【図解】ビットコインFXの移動平均線とは?初心者向けに見方を分かりやすく解説

移動平均線

ビットコインFXのみならず、仮想通貨のテクニカル分析・チャート分析でも頻繁に利用されている「移動平均線」の概要と見方、初心者が最低限知っておきたい基礎知識についてです。

移動平均線とは?


まず、上記の日足チャートが通常のGMOコインのビットコインFXで見た画面になります。

こちらに左上の「移動平均線」ボタンから「移動平均線」を追加すると、下記のような線が現れます。

移動平均線
4種類の線が出てきましたが、こちらが移動平均線と呼ばれるもので、移動平均線とは「一定期間の終値の平均値をつなぎ合わせた線」です。

例えば、ビットコインの1週間の終値(1日の最後の値)が、下記のように推移したとします。

・1/1:100万円
・1/2:101万円
・1/3:102万円
・1/4:103万円
・1/5:104万円

そうすると、この5日間のJPY/BTCのペアの平均値は「102万円」になります。これが移動平均線の最初の「点」になります。

続いて、1/6が105万円だった場合、5日間の平均値は「103万円」になります。これが移動平均線の次の「点」になります。この点を結んでいったものが、5日移動平均線と呼ばれるものになります。

移動平均線の期間や種類は?

移動平均線には、5日間だけでなく、他にも種類があります。例えば代表的なのは以下です。

  • 5日移動平均線
  • 25日移動平均線
  • 75日移動平均線
  • 200日移動平均線
  • 13週移動平均線
  • 26週移動平均線

GMOコインの画面を再度見てみます。


そうすると左上に4種類の線が表示されていることがわかります。

  • SMA(黄色):05(5日単純移動平均線)
  • SMA(水色):25(25日単純移動平均線)
  • SMA(赤色):75(75日単純移動平均線)
  • EMA(紫色):25(25日指数平滑移動平均線)

基本的に初心者はSMAを利用し、上級者はEMAを利用する傾向があります。

SMA(単純移動平均)とEMA(指数平滑移動平均)とは?

SMAとは、「Simple Moving Average(単純移動平均)」の略で、これまで説明してきたように、一定期間の終値を平均した値で作られている、移動平均線です。

一方、EMAとは「Exponential Moving Average(指数平滑移動平均)」の略で、簡単にいうと直近の価格を2倍にして計算したものになります。

5日間の移動平均線でしたら、最後の価格を2倍にして合計して5で割ったものになりますので、直近の価格に重点を置いた平均線になります。

移動平均線の基本的な見方は?

移動平均線の基本的な見方は、以下の3つです。

  1. ローソク足が移動平均線より「上」にある時は、上昇相場(強気相場)
  2. ローソク足が移動平均線より「下」にある時は、下降相場(弱気相場)
  3. ローソク足と移動平均線が重なっている時は、横ばい相場

例えば、下記のように5日、25日、75日全ての移動平均線よりローソク足が上にある場合は、かなりの強気相場と言えるでしょう。


一方、その後に短期の5日移動平均線よりもローソク足が下にあるものの、中期の移動平均線よりはローソク足が上にある場合などは、短期的には下げトレンドであるものの、中期的には再度上昇トレンドに戻る可能性がある相場となります。

また、もし仮に200日などの長期の移動平均線も突き抜けて下にいってしまった場合は、長期的な上昇トレンドが終了し、今後は下降トレンドになると捉えても良いでしょう。

このようにローソク足と合わせて「移動平均線」も確認することで、中長期で見たトレンドを捉えることができます。

なお、ビットコインの移動平均線は、通常のFXでは見られないような、2017年はほぼ上昇トレンドとなっていますが、通常のドル円相場などでは、基本的には上げ下げを繰り返すようなチャートの形となります。

ゴールデンクロスとデットクロスとは?

最後に、初心者でも知っておきたい指標として「ゴールデンクロス」と「デットクロス」があり、それぞれの意味は下記になります。

  • ゴールデンクロス:短い移動平均線が、長い移動平均線を「下」から「上」に突き抜けること
  • デッドクロス:短い移動平均線が長い移動平均線を「上」から「下」に突き抜けること

ゴールデンクロス、デッドクロスの分析方法では、短期線は5日線、長期線では25日線を使うことが多くなりますが、例えば、ライトコインの相場では2017年10月と11月に下記のようなゴールデンクロスの瞬間がありました。

5日移動平均線が25日移動平均線を超えたのちに、再び大きく相場が上昇トレンドに変わっています。ゴールデンクロスは絶好の「買い場」になりますので、初心者の方はそのサインを見かけたら、そのタイミングでエントリーしても良いのではないでしょうか。

なお、GMOコインであれば、移動平均線以外にも様々なテクニカル分析の指標が充実しており、初心者でも使いやすい設計になっています。

これからビットコインFXやビットコインの取引を始めてみようという方は、まずはGMOコインに無料の口座開設をされてみてはいかがでしょうか。

GMOコインの公式サイトへ

GMOコインを利用した感想へ