匿名系仮想通貨Zcoinとは?購入方法や今後の将来性は?

投資

匿名系仮想通貨「Zcoin」の購入方法や将来性についてです。Zcoinは大手の取引所ですと「Binance」などの海外の仮想通貨の取引所で購入が可能です。

マイナーコインを取り扱う「CoinExchange.io」「Cryptopia」などでも購入が可能ですが、運営の信頼性や取引ボリュームの大きさなどから、「Binance」を利用された方が無難かとは思われます。

匿名系仮想通貨のZcoin(XZC)とは?

Zcoinの公式サイトには、珍しく日本語が掲載されています。匿名系仮想通貨は「Pivx」や「Verge」などもそうですが、世界各国の言語に翻訳されたページが目立ちます。

Zcoinは、2016年10月6日公開された仮想通貨です。最大供給量はビットコインと同じく「21,000,000 XZC」で、システムは「Proof of Work」を利用しています。

アルゴリズムは「Lyra2RE」、ブロックタイムは「約10分」になっており、Zcashと同じく「ゼロ知識証明」という技術を利用している点が特徴ですが、Zcashより安全性が高い(との主張)です。

匿名系仮想通貨のZcoin(XZC)の将来性は?

Zcoinは1年間で0.3ドルから35ドルぐらいまでには上昇していますので、2017年の初めに購入して保有していれば100倍以上の値上がりだったといったところでしょう。

匿名系の仮想通貨のDASHやMONEROなども同じように伸びていますので、匿名系仮想通貨の需要は引き続きあるようには想定されます。

ロジャー・バーはZcashとZcoinの両方に投資中

また、Zcoinには、同じ匿名系仮想通貨「Zcash」に投資をした、ビットコインエバンジェリストの「ロジャー・バー」も投資をしているようですので、全く世間から注目されていない仮想通貨ではないと言えるでしょう。

なお、ビットコインエバンジェリストのロジャー・バーは匿名系仮想通貨ではDashも購入しているようですので、匿名系仮想通貨にはっておくのは、投資戦略としてはありかもしれません。

Zcoinの開発やSNSは稼働しているが、実際に使える場所はまだ少ない

さらに、ZcoinはGithubやTwitter、Facebookなどもきちんと稼働しているようですので、今すぐ消えて無くなるような仮想通貨ではないようには思われます。

ただし、懸念点としては、実際に使える場所などはまだまだ少ないようですので、期待値だけで値上がりしている点には留意が必要です。

Zcoinが現在も割安なのかどうか、今後も伸びるかどうかは、他の仮想通貨と比較して検討するしかありませんが、余剰資金で投資するぐらいなら良いのかもしれません。

マイナーコインへの投資判断基準の例

投資

例えば、マイナーコインを判定する際には、「開発者の技術力」という観点以外にも、下記のような観点で考えてみても良いでしょう。

  1. そのコインの価値は上がる必要があるか?
  2. そのコインの開発メンバーはどうか?
  3. そのプロジェクトにVCやエンジェル投資家は出資しているか?
  4. そのプロジェクトは大企業向けのソリューションか?

まず、例えばコインの価値が上がると手数料が高くなってしまうような仮想通貨は、その存在自体に矛盾を抱えています。ですので、そのコインの用途は捉えておくきでしょう。

匿名系仮想通貨に関して言えば、「DASH」のようにすでに現実世界で使えるところが増えているようであれば、その状況がどんどんと拡大していくことで、DASHを欲しいと思う人が増え、ネットワーク効果が期待できますので、コインの価値は上がりやすくなるでしょう。

他にも、例えばすでにお金を保有している起業家(シリアルアントレプレナー)が、その仮想通貨のプロジェクトに関わっているのであれば、金銭目的以外の動機で働いていると考えることもできます。

そのため、例えば仮にそのプロジェクトがICOを実施した場合でも、そのような起業家達が中心にいるのであれば、お金を持ち逃げするリスクが少なくなるとは言えるでしょう。

更に、そのプロジェクトにVCやエンジェル投資家などが出資をしていれば、開発メンバーや起業家が途中でプロジェクトを投げ出しづらくはなりますので、絶対とは言えないですが、リスクは軽減されると捉えても良いでしょう。

最後に、そもそも大企業向けのソリューションを目的とした仮想通貨であれば、企業との提携や採用のニュースで、大きく値段が値上がりすることがあります。

例えば過去の歴史を振り返れば、「Zcash」がJPモルガンのブロックチェーンプラットフォームに採用されたニュースで値段が爆上げしたように、大企業の採用ニュースとともに価格の上昇が見込めるとも考えても良いでしょう。

仮想通貨Zcoinへの投資に関するまとめ


以上になりますが、基本的には投資は「元本の確保」を最優先すべきで、儲かることよりも損しないことが大切です。

上記のマイナーな仮想通貨への投資基準はあくまでも一例ですので、ビットコインFXのトレードと同じように、自分なりの投資判断基準を持ってから、マイナーなコインへは投資を実行した方が良いでしょう。

そして、そのコインが現在割安と感じられて、そのコインが今後も伸びると確信できるのであれば、実際に投資を始めてみても良いのではないでしょうか?

Zcoinが購入できるBinanceの公式サイトへ