仮想通貨とは?初心者向けに徹底解説【2018年版】

bitcoin

仮想通貨とは

CoincheckによるNEM(XEM)580億円分の流出事件や、LINEやCyber Agentなどの大企業が仮想通貨事業参入、
CMなど、2018年はさらに「仮想通貨」という言葉に触れる機会が増えたのではないでしょうか?

仮想通貨とはどんなもの?

仮想通貨とは?
この問いにたいして「電子マネーのようなもの」という答えをよく見かけます。
しかし一方で「電子マネー」というのは、仮想通貨を説明する言葉にはなり得ないという声もあります。

それは、一体どういう事なのでしょうか?

実は、suicaなどの電子マネーと仮想通貨はまったく異なる性質を持っているのです。
確かに、仮想(バーチャル)であるということは一致しています。

目には見えない。物質がない。
実際の貨幣と違って「通貨」が手元にあるわけではありません。

そういう意味で、電子マネーと仮想通貨は似ている部分もあります。
クレジットカードなどもそうですよね。

しかし仮想通貨と、電子マネーやクレジットカードには決定的に違う点があります。

仮想通貨と電子マネーの違い

仮想通貨と電子マネーの違い
日本にある電子マネーやクレジットカードは、あくまでも日本の「円」が形を変えたものなのです。
100円玉が100円分のチャージに、10000円札が10000円分のチャージに姿を変えただけに過ぎません。

それに比べて仮想通貨は独自に価値を保存しています。
Suicaにチャージした10,000円は日本円が消えない限り10,000円の価値を保存していると言って問題ないです。(Suicaのシステムがハッキングなどで消えた場合は単なるプラスチックカードに大変身します。)
仮想通貨で一番有名な「ビットコイン(Bitcoin)」。
ビットコイン自体に価値が付いており、円やドルと同じ通貨としての性質を持っているので価値は変動します。

市場では円安だ、ドル安だとニュースで聞くことは多いと思いますが、
このビットコインも同様に価格が上がったり下がったりしています。

この価格変動の原理はドル円の為替と全く同じと考えてもらって問題ないです。

ただ、ドル円と違って変動率(ボラティリティ)がドル円に比べると何十倍も高いという点です。

じゃあ、本当に電子マネーは価値が変わらないのかというと、正確にはそうではありません。
電子マネーも、日々価値は変わっているんです。
だって、日本円の価値は日々変化していますよね。

日本円の価値=日本の電子マネーの価値なのですから、日本円の価値が上がればそれは電子マネーの価値が上がったことを意味するわけです。

通貨における「価値」の概念

ビットコインの価値
そもそも価値というのは絶対的なものではなく、相対的なものです。
日本円が高いか安いかを考えるときに、ドルなど他国の通貨とくらべますよね?
電子マネーは日本円がもととなっているわけですから、日本円とくらべても価値が変わらないのは当然です。
でも、ドルとくらべたらどうでしょうか?

電子マネーは価値の変わらないものだとは言い切れませんよね?
日本の電子マネーはあくまでも日本円なのです。

一方で仮想通貨はまったく新しい通貨です。
ですから、電子マネーと仮想通貨の2つを同じように考えてしまっては、どこかで矛盾が出てきてしまうのにも納得ですよね。

そもそも、仮想通貨はまったく新しいものなので「○○のようなもの」と言うことは難しいのかもしれません。
でも、あえて言うのならば
「為替と電子マネーを組み合わせたようなもの」という感じでしょうか?

仮想通貨は怖い?

仮想通貨のデメリット
さて、仮想通貨に対する多くの日本人の印象は「なんかこわい」じゃないでしょうか?
実際、私もそうでした。

仮想通貨って、なんかこわい。なんかよくわからないし、なんか怪しそうだし、形もないなんて、なんかよくわかんないけどこわい。
そもそも仮想の通貨なのですから、消えて無くなってしまうのでは?

得体が知れないものは怖い

仮想通貨の拒絶心
人間は理解できないものを拒む性質があります。
同時に遠ざける性質があります。

すべてはそこから始まります。
私も最初は、クレジットカードも怖かったですし、suicaだって怖かったですもん。
馴染みのないものに対して恐怖を感じるのは当たり前だと思います。

物体がないのだから、余計こわいですよね。

でも、ちょっと考えてみてください。本当に物体がないから、怖いのでしょうか?
電子マネーもクレジットカードもポイントカードも使っている私たちが今更物体がないという理由で仮想通貨を恐れているのでしょうか?

私たちが毎日使っているお金も、ただの紙きれです。
最近はホログラムみたいなものもくっついてキラキラして綺麗ですが、あれもただの紙です。
ちなみに1万円札の原価は約20円だそうですよ。

あのただの紙が、お金になるために1番必要だったものはなんでしょうか?

それは「信用」です。

お金の第一条件は「信用」されること

ビットコインの信頼

多くの人たちが信用すること。
共通認識としてあれはお金だと思うことで、ただの紙きれは価値を持ちはじめてお金になります。

私たちは日本円を信用しています。明日その価値が0になるなんて思っていません。

電子マネーも人々に信用されてから普及しはじめましたよね。
最初は電車ぐらいでしか使えなくて、その頃はそんなに便利だなんて思わなくて。
それが使う人が増えるにしたがって、段々コンビニやスーパーや自動販売機、色々なところで使えるようになって今はすごく便利になりました。

「物体がないこと」は怖くない

前例として電子マネーがありますから、「物体がない」ということは、不安要素ではなくむしろ利便性のほうが高いということを私たちは身をもって知っているんです。
お金を持ち運ばなくていいというのは便利ですよね?

もともと貨幣も、「金」を持ち運ぶのが重いというところから生まれたわけですから、段々と軽いものに姿が変わっていくのは自然な流れなのかもしれません。

仮想通貨はもうすでに世界では信用されてきています。
仮想通貨がもっと勢いを増して普及するのもそう遠い未来ではないでしょう。

2018年現在では一部のレストランや、ビックカメラなどで実際にビットコイン決済や、NEM決済を実装しているお店が点在しています。

仮想通貨のメリット

日本では投機目的(ギャンブル感覚で投資)として利用されることが多い仮想通貨ですが、純粋にメリットもあります。
仮想通貨のメリット

送金のしやすさ

まず一番大きなメリットは、送金手数料が安く送金が早いということです。

マイクロペイメントと呼ばれる少額の決済の今後にも期待が集まっています。
少額の決済というのは手数料との割が合わずに嫌煙されがちですよね。

現状銀行で1円を送金する際にかかる手数料は324円(3メガバンク平均)かかります。

たとえば、寄付で1人から1円ずつ寄付されたとすると、1億人から集まれば1億円になります。
同時に銀行には324億の手数料を支払っていることになります。(324 X 100,000,000円)
極端な例にはなりますが、これ以上の利益を銀行は得ているのは間違いありません。

仮想通貨の場合は送金手数料を低く抑えられるように設計されている通貨が多く、
このような無駄な手数料を下げることが可能になります。

また、IOTAなどの仮想通貨では手数料無料を実現しています。

海外においての意外なメリット

海外送金
そして仮想通貨のメリットは手数料の安さだけではありません。

日本で暮らしている私たちには考えられないようなことかもしれませんが、世界にはお金をおろすために何日もかけて山を越えたり、街へ出たりする人たちがいるのです。
そういった人々にとっては、仮想通貨は仮想であるというだけで大きな価値を持つかもしれません。

また、政治状況の安定しない国では自国の通貨を信用することが難しく、仮想通貨のほうが価値が安定していると仮想通貨を扱う人々も存在します。

投機対象としてだけではなく、そういった世界をより良くする可能性も仮想通貨というものは秘めているのです。

仮想通貨の安全性

仮想通貨のセキュリティ
ここまで仮想通貨とはなにかをざっくりと説明してきましたが、気になるのがその安全性ですよね。
仮想通貨という名前がなんか怪しそう……。

でも実は仮想通貨そのものの、セキュリティは非常に強いものだと言われているんです。

セキュリティのポイントは「ブロックチェーン」という分散型台帳技術です。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは?ビットコインとは?
ブロックチェーンといわれてもピンときませんよね?
この、ブロックチェーンは「分散型台帳技術」と日本語では呼ばれます。

仮想通貨の取引履歴をトランザクションというのですが、そのトランザクションが複数集まったものをブロックとし、そのブロックが繋がっているのでブロックチェーンということなんですね。

普通の通貨は本来銀行など中央組織が管理していますよね。
しかし、仮想通貨には中央組織というものがありません。
分散型台帳を使って、みんなで監視し管理しているのです。

この台帳にはすべての取引が暗号として記録されます。
そしてそれを複数のパソコンの処理能力を使って管理し合うことで、不正や改竄ができないような仕組みにしているわけです。

ブロックチェーンの仕組みは画期的だと注目され2018年にはブロックチェーンを用いたアプリケーション(通称:Dapps)の開発会社がすでに立ち上がっているほどです。

ブロックチェーンの特徴として
Decentralization(非中央集権型)です。

銀行とは違い、中央集権で管理されているのとは違い、
分散型で管理されているためビットコインなどのほとんどの仮想通貨には中央管理者というものが存在しません。

これは、通貨として「消えない」という性質を裏付けます。

ブロックチェーンを使ったことによるメリット
  • 発行枚数を変更できないため、恣意的なインフレが起きない。
  • 全世界のPCをシャットダウンしないと消えない。(事実上消せない)
  • 誰でも取引履歴を見ることができるため公正。

自国の通貨を信用できない国では仮想通貨は素晴らしい価値保存の手段と言えます。

ブロックチェーンの場合は情報が分散しています。
また、ビットコインが採用している認証方式PoW(Proof of Work)を使って、不正や改ざんを防ぐことができます。

さて、そこまでセキュリティが強い仮想通貨ですが、度々何億円もの仮想通貨が流出してニュースになります。
それはなぜなのでしょうか?

仮想通貨流出はなぜ起きたのか

仮想通貨流出事件
簡単に言うと、仮想通貨のトラブルは取引所のセキュリティの甘さが原因であることがほとんどです。

ブロックチェーン自体は、取引の不正や改竄がないようにするものです。
そして、その書き換えによって仮想通貨を流出させる事はほぼ不可能だと言われています。

度々起こる流出は取引の不正や改竄によるものではないのです。

取引所にある仮想財布への不正アクセス。
これが仮想通貨流出の原因であることがほとんどです。
つまり財布ごと盗まれてしまうわけですね。

これは仮想通貨そのものに問題があるわけではありません。
家に泥棒が入ってくるようなものですからね。

本来なら取引所がセキュリティを強固にしなければいけないところですし、実際多くの取引所はセキュリティを強固にしています。

コインチェックの580億円流出事件などは、管理体制がかなりずさんだったと言われていますが、ユーザー自身も取引所を慎重に選ぶことが大切になってきているということですね……。

ビットコインとは

ビットコインとは
さて、仮想通貨は新しい通貨だと言いましたがその種類はひとつではありません。
よく聞く仮想通貨は「ビットコイン」ですよね。

実はビットコインというものは仮想通貨のひとつの種類でしかありません。為替で言えば、「ユーロ」や「ドル」、「円」みたいなものです。

私も初めは仮想通貨=ビットコインだと思っていました。でも、仮想通貨にはビットコイン以外にも「ネム」や「リップル」、「イーサリアム」「モナコイン」など数多くの種類があるんです。
その辺りは株や為替と同じようなもので、種類はどんどん増えていきますし、誰も名前を知らないような仮想通貨も存在します。

ここまで言ってきたように、お金をお金たらしめる1番の要素は信用なので、名前を知られていないような仮想通貨はまだまだ信用の面で「通貨」と認められるにはしばらく時間がかかるでしょう。

ビットコインの価値

一方で名前の知られているビットコインは最も歴史の長い仮想通貨で、その始まりは2009年。
利用者も他の仮想通貨にくらべ圧倒的に多く、2017年には1ビットコインの価値が200万円にまで上ることも。

ビットコインで最初の取引がおこなわれた時には、ピザ1枚が1万ビットコインだったと言われています。
1万ビットコインを1ビットコイン250万円で換算するとなんと25億円!25億円のピザっていったらもう、すごくチーズ乗ってそうですよね。

ちなみに、いまや高価なビットコインですが、0.00000001BTCから購入することができます。
最低単位をビットコインの生みの親であるSatoshi Nakamotoさんからとって、1Satoshiと言います。
10円からでも購入できるので、気軽に買えるということでもビットコインは人気のある仮想通貨といえます。

ビットコインが使える場所

ビットコインを使えるお店
そんなビットコインですが街中で見かけることはほとんどないですよね。
一体どこで使えるのか疑問に思いませんか?

実はまだ、ビットコインが使えるお店はそう多くはありません。とはいえ、徐々に広がってきてはいて、ビックカメラやヤマダ電機などの大手チェーン店でも対応してきています。

Suicaの規模拡大を思い返してみると、今後ますます広がっていくことでしょう。

今後が期待できるのはもちろんですが、現在もプリペイド式クレジットカードにチャージして使うこともできるので、利便性は十分高いと言えそうです。
クレジットカードにできればもう大体どこでも使えるようなものですよね。

仮想通貨は可能性を秘めている

可能性を秘めた仮想通貨
仮想通貨は、投機対象として優れているだけではなくさまざまな可能性をその身に秘めています。

Suicaなどの電子マネーが私たちの生活に馴染んだように、仮想通貨が私たちの生活に馴染んでいくのもそう遠い未来の話ではないのかもしれません。

馴染みのないものを怖がるだけではなくて、少しずつ知って、上手に付き合っていくことが大切なことなのかもしれませんね。