(※2017/12月時点)でみてみましょう。

ビットコイン リップル(XRP)
独自通貨 BTC XRP
提唱者 Satoshi nakamoto Ryan Fugger
中央機関の有無  無し Ripple Inc
発行上限  2,100万BTC 1,000億XRP
時価総額  約35兆円 約3兆円
承認時間 約10分(遅い)  約4秒(速い)

上記表の通り、ビットコインとリップル(XRP)は基本情報から全く違う通貨になっています。

特に注目すべき点として、ビットコインには中央管理者が存在しませんが、リップル(XRP)には「Ripple.inc」と呼ばれる企業が存在している点です。

ビットコインが多数の参加者により意思決定がされる反面、リップル(XRP)は全ての意思決定が「Ripple.Inc」の主導により行われています。

②開発する目的の違い

もともとビットコインは、政府や銀行等の中央機関(発行元)が存在しなくても、一般的な紙幣や通貨の役割を持つ事が可能なデジタル通貨として開発されたと言われています。

2018年現時点で、ビットコインの決済手段を導入している店舗は全国にもなんと数千店舗あるのです。

さらに家庭で使用した電気代やガス代等をビットコインで支払うサービスを展開しているところもあるようなので驚きですね!

また、リップル(XRP)は主要な銀行等の金融機関と提携を結んで、主に海外への送金をできるだけ手数料が安くかつ素早く送金する為に開発されました。

今まで日本から香港等への送金に2~3日要していましたが、リップル(XRP)であれば手数料がほとんどかからずに数秒で完了します。

③仕組みの違い

リップル(XRP)とビットコインは上記表で見てもわかる通り、基本的な情報もさることながら採用している合意形成(コンセンサスアルゴリズム)といった仕組みが違います。

合意形成とは、取引をデータ化する際にどの取引データを記録するのかを決める方法です。

ビットコインでは「PoW」、リップル(XRP)では「Pock」と言われる台帳で取引データが管理されています。

簡単に説明すると、不特定多数のビットコイン利用者が取引を承認するシステムに対して、リップル(XRP)は、「Validatorと呼ばれる代表者」が取引の承認を行っているのです。

リップル(XRP)のメリットを徹底解説!

仮想通貨の中でも多く流通しているビットコインですが、リップル(XRP)も多数ある仮想通貨の中で時価総額第3位を誇る非常にメジャーな仮想通貨です。

ここでは、そんなリップル(XRP)を購入して取引するメリットをご紹介します。

『リップル(XRP)のメリット4つ』

①決済手数料が安い

②取引が早い

③送金時の限度額がない

④使用エリアが急増中

メリット①決済時の手数料が非常に安い

リップル(XRP)は他の仮想通貨と同じく銀行等の金融機関を通さずにデータ取引をする事が可能な通貨です。

その為、日本から海外へ国際送金する時にも手数料が非常に安くほとんどかからないのが最大のメリットと言えるでしょう。

ビットコイン(1BTC=0.48ドル)と比較するとリップル(XRP)は「1XRP=0.0003ドル」となっています。

この事から、海外への送金においてはかなり魅力的である事がわかります。

メリット②取引が非常に早い

往来のビットコインであれば取引時に承認作業が必要となります。

つまり、その分だけ送金が完了するまでに要する時間が約10分かかってしまう事もあるのです。

しかし、リップル(XRP)の場合は国際間での送金処理速度の観点から開発されています。

この「取引を素早く処理するリップルコネクトと呼ばれる独自の海外送金ソリューション」を導入しているので、ビットコインよりも圧倒的に早い送金処理が可能となっています。

また、リップル(XRP)はビットコインの送金スピードの遅さといったデメリットを補う為に開発されたシステムとも言われています。

メリット③送金する際の限度額がない

国際間での金融取引経験がある方はご存じだとは思いますが、円やドル等の貨幣を銀行経由で振込送金すると、銀行ごとに1日に振り込める限度額が設定されている場合がほとんどです。

しかしリップル(XRP)ならば、こうした1日の振込限度額がないだけでなく24時間いつでも送金する事が可能なのは非常に魅力的です。

メリット④使用可能できるエリアが急増している

リップル(XRP)が「ビットコインよりも送金速度が早くて手数料が安いのはわかったけど使用できる箇所が少ないんじゃないの?」と疑問に思う方も居るでしょう。

2018年3月現在、リップル(XRP)はビットコインが使用できる全ての箇所で利用できるのもメリットです。

国内約200ヶ所とさらに世界4,000ヶ所でリップル(XRP)を利用でき、今後もこうした使用できる箇所は増加していくと言われています。

リップル(XRP)にマイニングがない理由

仮想通貨と一言でいっても実に様々な種類がありそれぞれに特徴があります。

その為、その仕組みに関しても全てが同じではありません。

ここでは、リップル(XRP)がビットコインのようにマイニングできない理由をみていきましょう。

 

そもそもマイニングってなに?

『マイニングについて』

仮想通貨を利用してそのネットワークに貢献したコンピュータが新規発行される手数料やコインを報酬としてもらう仕組みの事です。

ビットコインの場合には、取引を承認するプロセスで一番速く暗号を計算して取引承認したコンピュータに対してその報酬が支払われます。

こうした取引は毎日膨大な量になる為、取引データの計算を手助けするマイナーと呼ばれるマイニングする人が存在します。

マイナーには誰もがなる事ができるのが特徴で、自分のコンピュータが一番速くデータ処理して最初の承認者になると誰もがビットコインをマイニングできるのです。

 

リップル(XRP)にはマイニングが存在しない

リップル(XRP)はビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインに分類されますが、基本的にマイニングがないのです。

リップル(XRP)の発行総量は1000億XRPですが、所有しているのは開発元であるリップル社やGoogle等の大手企業等がほとんど(全体の約60%)です。

その為、マイナーがマイニングする作業自体がないのです。

結論を言ってしまうと、リップル(XRP)はビットコインのようにマイニングによって入手する方法は全くありません。

では「リップル(XRP)を購入するにはどうしたらいいのか」と思う方も居るでしょう。

一般的にリップル(XRP)は、ビットバンク等といった仮想通貨取引所で購入する事で入手可能となっています。

今後も、コインチェックやミスターエクスチェンジ等審査が通って認可を受けて購入できる取引所が増える可能性もあります。

リップルで出来る事とは?

リップル(XRP)で出来る事は大きく分けて2つあります。ここでは、その決済と送金の2つの機能をご紹介します。

リップルで出来る主な機能

決済機能(IOU)
送金機能

決済機能(IOU)

リップル(XRP)の決済機能であるIOU(略:I Owe You.※私はあなたに借金をしている)とは、簡単に言えば「債務者が債権者に発行する非公式の借用証明書の事を指します。

ただし、IOUにはお金の価値はなく借入れ分の債権を保証するものです。

 

「IOU」のわかりやすい例

例)Aさんがある銀行口座に10万円を入金しました。

銀行残高には10万円と表示されてはいますが、実際のお金は銀行に預けており表示されている10万円は金銭的価値はありません。

この10万円をいつでも引き出せる権利を保証する借用証明書がIOUです。

リップル(XRP)によるIOUの発行者はたくさん存在する事もあります。

また、IOUの発行や換金をしている人または会社をゲートウェイと呼びます。

IOUは個人でもやり取りは可能で、IOUを持っていれば誰でもゲートウェイにお金をもらう事が可能となっています。

送金機能

前述したように、リップル(XRP)のメリットとして送金スピードの早さをご紹介しました。

こうした決済機能の特徴として「パスファインデックスとオートブリッジ」と呼ばれるものがあります。

パスファインデックスは、「リップル(XRP)のネットワーク上で取引をする2通貨間の支払者にとって最適で安いパスを探索してくれるアルゴリズム」です。

また、オートブリッジとは、「XRPを通じて複数のオーダーブック(売り買いの注文一覧表)を橋渡しする」機能です。

こうしたオートブリッジ機能によって、リップル(XRP)では実にたくさんの相互通貨取引が可能になるのです。

リップル(XRP)は仮想通貨取引所で購入しよう!

マイニングができないリップル(XRP)の仕組みは、一見すればデメリットのように思えます。

しかし、管理者と利用者の利益を一致させてXRP(仮想通貨)の安定化を生み出しているとも言えるでしょう。

ビットコインとはまた違った仮想通貨であるリップル(XRP)に興味のある方は、ぜひ一度仮想通貨取引所で購入してみてそのメリットを体感してみましょう。