仮想通貨のウォレットでおすすめは?保管方法を徹底解説!

crypto-wallet

SHARE

仮想通貨のウォレットでおすすめは?保管方法を徹底解説!

2018年1月26日に発生したコインチェック事件をきっかけに、仮想通貨のセキュリティ対策への関心が高まっています。

仮想通貨関連のニュースでも連日報道されているように、取引所のハッキングによる被害は後を絶ちません。

取引所には多額の仮想通貨が預けられており、

ハッカーに狙われる可能性が高いため、仮想通貨は自分専用の「ウォレット」に移して管理することが重要です。

しかし、ひとことでウォレットといっても種類は豊富で、それぞれ特性やセキュリティ面で違いがあり、

そもそもウォレットという概念がよくわからないという人も多いでしょう。

そこで今回は、仮想通貨のウォレットの仕組みや保管方法、おすすめのウォレットについて徹底解説します。

ウォレットとは

ウォレット(=Wallet)とは、英語で「財布」を意味します。

私たちは、日常生活でお金を使う時、財布からお金を出して支払ったり、受け取ったお金を財布にしまったりします。

しかし仮想通貨の場合は、実物の移動はなく、電子データ上でやり取りするだけのため、ウォレットは財布というより銀行口座に近いイメージです。

ウォレットの主な機能は、仮想通貨の受け取りと送金に必要な暗号鍵(公開鍵・秘密鍵)の生成と管理です。

ビットコインの受け取りや送金の際に利用するビットコインアドレス(アルトコインの場合はそれぞれのコインのアドレス)からビットコインを取り出すためには、暗号鍵が必要になります。

ウォレットでは、複数のビットコインアドレスと暗号鍵を管理し、そのアドレスに記録された残高の合算値を算出します。

ポイント
ウォレットは銀行口座のようなもの
ウォレットの主な機能は暗号鍵(公開鍵・秘密鍵)の生成と管理

ウォレットの種類と使い方

ウォレットは、大きく分けて以下の4種類があります。

ウォレットの種類
・Webウォレット(オンラインウォレット)
・ソフトウェアウォレット
・ハードウェアウォレット
・ペーパーウォレット

またウォレットには、「ホットウォレット」「コールドウォレット」があります。

ホットウォレットとは、インターネットに接続した状態で利用するウォレットのことで、コールドウォレットとはインターネットから遮断した状態で利用するウォレットです。

上記の4つのウォレットのうち、Webウォレットとソフトウェアウォレットはホットウォレットに、ハードウェアウォレットとペーパーウォレットはコールドウォレットに分類されます。

それでは4つのウォレットについて、それぞれの特性や使い方を解説します。

Webウォレット(オンラインウォレット)

Webウォレットは、インターネットのWeb上にアカウントを開設して利用するウォレットで、

インターネットバンキングのようにIDとPASSを入力して利用するサービスです。

Webウォレットは、メールアドレスがあれば簡単にアカウントを開設でき、利便性も高いですが、

秘密鍵の管理をサービス提供者に委託しているため、ハッキングされるリスクがあります。

代表的なWebウォレットには、BLOCKCHAIN infoMyEtherWalletなどがありますが、ここではBLOCKCHAIN infoの使い方を解説します。

まずBLOCKCHAIN infoにアクセスし、画面右上の「GET A FREE WALLET」をクリックします。

次にメールアドレスとパスワードを入力します。パスワードは「strong」になる桁数を設定しましょう。

入力後「続行」をクリックすれば、ウォレットの登録は完成です。

ビットコインを受け取るには、「DASHBOARD」画面上部にある「受信」ボタンをクリックします。

「受信」ボタンをクリックすると、「Request Bitcoin」というポップアップ画面が表示され、

「Copy&Share Address」の欄に作成されたビットコインアドレスが表示されます。

このビットコインアドレスをコピーし、送信元の取引所もしくはウォレットの送信画面に張り付ければビットコインを受け取ることができます。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットとは、自分のPCやスマートフォンにソフトウェアをダウンロードして利用するウォレットです。

ソフトウェアウォレットは、秘密鍵をソフトウェア内で管理するため、Webウォレットよりセキュリティ面で優れていますが、端末が故障した場合、データが消滅する可能性もあります。

ソフトウェアウォレットの中では、Bitcoin CoreElectrumCOPAYなどが有名ですが、ここではスマートフォンでも利用できるCOPAYの使い方を解説します。

まずCOPAYにアクセスし、ページ下部の「COPAYをダウンロード」をクリックします。

PCで使う場合は「windows版」を選択します。

ダウンロード一覧から「Copay.exe」を選択し、ダウンロードが完了したらダブルクリックしてインストールします。

Copayを起動し、「始めよう」ボタンをクリックすると、ウォレットの作成が開始されます。

メールアドレスを登録すると、自分のウォレットに送金された時にメールで通知してくれる機能があります。

 

端末やアプリに不具合が発生した場合、データが消失したり保管していた仮想通貨が取り出せなくなる恐れがあるため、万が一に備えてバックアップを作成しておきましょう。

これでウォレットが作成されました。

ビットコインを受け取る場合は、画面下部の「受取」をクリックします。

アドレスとQRコードが表示されますので、このアドレスに送信すればウォレットにビットコインを受け取ることができます。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、USBのような物理的な機器で仮想通貨を保管するウォレットです。

ハードウェアウォレットは、オフラインで利用するためハッキングのリスクは極めて低く、セキュリティ面で優れていますが、

対応している通貨の数が少なく、通貨の送金、受け取りに手間がかかります。

ハードウェアウォレットでは、TREZORLedger Nano Sが有名ですが、ここではTREZORの使い方について解説します。

まずTREZORにアクセスし、「Get your TREZOR」をクリックします。

セットアップ画面が表示されますので、「DEVICE LABEL」の欄に、自分で決めたウォレットの名前を入力して「CONTINUE」をクリックします。

パスワード設定画面が表示されますので、TREZOR端末に表示されている数字を入力します。

数字の桁数は自由に決められますが、最大で9桁まで入力できますので、「Strong enough!」になる桁数のパスワードを設定しましょう。

次はリカバリーシードのセットアップです。

リカバリーシードとは、端末が盗まれた時や破損した時に復元するために必要なフレーズのことで、このフレーズを紛失したり忘れてしまうと資金を取り出すことができなくなります。

忘れないように必ず付属の記入用紙にフレーズを記入し、第三者に知られないように厳重に保管しましょう。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、ビットコインアドレスと秘密鍵を紙に印刷したウォレットです。

ペーパーウォレットは、ハッキングされる可能性はほぼゼロで、セキュリティ面において非常に優れていますが、印刷した紙を紛失したり、紙が劣化した場合には仮想通貨が取り出せなくなります。

ここでは、代表的なペーパーウォレットであるbitaddress.orgの使い方を解説します。

まずbitaddress.orgにアクセスします。

トップ画面で、「マウスを動かす」もしくは「赤枠内に文字を入力する」と、インジケーターの数字が増えていき、ペーパーウォレットの作成が始まります。

インジケーターの数字が100%になると、ビットコインアドレスと秘密鍵が作成されます。(画面左側の「SHARE」がビットコインアドレスで、右側の「SECRET」が秘密鍵です)

画面上部の「Paper Wallet」をクリックすると、作成したペーパーウォレットが紙に印刷されます。

おすすめのウォレットは?

どのウォレットにも長所・短所があり、どれを利用すればよいか迷ってしまいますが、保有している仮想通貨の金額、保有している期間などによって、おすすめのウォレットは違います。

例えば、保有している仮想通貨が少額で、保有期間が短い場合はWebウォレットやソフトウェアウォレットがおすすめです。

逆に、保有している仮想通貨の金額が大きく、保有期間が長い場合はハードウェアウォレットやペーパーウォレットの方がよいでしょう。

また、利用するウォレットを1つに限定する必要はありません。

お金の場合、ほとんどの人は必要な分だけ財布に入れて、それ以外は銀行口座などに預けています。

それと同じように、送金や決済などに使う額をWebウォレットで保管して、残りはハードウェアウォレットに保管するなど、分散して保管するのがおすすめです。

万が一、秘密鍵が盗まれても全ての資産を失わないように、大きな金額の仮想通貨はコールドウォレットに分散して管理するようにしましょう。

仮想通貨のウォレットのまとめ

ウォレットとは、仮想通貨を管理する銀行口座のようなものです。

ウォレットの主な機能は、仮想通貨の受け取りと送金に必要な暗号鍵(公開鍵・秘密鍵)の生成と管理で、複数のビットコイアドレスに記録された残高の合算値を算出します。

ウォレットの種類は以下の4種類です。

ウォレットの種類
・Webウォレット(オンラインウォレット)
・ソフトウェアウォレット
・ハードウェアウォレット
・ペーパーウォレット

Webウォレットとソフトウェアウォレットは「ホットウォレット」に、ハードウェアウォレットとペーパーウォレットは「コールドウォレット」に分類されます。

保有している仮想通貨の金額、保有している期間などによって、おすすめのウォレットは違います。

お金と同じように、送金や決済などに使う額をWebウォレットで保管して、残りはハードウェアウォレットに保管するなど、分散して保管するのがおすすめです。